夕べに…(2023.11.13)

何か「寝て曜日」的な過ごし方になった休業日だった。普段より少しだけ早めな時間帯に夕食を愉しもうと思い立った。

↓御近所の御店へ足を運ぶと、出入口の前にスコップが置かれていた。御店の前の通路等で雪を除ける必要が生じるようになった。雪の時季は不意に訪れるというものだ。
13-11-2023 X100F (12)

↓<白霧島>をロックで頂き、タラコの御通しを摘みながら料理の登場を待つ。
13-11-2023 X100F (13)

↓「煮魚」を所望した。ヤナギノマイであるが、中途半端に在ったカスベを添えて頂いた。
13-11-2023 X100F (18)

↓白身の魚を煮たモノは美味い。
13-11-2023 X100F (20)

↓自家製のイカメシだ。
13-11-2023 X100F (22)
↑今季は水揚げが少ない感じであったイカだが、漸く稚内港でも水揚げが在って好いイカが出回るようになったそうだ。

↓イカが厚過ぎず、程好い按配であった。そして煮汁が凄く好い感じだ。
13-11-2023 X100F (25)

↓鶏の唐揚…「ザンギ」である。
13-11-2023 X100F (26)
↑如何いう訳か、居合わせた人達が挙ってザンギを頂いていて、何となく笑った。

↓そしてイモモチである。
13-11-2023 X100F (30)

居合わせた方達の中、何か「20年振り位に稚内へ…」、「二十数年振りに稚内へ…」という方達が散見した。それを聞いて「式年遷宮」という言葉を思い出した。「しきねんせんぐう?何?」という話題になり、20年というような期間で神社の社を建直す、大修理するというようなことであるという話しになった。稚内へ御立寄りの各地の皆様におかれては、「式年遷宮」という語を想起するような間隔でもなく、気軽にお運び頂きたいものだ。交通はやや不便かもしれないが。

↓小ぶりなジャガイモとカボチャを煮たモノも頂いた。こういうのも好い。
13-11-2023 X100F (32)

↓気軽に立寄ることが叶う御近所で寛ぐ夕べも好いものだ。
13-11-2023 X100F (11)

この記事へのコメント