The "Snow Moon" on Wakkanai...:2月の満月… (2021.02.27)

夕刻…夕食を愉しんだ後に思い出した。確か満月の日だった…

雪は降っていないが「少々雲が多目?」という天を見上げた。「月は?」と思っていれば、雲が風に流れ、満月が姿を見せた…

↓満月は明るく輝く感だ…
27-02-2021 evening (2)

ネイティヴ・アメリカンの一部の部族による月の呼び方が伝わっているということで、「2月の満月」は「スノームーン」 (Snow Moon)と呼ばれるそうだ。「雪の時季に…」というイメージか?

↓冷えた夜空で鮮やかに輝くという感の月だ…
27-02-2021 evening (1)

↓少しだけ見入っていたが…氷点下5℃程度と寒いので、直ぐに屋内へ引っ込んだが…
27-02-2021 evening (3)

何か「満月を何となく見上げる」というのも少し愉しい感だ…

車窓…:南稚内駅へ近付く<宗谷>…(2021.02.23)

南稚内駅の南側、抜海駅を列車が通り過ぎると…

↓列車の窓から海が見える箇所が在る。日本海だ…
23-02-2021 Wakkanai (1)
↑些かの雪交じりで遠景はよく視えなかった…天候が好い場合には遠景に利尻富士が視えることも在る…

↓冬季に稚内を目掛けて列車で動く場合、日中であればこんな景色の場所が多く在る…
23-02-2021 Wakkanai (2)

「後は眠っていても稚内へ連れて行って頂ける…」と酷く強い安堵感が沸き起こるので、車内ではほんの少々読書に興じたものの、何時の間にか眠ってしまっていた…気付けば音威子府駅を過ぎ、更に眠ってしまい、気付いた時には幌延駅を発車していた…確りと走行時間を費やして稚内へ移動した訳だが、時間経過を余り意識しないような結果になっていた。これも「よく在る感じ」だと思う…

「はまなす編成」の<サロベツ>…:稚内駅(2021.02.20)

2月16日の荒天から列車が運休となっていて、2月19日までそれが続いた。沿線での酷い雪を除ける作業、各種の設備を点検する作業に想定以上の時間を要してしまったのだという。何となく「一週間の御無沙汰でございました…」という感だ。

稚内駅を朝に出発する特急列車は、「前夜遅くに着く車輛が待機して、朝に出発」ということなので、2月20日も朝の特急列車は運転出来なかった。そうなれば…昼に着く車輛が、直ぐに折り返して出発という特急列車が「待望の復旧第1号の列車」となる。

↓稚内駅へ様子を視に行けば…「鹿と衝突」という事由で到着が遅れ、折り返し運転の列車も出発が遅れる旨の案内が掲出されていた…
20-02-2021 at Wakkanai Station (3)

↓久し振りに稚内駅に現れた列車だ…
20-02-2021 at Wakkanai Station (6)

↓「はまなす編成」と名付けられたキハ261系ディーゼルカーだ。新しい車輛だ…
20-02-2021 at Wakkanai Station (8)

↓停止寸前なのでかなり減速している…
20-02-2021 at Wakkanai Station (10)

↓所定の位置に停車した。乗って来た乗客が下車し、車内を少々整えて、出発する乗客が乗込むことになる。
20-02-2021 at Wakkanai Station (11)
↑暫く振りに稚内駅に来てくれた列車だ。ゆっくりその勇姿を眺めて迎えてみたかった…

↓最近の多目な雪が、軌道の手前側に寄せられていて、列車は「雪山の向こうに姿が覗く」という風情で停車している…
20-02-2021 at Wakkanai Station (12)

↓ホームに出た…
20-02-2021 at Wakkanai Station (13)
↑実は…自身でもこの列車の乗車券と指定席特急券を持っていたのだ…前日に券を求めた時の駅員さんが改札をやっていたので「行って来ます!」と改札―券にスタンプを押す…―して頂いた。駅員さんは「遅れて申し訳ないです…行ってらっしゃい!」と送り出してくれた。

