稚内港北防波堤ドーム…(2024.05.04)

明るい気はしたが、少し雲が多い早朝だった。戸外へ出た。

↓少し忙しく雲が流れるような感じな中、時々雲の間に月も覗いた。画の右端側の上寄りに見えている。
04-05-2024 early morning X100F (2)

↓上空は風が強めなのかもしれないが、沿岸部では弱い風だった。風に些か揺らぐ海面は、鏡のように雲を映していた。
04-05-2024 early morning X100F (5)

↓日出時刻を過ぎても、朝陽の姿が少し判り悪い様子だった。少し経って、高度を上げた朝陽の一部が雲間に僅かに覗いた。
04-05-2024 early morning X100F (8)

↓雲が少し忙しく流れ、僅かに覗いた朝陽が直ぐに視え悪くなった。そして海鳥が飛んでいた。
04-05-2024 early morning X100F (11)

↓朝陽の一部が放とうとしている光が海面に少し跳ね返った。
04-05-2024 early morning X100F (12)

何れにしても、早朝に少し寒い感じは否めない状況が続いている。

第一副港辺りの眺め…:稚内港(2024.05.01)

朝、辺りを少々歩き廻った。

↓稚内港の繋留濠である第一副港の辺りに至った。
01-05-2024 X100F (4)

↓浪が弱い時の海水面は、何か「粘性でも帯びている?」というような、少し独特な感じに見えると思う。
01-05-2024 X100F (5)

↓対岸の建物や、天に流れる雲が海水面に少し映り込んでいるような様子が面白い。
01-05-2024 X100F (6)

↓「何気なく歩く」というだけのことなのだが、こういうような様子を眺めながら歩を進めるのは少し愉しい。
01-05-2024 X100F (8)

↓この、タグボートが繋留されている辺りの眺めが少し気に入っている。
01-05-2024 X100F (9)

こうして歩き廻ってみながら、「もう少々…温かければ、更に好い…」というような、些か野暮なことも考える。

エゾヤマザクラ…:稚内公園(2024.05.03)

↓丘を下る道を歩いていた時、桜が少し好い感じになっている辺りで足を停めた。
03-05-2024 X-Pro2 (13)
↑花の向こうに街の一部と港が見えているような感じである。

辺りにはエゾヤマザクラの木が植えられている箇所は幾分在るが、花が好い感じになる時季は色々な条件の故に前後するようだ。そして花が纏まっているという程でもなく、「稚内で桜を観る」というイメージは弱いかもしれない。

↓道路の縁の柵越しで少し見下ろす感じではあるが、少し桜に近付いた。
03-05-2024 X-Pro2 (14)
↑個人的には、こういうような様子が「稚内で桜を観る」というイメージかもしれない。

今季、稚内でエゾヤマザクラの花が見受けられる時季は少し早めであった。実はエゾヤマザクラの木はサハリンでも見受けられる。稚内の何日か後に、サハリンでも花が咲く。ここで見える海の少し先だ。そんなことも想いながら、この景色を愉しんでいた。

眺望…:稚内公園(2024.05.03)

街の後背の丘陵が、整備が施された稚内公園である。

↓久し振りに上がって、眺望を愉しんだ。
03-05-2024 X-Pro2 (11)
↑早朝に雨が交じり、雷鳴も聞こえていたが、天候が好転した。やや風が冷たかったが、眺望が好い感じの午前中だった。

時には観たい眺望だ。