若草山へ…:奈良(2020.08.07)

↓奈良市内では比較的頻繁に見掛けるような案内看板だ…<奈良公園>が在る辺りは「街の公園」というのでもなく、寧ろ「公園の中の街」という風情さえ在ると思うのだが、こういう標識は実用的であると同時に見映えも好きだ…
07-08-2020 Nara vol01 (8)
↑右側の矢印…「若草山」と在る。そして「展望」を意味するピクトグラムが在る。

若草山は、古くは「三笠山」と呼ばれたそうで、「笠を3つ重ねたような段々の山」で、上れば奈良の街等の眺望が拡がる場所であるという。何度も奈良に寄っているが…実は上ってみたことが無かった。そういう場所に寄ってみようというのも、今般のテーマのように勝手に思っていたので、一寸歩いてみたのだ…

↓「入口は何処?」と進んで行けば…「おっちゃん!若草山かい?こっちや…」とばかりに、入口へ通じる辺りで鹿に出くわした。
07-08-2020 Nara vol01 (9)
↑「御案内、忝い!!」と鹿に軽く会釈で入口を目指して進んだ…

↓若草山は県で管理する公園のようになっていて、南北に設えられた登山道の出入口に管理事務所が在る。ここで150円を支払うことになっている…
07-08-2020 Nara vol01 (10)

↓辿り着いて、入ってみたのは「南」であったようだ。「登山道」と在るので進んでみる…
07-08-2020 Nara vol01 (12)

↓「これは!?」と些か驚いた…何やら古い城跡や、山深い地域の社寺のような様子を想い起させる…
07-08-2020 Nara vol01 (14)

↓「何段?」とか「何メートル?」というようなことは、どうでもよくなる…只管に石段だ…
07-08-2020 Nara vol01 (15)

↓斜面に半ばループ状になるように石段が延々と設えられていた…
07-08-2020 Nara vol01 (17)

↓「何処まで続くのだ!?」と大声で問いたくなる程度に石段は続く…「何処まで?」と問うても、上の少し開けた場所までであることは明らかなのだが…
07-08-2020 Nara vol01 (18)

↓夥しい汗で、やや辛くなってしまったが…漸く延々と続いた石段が途切れているように見える場所に至った…
07-08-2020 Nara vol01 (19)

↓「1段目頂上」という辺りに漸く至った…
07-08-2020 Nara vol01 (20)

↓大仏殿の鳥瞰だ…
07-08-2020 Nara vol02 (10)
↑古代の人達もこういう具合に、山から東大寺を望んだのだろうか?現在の大仏殿は、戦国時代に損なわれたモノが江戸時代に再建されているというモノなので、江戸時代の人達もあの建物をここから望んだであろうか?何か「佇むだけで時空を超える何かを想う」というような場所だ…

↓奈良の街と山並みの眺望が好かった…
07-08-2020 Nara vol02 (12)

↓こんな様子を眺め、暫くぼんやりとしてしまった…
07-08-2020 Nara vol02 (1)

結局…夥しい汗で消耗したので、「敢えて無理はすまい…」と趣がかなり異なった北側を経て下山したのだった…

今般、とりあえず場所は判った…何時か再訪したいものだ…

この記事へのコメント