↓乗込んで所定の席に陣取って辺りを眺めた…新しい車輛の新しいシート…座り心地は、稚内で御馴染みなキハ261系ディーゼルカーの初期型のシートよりも好いと思う…
20-02-2021 at Wakkanai Station (14)

この時の列車…座席の4割弱は埋まっていたと思われた。「そこそこに賑わっている」という程度か?利用機会が多い朝の特急列車よりも賑わっていた気がした…自身は所用で他地域に出るという場面では、列車が「第1選択肢」である。

稚内港北防波堤ドーム…(2021.02.20)

早朝…「極々短い散策」と称して戸外へ…

↓雪が少しばかり交ったが、気温は氷点下1℃程度で風は微弱…歩くのがキツいのでもない…稚内港北防波堤ドームの辺りへ至った…
20-02-2021 early morning (6)

↓勝手に思うのは、こういう「積雪期の稚内港北防波堤ドーム」という様子は、酷く「当地らしい」という風情を醸し出すということだ…
20-02-2021 early morning (7)

同じ場所の画ではあるが、何時も雰囲気が違うので、この場所に立寄って写真を撮ってみるということは、簡単には止められない…

雪交じりな早朝…(2021.02.20)

「極々短い散策」と称して早朝の戸外へ出てみた…

↓雪が交っていた中、車輛の通行の跡や歩行者の足跡が「未だ無い」という状態の道路に出くわした…
20-02-2021 early morning (9)

何か「街が貸切?!」というような不思議な気分になった…

↓強風が吹き抜けているのでもなく、静かに降る雪が多少交るような感じ…こういう様子も時には好い…
20-02-2021 early morning (10)

法雲寺…(2021.02.20)

折々の花が美しい庭が、何となく知られている寺が近所に在るのだが…

↓そんな庭も冬季には雪に埋まってしまう…今季に関しては、近年では最も雪が多いような中、確りと雪に埋まってしまった感だ…
20-02-2021 early morning (2)
↑「極々短い散策」と称して早朝の戸外に出て、何となく注目してしまった…

こんな有様の冬ではあるが…「それでも!」と何れ春は巡って来る…

キハ54…:幌延駅(2021.01.03)

早朝の旭川駅を発ち、稚内駅を目指して北上した…

旭川駅で乗車する際には「稚内行」というようになっているのだが、2輌運行を切り離して1輌にする作業で少し長く名寄駅で停車、更に幌延駅で少し長く停車することから、“列車番号”が切り途中で替わる。時刻表や運行ダイヤの上では「旭川・名寄」、「名寄・幌延」、「幌延・稚内」という「3本の列車」というような扱いになっているようだ。それでも、名寄で切り離しにならない側の車輌に乗り込んでしまえば「旭川・稚内」でゆったりと北上することが叶う。そんな訳で気に入っている列車だ…

↓幌延駅にキハ54による列車が到着した…
03-01-2020 Asahikawa to Wakkanai (30)

↓後尾側には、走行中に跳ね上げた雪が多量に付着している…
03-01-2020 Asahikawa to Wakkanai (29)

↓20分間程度も停車しているので、後尾側に付着した雪も少しは落ちてしまう…
03-01-2020 Asahikawa to Wakkanai (32)

↓こちらは先頭側である…
03-01-2020 Asahikawa to Wakkanai (35)

幌延駅での長めな停車を経ると「稚内はもう一息!」という感じになる…

実は…荒天の影響で列車の運休が生じた当地だが、広範囲で予想以上に雪が多く、その故に運行上必要な各種設備の点検に想定以上の手間を要し、運行が少し長引いているという状況が在る…そういう中であるが故に、寒さや雪に負けずに軌道を行く列車の風情が酷く恋しくなり、未だこのブログで御紹介していなかった写真を引っ張り出した形になったのだ…

吹雪の痕跡…:早朝(2021.02.17)

