五十円硬貨…(2024.04.01)

↓小銭入れを何となく開けた。
01-04-2024 X100F (3)
↑何時も千円紙幣を何枚も持って、千円紙幣で支払をして釣銭の硬貨を小銭入れに貯めるようなことをしている。何やら五十円硬貨が酷く貯まっていた。

現行の五十円硬貨が初めて登場したのは1967(昭和42)年であったそうだ。

五十円硬貨そのものは1955(昭和30)年に登場したが、当時は真中に孔という形ではなかった。同時期に登場の百円硬貨と似たような感じで「紛らわしい?」という声が在り、1959(昭和34)年から孔を開けるデザインにしたそうだ。

この「孔が開いたデザイン」は1967(昭和42)年に百円硬貨と同時に新しいデザインに改めた際にも継承されたのだという。2024年現在もこの1967(昭和42)年に登場の五十円硬貨のデザインで流通し、製造も続いている。

↓「妙に五十円硬貨ばかりが集まった…」と思わず眺めてしまった。諸外国では「孔が開いた」という硬貨の例は余り多くはないというように聞いた記憶も在るが、国内では御馴染なモノだ。
01-04-2024 X100F (10)
↑自身が生れる前に登場して、幼少期に「硬貨というモノが在って、御店でこれを出すとモノが買える」ということを知ったような時期から現在に至る迄、ずうっとこれが流通して製造も続いている訳だ。

時にはこういうモノを取り出して眺めてしまう場合も在る。

この記事へのコメント