「ウラジミロフカ村」の歴史を伝える記念碑(2017.07.23)

ユジノサハリンスクのレーニン通を少し北上し、サハリンスカヤ通と交差する辺りで西寄りに進む…歩けば20分前後、バスなら停留所が2つという辺り…

↓こういうモノが建っている…道路から近く、容易に見付かる…
23-07-2017 (5)
↑何となく見上げる程度の大きさだ…

↓大きな石の真中に貼り付けられたプレートに注目…
23-07-2017 (8)
↑「ここに1882年、ロシアの入植者がウラジミロフカという村落を起こし、ユジノサハリンスク市の礎となった」というような趣旨のことが書かれている…

これは、1882年に「ウラジミロフカ村」が起こったという経過を示す記念碑である。

街のことに明るい方の話しを聴く限り、「ウラジミロフカ村」の中心的な場所というのは、レーニン通とサハリンスカヤ通の交差する辺りを通り越した、もう少し北寄りな辺りと考えられるようだ。この記念碑が在る場所―現在、「ウラジミロフカ」と呼び習わされている辺り―は、村内の農場の一部であった場所のようだという…

史跡を示そうとすれば、色々な話しも出て来ようが、とりあえず現在のユジノサハリンスクで「街の起こり」と考えている「ウラジミロフカ村」のことを伝える場所というのは興味深い…

ウラジミロフカ村の経過は在るが、現在のユジノサハリンスクの都心部は、1907年頃から拓かれた豊原を基礎としていて、1946年以降にソ連化して現在に至っている。ウラジミロフカ村は、現在の都心部よりやや北西に寄った感じになる…

この記事へのコメント