何やら「強風に起因する妙な音…」が屋内に在っても聞こえていた中で早目に休み、早目に起き出した…

↓「一寸、戸外の様子を…」と扉を開ける際に「若干の苦戦…」ということになった。
17-02-2021 early morning (1)
↑画のような感じに雪が吹き付けている分には、然程の問題でもないのだが、扉開閉時に動く部分に雪が吹き溜っていたのだ…玄関に常備のスコップでそれを除けた…

↓拙宅の極々近くに見受けられた、建物出入口の扉だ。「吹く」というのは、「こういう様になる…」ということだ…
17-02-2021 early morning (2)

↓画の下側、手前に大型車輛が通過した跡が見えて、道路へ出て一寸歩くには然程の問題も無いが…奥側の建物周辺のように、吹き溜った雪がランダムに見受けられる感だ…
17-02-2021 early morning (3)

吹雪の痕跡という按配だ…朝の時点で風雪はとりあえず落ち着いているが…今後の展開はよく判らない…

吹雪く夕べ…(2021.02.16)

前日から「荒天への注意喚起」という感ではあった。早朝から霙または雪が交る感ではあったが、それでも「冬季にはよく在るような…」という範囲であるように見受けられた。

午後に入り、霙という感のモノが交らずに雪という感になり、やや降り方が強まりながら風も強めになって来た。陽が落ちるような頃には「時々吹雪…」という具合で、屋内に居ても「強風の音…」というようになって来た…

そういう様子ではあるが…とりあえず「食事を摂ることが叶う場所が在れば寄る…見当たらなければ何か食糧を買い込む…」と戸外に出てみた…

↓戸外はこういう按配だ…
16-02-2021 evening (1)
↑霙と雪が混淆したようなモノが降り続き、やがて雪になって多少積もっているが、同時に強風で雪が舞い上がって視界が悪い…

↓少々歩いたが、身体の向きが変わって正面に強風が当たるようになると、些か辛いという状態であった…
16-02-2021 evening (3)

こういうことであったが…とりあえず夕食を摂ることは叶った。食後は速やかに引揚げた。夜は大人しく休むばかりである…

<チーズ尽くしのガーリックトマト牛鍋定食>…(2021.02.13)

土曜日…所用で出て「少しだけ遅め?」なランチを愉しもうという段に至った…

↓何気なく寄った店で、こんなモノを頂いた…
13-02-2021 (8)
↑トマト味のスープでガーリックやバジルの味が入り、白菜、豆腐、うどん麺、牛肉等がタップリでチーズが載っている鍋だ…

↓「一人前の定食」として、こういう具合に供される…チーズ風味のタレを肉や野菜等に点けて頂くようになっている。タレが少なくなっても鍋にタップリのスープなので、それと具材をタレの小鉢に取って頂けば好い…
13-02-2021 (6)
↑米飯を控え目に、肉を多めにということで御願いした…それでも千円と少々であり、手頃だと思った。

洋風な味付けを試みた牛鍋という感だ…ロシア語では「スープを頂く」という場合に、“飲む”とは言わずに“食べる”と言うのだが、その「食べるスープ」という気分でゆっくりと頂いた…

時にはこういう感じも酷く好いと思った…

大阪近鉄バファローズのキャップ…(2021.02.11)

↓最近、着用機会が少し増えている新しめなキャップだ。何か「衝動的…」に求めてしまった代物ということになる…
11-02-2021 my cap (1)

プロ野球チームの“合併”ということで姿を消した<大阪近鉄バファローズ>であるが、そのチームで使われていたマークやカラーを使ったキャップだ…

↓1958年に、チーム愛称を<バファローズ>とした際、かの岡本太郎に依頼してデザインしたという「猛牛」のマークが凄く好い…
11-02-2021 my cap (2)
↑<大阪近鉄バファローズ>、その前の<近鉄バファローズ>の時代も含めた長い経過で、このキャップと全く同じデザインのモノを選手達が試合等で着用していたという経過は無いように思う…少し「微妙…」なデザインである。

が、それでもチームで使われていたマークやカラーのイメージは「ズバリ!!」で、酷く好いデザインに纏まっていると思う。雪や雨が降るような時には、こういうようなキャップでも被って戸外に出るというのが好いと思っている…

