ぺリメニ:スープに入ったオーソドックスな感じのモノ(2017.12.16)

不意に思い立ち…休日のランチを「多少、豪勢に?」と、寧ろ夕食を愉しむ店に立ち寄った…休日は「お得なランチ」が在るでもない…が、“豪勢”と言ってみても「知れている…」かもしれないような範囲である…

↓思い付いて頼んだメニューの一つがこれ!
16-12-2017 (2)
↑「ロシアの水餃子」と紹介される場合が多いと思うが、ペリメニである…

ペリメニは、「家庭の味」、「店の味」で色々な流儀のモノが供されるようだ…概して、日本国内で言う「餃子の皮」よりも少し厚い感じの小麦粉の皮で具材を包み、加熱調理する。

画のような、アッサリシタスープに入った感じのペリメニ…寒い時季には最高だ!

この記事へのコメント