第一副港から北洋埠頭側を望む…:稚内港(2022.06.07)

朝早くは寧ろ雲が多めで薄暗い。そして時間を経て雲が少し流れる…

↓そういう雲の動きが少々感じられるような様子を何となく眺めた…
07-06-2022 X100F (5)

↓こうやって「陽射しが些か…」という按配になり、そのうちに青空が覗くのだ…
07-06-2022 X100F (4)

こういう「変わり易い天候」というのも「季節の境界」というような状況の故なのだろうか?

この記事へのコメント