旭川四条駅にて…(2024.06.08)

昼食を愉しんだ後、少し歩いて旭川四条駅に到った。「四条」の字は「よじょう」と読む。京都のように「しじょう」ではない。更に「4条」というように算用数字を使う場合も目立つ。

↓高架下の歩道に「←四条駅」と看板が出ている。
08-06-2024 X100F (58)

↓階段で高架に上ると駅だ。「駅」というより、何か「乗降場」とでも呼びたいような雰囲気でもある。
08-06-2024 X100F (59)

↓旭川駅の北東に在る旭川四条駅だ。昼食を愉しんだ御店の在る旭川銀座商店街辺りであれば、旭川駅よりもこの旭川四条駅の方が凄く近い。
08-06-2024 X100F (60)
↑更に先の新旭川駅で石北線と宗谷線とが交わる。この旭川四条駅は両路線の駅である。

↓石北線と宗谷線の列車が停まる。乗る列車を確り確認すべきであろう。何れも列車本数が少ない路線だ。
08-06-2024 X100F (61)

↓旭川方向へ向かう列車は、石北線も宗谷線も交じっているが、1駅間で変わりもない。旭川で富良野線や函館線の列車に乗換えるということも出来る。
08-06-2024 X100F (62)

↓「←」を見て、乗車する列車が現れる側に進む。
08-06-2024 X100F (63)

↓こんな階段を上ると乗場に出る。
08-06-2024 X100F (64)

↓駅名標だ。確り「よじょう」である。
08-06-2024 X100F (65)

↓高架の上に対向式ホームが設えられている。乗車する側と逆、旭川駅へ向かう列車の乗降が行われるホームが見える。
08-06-2024 X100F (66)

↓旭川へ向かう列車が現れた。
08-06-2024 X100F (68)

↓停車位置が近いので、列車は減速している。
08-06-2024 X100F (69)

↓何人か下車して、列車はまた動き始めた。
08-06-2024 X100F (70)

↓何時の間にか、この辺りの列車はH100形が主流になっている。
08-06-2024 X100F (71)

↓キハ261系ディーゼルカーが現れた。
08-06-2024 X100F (74)

↓稚内へ向かう特急列車であろう。勢いよく通過した。
08-06-2024 X100F (75)

↓特急列車を追うかのようにH100形が現れた。
08-06-2024 X100F (79)

↓上川駅へ向かう普通列車だ。これに乗車する。
08-06-2024 X100F (80)

何度となく通過している駅だが、ここから列車に乗るという機会は余り設けていなかった。時には好いかもしれない。

この記事へのコメント