夕べに…(2024.02.03)

↓何か低温が「安定的」に続く感じだ。然程多くの雪は降らないが、凍った道路面等が薄い雪で覆われる感じになっている。
03-02-2024 X100F (8)

↓立寄った御近所の御店で、シーザーサラダを頂いた。
03-02-2024 X100F (9)

↓寒い夕べに似合うモツ煮込みを摘まんだ。
03-02-2024 X100F (11)

↓気に入っている鳥串を頂いた。
03-02-2024 X100F (13)

↓イカ塩辛を摘まむ。
03-02-2024 X100F (16)

↓そしてタコめしは外せない。
03-02-2024 X100F (17)

こういうような「何時もの感じ」が酷く有難い。

大黒3丁目停留所…:朝(2024.02.03)

朝、路線バスで移動した。

↓下車した大黒3丁目停留所の辺りだ。
03-02-2024 X100F (4)
↑1月下旬の多目な雪が除けられ、それが堆くなり、何か「歩道に壁」という様子だ。

或いは凄く「時季らしい」という様子だ。

夕べに…(2024.02.02)

↓夕刻に、馴染んだ御近所の御店に立寄った。
02-02-2024 X100F (6)

↓チリソースを点けて頂くエビ春巻を頂いた。
02-02-2024 X100F (8)

↓手羽先揚げも気に入っている。
02-02-2024 X100F (9)

↓「うちのペペロンチーノ」と名付けられたスパゲッティを愉しんだ。
02-02-2024 X100F (11)

↓薬味が色々と載った冷奴をデザート感覚で頂いた。
02-02-2024 X100F (14)

こういう御近所の馴染んだ場所というのは好いものだ。

<菜の花とベーコンのペペロンチーノ風>…(2024.02.04)

不意に思い出した。随分と以前、御近所の御店で、店主御夫妻の息子さん達が『仮面ライダークウガ』の敵役の怪人達が使う“グロンギ語”の真似をして、何やらよく判らないことを言っているということを話題にしていた。あの『仮面ライダークウガ』も、何時の間にか随分と旧い作品になっている。それを愉しんでいたらしい、御近所の御店の店主御夫妻の息子さん達も、現在となっては既に社会人で年月を重ねている。

↓その御近所の御店に立寄った。「季節の御薦め」という感の、<菜の花とベーコンのペペロンチーノ風>を御願いした。
04-02-2024 X100F (5)
↑こういうようなスッキリ纏まった感じの一皿は好い…

↓休業日、穏やかな感じであったと思う。
04-02-2024 X100F (3)

冬の休業日、よろよろと歩き廻り、馴染んだ御店で食事を愉しんで寛ぐというような様子が、何か酷く愛おしい…そしてそういうことが出来るのが有難い。