狛犬…(2017.06.04)

↓サハリン州郷土博物館の建物の直ぐ前…狛犬が据えられている…
04-06-2017 (13)
↑これは樺太時代の本当の神社に在ったモノを持って来たのだという…

↓少し引いて建物を入れて狛犬が写るようにしてみた…
04-06-2017 (10)
↑一見、「最初から在るデコレーション」に思えないでもないのだが…違う!

↓それにしても…なかなかに立派な狛犬だ…
04-06-2017 (12)

“カムチヤツキー・クラブ”(タラバガニ)(2017.06.06)

↓サハリン近海…海の底からやって来た…
06-06-2017 (6)
↑茹でたタラバガニである…

こういうモノだが、その辺の店にズラリと並んで売られているのでもない…実際、そういう様子を視たこともない…

この日…永く交流が在って、今般のユジノサハリンスク滞在の中で会う機会が設けられずに居た友人と連絡が付き、友人夫妻のお宅にお迎え頂くという非常に嬉しいことが在ったのだが、それに合わせて友人が「知り合いの筋」で調達したモノであるという。

友人は、私が何でも写真を撮るのを趣味にしていることを承知しているので、タラバガニが登場して即座に「此奴は撮っておいてやらないと…」ということになった訳だ…

↓鮮度が好い蟹で、この直後から鋏を駆使して脚の殻を切り裂きながら、中の身を美味しく頂いた訳だ。
06-06-2017 (7)

ビールやワインに、私が友人宅を訪ねる道中で調達したアルハンゲリスクの老舗工場で製造しているというウォッカ―友人曰く…「何となくウォッカは御無沙汰で…何だこのウォッカは?直ぐ近所で売っている?初めて見たな…美味いじゃないか!」―を軽く呑みながらタラバガニを頂いた…酒や肴の蟹が美味かったことは当然だが、それ以上に共通の多くの想い出が在る、永く交流の在る友人との時間が何よりの御馳走であった…

稚内港を目指してコルサコフ港を出る<ペンギン33>(2017.06.05)

↓予定の時間を少々過ぎて、「慎重な足取り」という感じで<ペンギン33>が動き始めた…
Korsakov on 05-06-2017 (21)

↓小柄な船体が窮屈にしているように見えた停泊状態から、自由に動けそうな位置に出て来た…
Korsakov on 05-06-2017 (24)

↓いよいよ動き始めた!
Korsakov on 05-06-2017 (25)

↓少しずつ速度が上がり、<ペンギン33>はグングンと遠ざかって行った…
Korsakov on 05-06-2017 (29)

後で聞けば、この日は無事に稚内港へ着いたようだ。こうして9月までの間、<ペンギン33>はコルサコフ・稚内間を往復することになる…

コルサコフ港(2017.06.05)

↓コルサコフ港を見下ろす高台に上がった…
Korsakov on 05-06-2017 (8)
↑左側の桟橋は、樺太時代に基礎が築かれたモノだ…右側奥の方はソ連時代の建設である…

↓樺太時代からの桟橋の上には、ソ連時代からのクレーンが林立している…
Korsakov on 05-06-2017 (15)
↑画の左側にコンテナが積上げられた場所が在り、トレーラーの出入が絶えない感じだった…桟橋には大小幾つかの船が視える…

↓大きな船とタグボートの間に、稚内港へ向かう<ペンギン33>が待機している…
Korsakov on 05-06-2017 (17)
↑この日は「実質的に今季初」の運航の日だった…

カプチーノ(ボリショイ…クリェプチェ…ビェス サーハラ)(2017.06.04)

↓「持ち帰り」が多い極近所のカフェで、日曜日の昼に「店内」で頂いてみる…
04-06-2017 (2)
↑200ルーブルのカプチーノの「大」(ボリショイ)…濃い目(クリェプチェ)で砂糖無し(ビェス サーハラ)というのが好み…

休日のひと時に、こういうモノは好い…

輝くロータリー(2017.06.04)

↓突き抜けるような碧空に「双頭の鷲」が輝く…
morning on 04-06-2017 (11)

↓プルカエフ通とレーニン通が交差する辺りに設定されたロータリーに、巨大なオベリスクが聳え立っている。頂上にロシアの紋章が輝き、サハリン州と州内各地区の紋章が下の方に飾られている…
morning on 04-06-2017 (10)

ここはユジノサハリンスク都心部のやや南寄りだが、市内を南北に結ぶ大きな通と東西に結ぶ大きな通が交差しているだけではなく、それらの通が州内の南北を結ぶコースの一部を成し、更にユジノサハリンスクから西側へ結ぶコースの一部を成していて、ロータリーの場所は“要衝”という感じになっている…

好天なのは非常に好い他方、何やら手が冷たくなる感じな中、「見覚えは在っても、写真が意外に無い」ような気がするこの場所の写真を撮りに出てみたのだった…

アムールスカヤ通の猫達(2017.06.04)