稚内港北防波堤ドーム…(2021.02.13)

前々日辺りの様子とは趣が多少異なっていると思った…
13-02-2021 early morning (3)
↑辺りの除排雪が進められ、積雪の感じが変わっている…加えて、気温が多少上昇して、積雪の感じも少々変わったのだ…

↓こういう具合に近寄り易くなったのも、堆くなっていた積雪を運び出してしまったからである…
13-02-2021 early morning (4)

↓何度眺めても、この稚内港北防波堤ドームは好いと思う…
13-02-2021 early morning (6)

鳥居…:早朝の北門神社(2021.02.13)

降雪の有無または量の過多、気温の変化に伴う積雪の状況変化、除排雪の進捗というようなことで、冬季の「辺りの眺め」というようなモノは変わり易い…

3日位前の同じ場所とは、少し趣が変わったように見えた…
13-02-2021 early morning (1)

こういうように「全く同じ…」が無い以上、「思い付いての散策」には何時でも意味が在るように感じる…

今朝は多少雲が多いが、前日以来の0℃前後の気温で、少し続いた低温から免れた。0℃も十分に低温だが、相対的に「温かい…」と感じてしまう…

「行き止まりなんかじゃない♪ここが始まり♪ヤムワッカナイからあなたの街へ♪」:松山隆宏の新しいディスク…(2021.02.13)

「気に入ったモノについて」ということになると、極々大雑把に2つ在ると思う。

一つは「理屈抜きに好い!」ということで、もう一つは「これが好いというのは…」という「理屈」が際限無く湧き出て来るということだ。

とは思っているのだが、音楽作品のようなモノの場合には、「理屈抜き」で「何となく…」と惹かれて、何度か触れる中で「こういうように素敵じゃないか!」という「理屈」が湧き出るようになって行くということも在るかもしれない。極々大雑把に2つとしたモノの境界が曖昧化する訳だ。

↓こういう「理屈」が湧き出すモノが届いてしまった…
13-02-2021 nice one.. (1)
↑国内各地を巡り、演奏活動を展開していて、稚内にも数え切れないかもしれない程に登場しているシンガーソングライター、松山隆宏が新しいディスクを出したのだ。そして「ディスクが在るなら、是非入手して聴きたい…」という作品が収録されているので、直ぐに申込んで、それが無事に到着した訳だ。

松山隆宏の稚内での演奏に関しては、2019年3月2018年2月2017年3月と聞いていて、このブログでも取上げている。これらの演奏で、彼はサハリンのミュージシャンと共演している。実は、このサハリンのミュージシャンであるアンドレイ・メリニチェンコと知り合った方が先だったのだが、彼が稚内に何度も登場している松山隆宏と共演ということで演奏会場に御邪魔したという経過ではあった…

愛用のギターを演奏し、時にブルースハープも交えながら歌う松山隆宏は、ベース奏者でコーラスにも参加するタンク宮本を“相方”に稚内へやって来る。「稚内へ来ると、どうしたものか、何時も彼らに出くわす」と、稚内で公演中の<ルースキー・テーレム>のメンバーと知り合う。そして、<テーレム>のリーダーで、アコーディオンに似た伝統楽器のバヤンを演奏するアンドレイ・メリニチェンコと懇意になり、アンドレイ・メリニチェンコが松山隆宏、タンク宮本のコンビに加わり“トリオ”で演奏という機会が稚内では設けられる場合も発生するようになった。そんな機会に御邪魔していた訳だ…

松山隆宏、タンク宮本、アンドレイ・メリニチェンコの「稚内ライブ限定トリオ」が演奏する中で取上げられる楽曲に、思わず「行き止まりなんかじゃない♪ここが始まり♪ヤムワッカナイからあなたの街へ♪」というサビを記事件名にしてしまったのだが、『ヤムワッカナイから』というモノが在る。これが秀逸なのだ!

