西天に去ろうとしている“ブルームーン”(2018.04.01)

「暦月で2回目に視える満月」を“ブルームーン”と呼ぶ…1月と3月にその“ブルームーン”が発生し、「2月は満月が?」というケースが在るようだが、2018年はその事例であるようだ…

↓その“ブルームーン”の満月が、西寄りの空に…3月31日の月が、明け方に視えている訳だ…
01-04-2018 (1)
↑少し明るくなり始めた時間帯だ…

↓空が明るくなるに連れ、満月は「白く光っている…」感じになる…
01-04-2018 (2)

↓もう直ぐ西天の彼方に去ってしまうような頃だ…
01-04-2018 (3)

何か「“ブルームーン”を観られると縁起が良い」というような話しも在るらしいが…好いことが在ると嬉しい…

黄昏の雲…(2018.03.31)

↓微妙に雲が多い感じの夕暮れ…
31-03-2018 evening (5)
↑光と雲の拡がりで、空の様子が不思議な雰囲気になり、思わず見入ってしまった…

こういう「さり気ない、見過ごしがちなモノ」に興味深いモノが混ざり込んでいるのだと思う…

歩道から望む…:サハリン州郷土博物館(2018.03.31)

↓変に新鮮に感じた眺めだった…
31-03-2018 in morning (11)
↑雪が多くなって以来、この柵の辺りは半ば雪に埋まってしまっていて、こうやって「普段の感じ」に視えなかったのだ…久し振りに眺めた雰囲気だ…

未だ博物館の敷地に積雪は多い感ではあるが…“早春”な趣である…

G.I.ネヴェリスコイ像(2018.03.31)

↓相対的に温かく、空が明るい中、何となくこの像も見栄えが好かった…
31-03-2018 in morning (8)

多分…ネヴェリスコイ自身は現在のユジノサハリンスクに相当する辺りには入っていなかったように思うのだが…彼が率いた一隊の活動の以降にロシアでサハリンがより広く知られ、色々な経過が在り、今日に至っている…そのサハリンの「街の真中」のような場所で、ネヴェリスコイは何を想うのか…

↓何度視ても、何となく感じが好きな像である…
31-03-2018 in morning (9)

春めいた夕刻:レーニン広場(2018.03.29)

↓午後6時台の様子だ…
29-03-2018 evening (4)
↑傾いた西日と雲が面白いのだが…広場に少し幅広い年代の少年達が何となく集まっていて、各々にスケートボードやキックボードで遊んでいるような様子が見受けられた…

既に融雪が相当に進み、広場は「子ども達が走り回っている」というような様子も眼に留まるようになった…スッカリと春めいた…と言って、気温はプラスに上っても「一桁止まり」の方が未だ多いが…

<モカチーノ>(2018.03.31)

休日の土曜日の朝、一寸カフェに寄って、ゆったりと飲物を愉しむ…些細な事なのだが、凄く満足度が高いことだ…

↓こういうモノを頂いた…<モカチーノ>と呼ばれている…
31-03-2018 at cafe in morning (3)
↑珈琲、チョコレートシロップ、ミルクというモノだが、そこにホイップクリームが載り、更にチョコレートでデコレーション…

酷く甘いということはない…微妙な甘味の温かい飲物ということになる…

↓実を言えば…こういうモノはユジノサハリンスクで初めて頂いた…
31-03-2018 at cafe in morning (2)

こういう、未だ試していないモノが他にも未だ在ることから、カフェを訪ねるお楽しみは未だ続きそうだ…