波止場横丁の夕べ…(2024.03.20)

祝日で休業日ということになったが、特段に予定という程の何かが在るのでもなく、とりあえず「寝て曜日」的な過ごし方になっていた。そういう中、何となくサウナを利用するというようなことをした。

↓午後4時台に道草である。
20-03-2024 X100F (14)

↓午後4時台の様子は「夕べ」というより「午後」という趣であると思う。営業を始めた御店では、提灯に灯りが入ってはいたが。
20-03-2024 X100F (15)

↓馴染んだ暖簾を潜る。
20-03-2024 X100F (16)

↓御通しの蛸を摘まんでハイボールを頂いていた。
20-03-2024 X100F (17)

↓おでんを所望した。
20-03-2024 X100F (19)

↓午後5時台に「数歩の移動」をする。
20-03-2024 X100F (26)

↓また馴染んだ暖簾を潜る。
20-03-2024 X100F (25)

↓最近は「午後5時台」も屋内がこういうような感じだ。
20-03-2024 X100F (21)
↑季節は着実に動いている。

↓こういうような具合に寛いだ。
20-03-2024 X100F (22)
↑泡盛をシークワーサーと炭酸で割ったモノを頂く。

↓大阪の流儀のドテ煮を頂く。
20-03-2024 X100F (23)

↓キムチは大阪の鶴橋の御店で採用されている仕様のモノだ。
20-03-2024 X100F (24)

こういうような具合で「やや早目?」な時間帯から寛ぐ休業日の感じが非常に好いと思う。

この記事へのコメント