小樽駅の眺め…(2024.04.14)

↓気に入っている眺めだ。何か「春の好天」という風情で、殊更に好い感じだった。
14-04-2024 X100F (7)
↑ロッカーに荷物を預け、身軽になって街を歩こうと、朝の小樽駅へ足を運んだ際に「好い眺め…」と足を停め、提げていたカメラを使った。

1903(明治36)年に駅が登場した際には「小樽中央駅」と称し、直ぐに「稲穂駅」と改称した。1904(明治37)年に「高島駅」、1905(明治38)年に「中央小樽駅」と改称が続いた。

1920(大正9)年に「小樽駅」と改称して現在に至っている。実はこの時迄、現在の“南小樽駅”が“小樽駅”であったということだ。

1934(昭和9)年に、「3代目」ということになる駅舎が登場した。この建物が現行の建物になっている。北海道内の駅では、鉄骨鉄筋コンクリート造(RC造)はこの小樽駅が初めてであるのだという。随分と長い経過が在る建物だ。

時々立寄る小樽で、この建物を眺めるのは愉しい。

この記事へのコメント