午後に…(2024.07.01)

雨が交じる、その雨が多少強い場合も在るという様子が早朝から続き、何か雲が多目で湿った日となっていた。そして多少の肌寒さも感じた。

↓陽射しが当たらないというだけではない。本当に気温が前々日や前日と比べて下がってしまっていた。
01-07-2024 X100F (8)

↓気温の上下に一喜一憂するというようなことでもないが、何となくここに表示される気温には眼が向く。
01-07-2024 X100F (10)

「7月」に入った中でこういう様子である。

この記事へのコメント