稚内港を発つ<ペンギン33>(2017.06.14)

前日は「非常に快適な航海」だったらしいが、コルサコフ港から着いた<ペンギン33>が稚内港で待機している間に、何やら風が強くなって来た…

↓風で海面が畝る中、<ペンギン33>は埠頭を静かに離れ始めた…
Port of Wakkanai on 14-06-2017 (10)

↓港の出口へ向けて進む態勢になった…
Port of Wakkanai on 14-06-2017 (13)

↓エンジン音が大きくなり、少しずつ速度が上がり始めた…
Port of Wakkanai on 14-06-2017 (16)

今季は、自身の都合により、稚内港でこの様子を視る機会がやや少ない…冷たい感じな風に晒されながらも、この「海峡を往く快速艇」を見送った…

この記事へのコメント

  • 6x6

    これがサハリンと往復するんですね。
    何だかワクワクしますね。意外と小さな船で驚きました。
    乗りたい!いつか必ず乗りたい!
    2017年06月15日 08:02
  • Charlie

    こんにちは!
    <ペンギン33>は2016年に稚内・コルサコフ航路に登場しました。今季で2シーズン目です。
    何か「浪に乗るように走る」という感じの快速艇です…
    昨シーズンも何度も写真を撮りましたが…なかなか画になります…
    是非、機会を設けて稚内からサハリンへ!!
    2017年06月15日 15:51