朝に…(2022.11.17)

早朝の少し明るめな感じから、俄かに雲が多目で、些か薄暗いような気もする状況になった朝、何となく戸外へ出た。

↓3℃を切っている中、「酷く強い…」とも思わない程度ながらも、少し冷たい風を些か身体に感じた。
17-11-2022 X100F (1)

↓「寒さが増して行く時季」というのは、「確りと寒くなってしまった時季」以上に「寒い…」という気分が強いような気もしてしまう…
17-11-2022 X100F (2)

稚内港北防波堤ドーム…(2022.11.17)

↓「暗く寒い夜」も「必ず明ける…」という感慨のようなモノが沸き起こる感だった。
17-11-2022 early morning X100F (1)

快適に眠り、何やら早めな時間に意識が覚めて、ゆっくりと身体も動くようになって、結果的に早起きになっていた早朝、「極々短い散策」と称して戸外に出たのだった。

↓寧ろ雲が多目な感ではあるが、他方で少し明るい感じではあった。
17-11-2022 early morning X100F (3)

↓様子を見ていれば、少し激しく雲が流れ散るというような感じでもあった。
17-11-2022 early morning X100F (5)

↓変わり易そうな天候というような気もした朝だった。
17-11-2022 early morning X100F (9)

↓何やら寒々しく、余り長くは佇むことが出来なかった。
17-11-2022 early morning X100F (13)

結果的に、少し晴れた感じから俄かに雲が多くなり、何やら雪が交る天候に見舞われたのだった…

夕べに…(2022.11.16)

↓何となくシーザーサラダを連続して頂いているような気がしたが…「好い!」ということにしたい…
16-11-2022 X100F (27)

↓タコめしも続いている…
16-11-2022 X100F (29)

夕べに、時々寄る御店に寄ったが、何となく続いて、そして同じモノを続けて御願いしているという感じになった…

↓鳥串は少し久し振りだ…
16-11-2022 X100F (31)

↓何となく塩昆布のおにぎりを御願いしてしまった…
16-11-2022 X100F (33)

こういう「一部は連発…」という夕食も悪くはない…

ドライドッグ…(2022.11.16)

↓少し大きなフェリーが入渠しているドライドッグが遠くに見えている様子が面白いと思った…
16-11-2022 X100F (20)

↓こういうような風景が酷く愛おしいと思い、立ち止まって暫し眺めていた…
16-11-2022 X100F (21)

第一副港辺りの眺め…:稚内港(2022.11.16)

↓歩を進めて第一副港辺りに至ってみて「一際鮮やか…」という程度に思い、立ち止まって暫し様子を眺めていた。
16-11-2022 X100F (7)

↓活動しているらしい市場で湯気が上っているような様子を見て、「何やら冷えている…」というような感を少し強くした。
16-11-2022 X100F (10)
↑小さな船が浪を立てながら航行している様子も見えた…

↓晴れていて気持ち好い感じだった。
16-11-2022 X100F (14)

↓何やら静かに「港の一日」が始まっているというような、微妙な躍動感のようなモノが感じられた朝だった。
16-11-2022 X100F (15)

↓「何時ものように…」という風情で歩を進めるのが酷く心地好い感だ…
16-11-2022 X100F (18)

第二副港辺りの眺め…:稚内港(2022.11.16)

光が眩しく「晴れている…」という感の日には、余り面倒なことは考えず、とりあえず沿岸部を歩き廻ってみるというのが心地好いかもしれない。

↓天の雲や光が海面に映り込むような様子が酷く面白い…
16-11-2022 X100F (3)

↓何時も「海面に手を伸ばすと天が掴める?」と馬鹿げたことを思ってしまわないのでもない…
16-11-2022 X100F (4)

↓晴れている日は好い感じだ…
16-11-2022 X100F (6)