第一副港辺りの眺め…:稚内港(2024.04.19)

何となく「寒サニモ負ケズ」という言葉が頭の中を過った。気温が俄かに低下した中で、冷たい風がやや強いという様子だった中で歩き廻った。

↓稚内港の繋留濠である第一副港の辺りに至った。酷く手が冷たかった。
19-04-2024 X100F (4)

↓繋留中の船の辺りで飛び回る海鳥の様子を眺めていた。
19-04-2024 X100F (6)

↓雲がやや多く、空気が湿っていると同時に冷たい。酷く寒い感じで、やや足早に辺りを通り過ぎた。
19-04-2024 X100F (9)

こういう様子を眺めながらの散策自体は悪くないが、この日は異様に寒かった。

この記事へのコメント