第一副港辺りの眺め…:稚内港(2023.06.21)

↓雲や光の感じが面白いと感じ、天を仰いで歩を停めた。稚内港の繋留濠である第一副港へ進む辺りだ。
21-06-2023 X100F (4)
↑画の左側から右側へ、潮流のようなモノが眼で見て判るような具合だった。船で水上に出れば、少し強く風浪を感じるのかもしれない…

↓水面の揺れ方がやあ大きいかもしれない様子だった。
21-06-2023 X100F (6)

↓対岸の市場などは静かだったが、天の様子が少し面白いと思いながら眺めた。
21-06-2023 X100F (8)

↓重なるように拡がっていた雲が、殊更に立体的に視えるような光の状態だった。
21-06-2023 X100F (9)

↓繋留濠の奥側は、少し水面が静かになっていた。
21-06-2023 X100F (13)

↓水面の揺らぎ方がやや大きくても、天の光が跳ね返っているのが少し面白いと思いながら様子を眺めた。
21-06-2023 X100F (14)

この第一副港辺りの様子も「手近な少し気に入っている眺め」と呼び得るようになっていると思う。

この記事へのコメント