夕べに…(2024.04.06)

↓夕食を愉しもうと御近所の御店に立寄った。少し驚いた。従前は色々と飾っていたが、少し片づけてしまって、シンプルな渋い感じになっていた。
06-04-2024 X100F (21)
↑現在の場所になってからだけでも四半世紀になろうという感の、御近所の老舗という雰囲気も在る御店である。こういう渋い感じが似合うかもしれない。「風格」というような感も漂うかもしれない。

↓<白霧島>を頂きながら料理の登場を待つ。
06-04-2024 X100F (23)

↓御通しのポテトサラダが秀逸だった。
06-04-2024 X100F (24)

↓ヤナギノマイの煮魚が凄く好い。
06-04-2024 X100F (27)
↑居酒屋で焼魚は多く在るのだが、煮魚は供する場所がやや少ない。ここでは美味い煮魚が頂ける。大変に有難い。

↓名付けて「やきとり」こと、鶏肉をゆっくり焼き上げたモノを頂いた。
06-04-2024 X100F (32)

↓「好い気独自の美味いモノ」ということになる、海藻の“銀杏草”が入った味噌汁を啜った。こういうモノが美味い。
06-04-2024 X100F (33)

宵感じの夕べを過ごして寛いだのだった。

この記事へのコメント