夕べに…(2023.07.28)

ふらりと御近所の御店の前を通り掛れば、顔馴染な御店の方が何気なく御店の前に現れた。挨拶を交わしたが、温く湿った空気の故にやや居心地が悪いというような話題になった。

↓折角御店の方に出くわしたので、帰宅前に1杯と思い付いた。
28-07-2023 X100F (19)
↑茄子を摘まんで<白霧島>をロックで頂く。

↓「穴子の柳川鍋」という“新メニュー”を頂くこととした。
28-07-2023 X100F (21)

↓火に架けて「待つこと暫し…」である。
28-07-2023 X100F (24)

↓この間にサラダを摘まむ…
28-07-2023 X100F (26)

↓「待つこと暫し…」であったが、穴子と野菜に玉子を掛ける…出来上がりだ!
28-07-2023 X100F (27)

↓小皿に取ってゆっくりと頂く…淡白でありながらも旨味が詰まったような、そして歯応えが好い穴子である。濃過ぎず、薄過ぎずという味付けも好きだ。
28-07-2023 X100F (31)

美味い魚を摘まんで過ごす一時というのが凄く好い感じだ…

この記事へのコメント