おはようございます…(2023.11.16)

何かの作業等をしている方に出くわすことも全く無いでもないかもしれないが、非常に稀な感じで、「普段」は朝には車輛が未だ入っていない無人状態である場合が殆どとなっている駐車スペースの辺りに足を踏み入れた。何か「気配」を察知した。

↓こういうことだった…
16-11-2023 X100F (4)
↑エゾシカが雪の下の草をほじくり返すようにしながら食んでいた。

↓辺りを「棲息域」の一部か何かのようにしている、或る程度頻繁に見掛ける個体だと思いながら「彼」の様子を何となく眺めた。
16-11-2023 X100F (8)

↓「彼」の背後で小高くなっているのは、南稚内駅の少しだけ南側の鉄道軌道が敷設されている場所である。「彼」やその同類は軌道上も歩き廻る。通過しようという列車が警笛を鳴らしながら不自然な減速をする場面は、彼らとの遭遇場面である。
16-11-2023 X100F (9)

とりあえず「近隣」の「住民」ということになる存在だ…

この記事へのコメント