↓集合住宅の床下の様な場所に棲んでいると見受けられる猫達…
morning on 04-06-2017 (23)
↑日曜日の朝に日光浴という趣…右側の黒い猫が、この一群の顔役というのか、領袖というのか、何か「俺が偉い!!」風な空気感を醸し出していた…

↓暫く集まって寛いでいたが…右側の黒い猫が「行くぞ!」とばかりに動き始めると、「待ってくれよ…」という感じで他の猫達も後を追い始めた…
morning on 04-06-2017 (25)

この場所での猫の観察…嵌ってしまうかもしれない…

映画『TAXI BLUES』(Такси-блюз)(1991)に登場していたイメージに近い感じのロシア車のタクシー(2017.06.03)

↓視掛けた時、「うゎ!」と小さく声を漏らした…
03-06-2017 (15)
↑1990年代前半位までは視掛ける機会も多かったロシア車のタクシー…今となっては「稀少車」かもしれない…1991年の映画『TAXI BLUES』(Такси-блюз)を想い起す…映画に出ていた車種は一寸違うのだが…“イメージ”はこんな感じだ…

映画は…ソ連時代末期の独特な雰囲気の中、頑固なタクシー運転手のおじさんと、奔放なサックスプレーヤーの青年とのおかしな交流というような物語だった…

こういう1990年頃のような車輛…「未だ走っている!」と驚いた…何のために停車していたのか、状況はよく判らなかったが…

↓これが話題にした映画…

竣工が近いという感じの建物(2017.06.03)

既存の建物の外装に手を入れていたのか、新たに建てていたのか、実はよく判らなかったのだが、ずうっと覆いを被って工事中だった建物がパベーダ通に在った…

↓土曜日の朝に辺りを歩いていて、一寸見上げれば覆いが外され始めていた…
morning on 03-06-2017 (43)

↓色々な情勢の変化が在って、「多少、不景気である」と言われているサハリンだが…こういう建設工事は方々で見受けられる…
morning on 03-06-2017 (44)
↑建物の足元に在るバス停には、運行系統番号と行先が“電光表示”になっている、「2年位前に登場したような…」という、視る機会が増えている新しいバスが停車したところだ…

ユジノサハリンスクは、こういう「ダイナミックな変化」というような感じが続いている…

「Хорошего дня!」(ハローシェヴォ ドニャー)(2017.06.03)

前日は「寒い…」の連呼が聞こえ、雨が交じるような様子…対して今朝は、4月に持ち込んだ外用の上着は「久々に出番」という肌寒さではあったものの、とりあえず晴天…少し朝の戸外を歩き回ってみた…

「冷えた好天」で「静かな休日の朝」という状況で街を歩き回ることは悪くないのだが、やや喉も乾き、出来れば飲物でも欲しくなる…

↓そういう中、巨大な大聖堂が視える辺りで「車でコーヒー類を販売」の<モビーリナヤ・カフェーイニャ>が居た…
morning on 03-06-2017 (34)
↑「温かい飲物が好い!!」と思わず、“店”をやっている青年に「おはようございます。カプチーノの大きい方…砂糖なし…」と160ルーブルでオーダー…「ハラショ!」と青年はカプチーノを持ち帰り用の紙カップに用意してくれる…

出来上がったカプチーノを渡してくれた青年の一言…「Хорошего дня!」(ハローシェヴォ ドニャー)…「好い一日を!ごきげんよう!」という感じ…「スパシーバ!ダ スヴィダーニヤ!」(どうも!またね!)という感じで判れる…

好い一日を!ごきげんよう!」という感じの「Хорошего дня!」(ハローシェヴォ ドニャー)という表現…何となく好い…やや肌寒いが、少しばかり好いことでも在りそうな気分にはなる好天の朝に似つかわしい…

何の看板なんだ!?(2017.06.03)

↓「天下の往来」とでも表現したいような、それなりに人も車輛も行き交っているパベーダ通で視掛ける看板である…
morning on 03-06-2017 (45)
↑何やら「特殊な志向または趣味」という世界を想起してしまう画が右側に在って、思わず首を捻ったが…視れば「錠前のチェーン店」というようなことだった…

少しだけ驚いたというお話しである…

アムールスカヤ通の猫(2017.06.03)

↓集合住宅の床下のような場所に、猫達が棲んでいる様子が伺える…偶々カメラを手にしていたので、写真に収めた…
morning on 03-06-2017 (48)
↑他の猫より一回り以上小さい“子猫”という風情の猫が様子を伺っている…

↓意外に精悍な顔付き…「猫と虎は“親戚”な種類の動物」というようなことを思い出した…
morning on 03-06-2017 (47)
↑「虎だ!お前は虎になるのだ!」と勇壮な音楽が鳴って…というような様子を想像してしまった…

「犬の散歩を禁じます」(2017.06.01)

↓都市緑地で看板に気付き、何か「少し変わっている?」と見入ってしまった…
01-06-2017 (13)
↑「犬の散歩を禁じます」と犬のイラストに赤い斜線のピクトグラムである…

こういう感じのモノ…何となく面白い…