各地を巡って演奏活動をするシンガーソングライターが、遠い道程を行き交いながら出くわす景色、様々な人達との交流の想い出を胸に旅を続けるというような曲の雰囲気に酷く惹かれたのだが…この『ヤムワッカナイから』は歌詞で綴られる世界の感じが酷く素敵なのだ!

海辺の街で、北からやって来た、互いに言葉が通じるでもないかもしれないながらも楽器演奏や歌が響き合うという人達―<テーレム>関係者であることが示唆されている―に出くわしたこと…樺太に渡って仕事をした経過が在るという祖父が視たかもしれない海辺に、愛用のギターを抱えて初めて佇んでから随分と時間も経たこと…そういう詞の中の世界に「行き止まりなんかじゃない♪ここが始まり♪ヤムワッカナイからあなたの街へ♪」というサビなのだ。

↓そんな『ヤムワッカナイから』が収録されたディスクということで、嬉々として開封して収録曲を聴き始める訳である…
13-02-2021 nice one.. (2)

最近の“事情”で、方々を巡って演奏会を催すというような活動はままならない…「であれば…」と、近年の作品、過去のディスクに入っていなかった楽曲を確り録音して、新たなディスクが制作されたようだ。

そういう、『ヤムワッカナイから』が収録されたディスクが登場した背景に想いが及ぶと、歌のサビの「行き止まりなんかじゃない♪ここが始まり♪」が沁みる…活動はままならないかもしれない。それでも「行き止まりなんかじゃない♪」と活動へのエネルギーを保ち続け、「ここが始まり♪」とディスクの制作に勤しんだということになる。

自身では「稚内駅」に関して「終着駅ではない。始発駅だ!」としているのだが…列車が辿り着く終着かもしれない駅を擁する街で、新たな出会いに心弾ませ、自身の祖父母というような手近な人達も含めた先人達から受継がれているモノを想い、新たな想いで「あなたの街へ♪」と遠い道程を歩み始める…そういう感じが酷く好い!

全く、「理屈抜き」で「何となく…」と惹かれて、何度か触れる中で「こういうように素敵じゃないか!」という「理屈」が湧き出るようになって行くというようになっている…実は今もエンドレスに繰り返して『ヤムワッカナイから』を聞いているのだが…

13-02-2021 nice one.. (3)

とにかくも「気に入った楽曲が収まったディスク」というようなモノが手に入ると、「理屈抜き」に嬉しいものだ…

<あさ開 単式蒸留酒粕焼酎>…(2021.02.06)

↓最近はこういうモノを…
06-02-2021 morning (5)

以前にも入手して愉しんだ経過が在るのだが、少しばかり御無沙汰していて、暫く振りに入手した…

↓こういうような四合瓶に入っているが…本当に「何時の間にか?」という具合にドンドン盃が進んでしまう…
06-02-2021 morning (8)

酒粕を使っているので「清酒!」という芳香が漂うのだが…口にすれば明らかに強めな刺激の蒸留酒である…蒸留酒で在りながら、フルーティーな芳香が漂う、スッキリとした清酒のような味わいである。実に好い!

殊に寒い時季、こういうモノは過ぎる程に素敵だ…

焼酎 お酒 単式蒸留酒粕焼酎720ml バレンタイン ギフト 2020 ホワイトデー 年末年始 誕生日プレゼント お酒 全国新酒鑑評会金賞受賞 おつまみ 父の日プレゼント 父の日ギフト あさ開



稚内港北防波堤ドーム…(2021.02.11)

「穏やか…」と思った、氷点下5℃より多分少し上の気温という早朝、「極々短い散策」に出てみた…

↓「今季は雪がやや多い…」という感の光景を眺めた…
11-02-2021 early morning (33)

↓微妙な明るさの空模様だ…
11-02-2021 early morning (28)

↓屋蓋の下にも、存外に雪が多く吹き込んでしまっている…
11-02-2021 early morning (31)

或いはこういう感じが「酷く時季らしい…」と思える場合も在る…

排雪作業…(2021.02.11)

「祝日」の前日夕刻には「明日は休ませて頂きます!!よろしく!!」と言い放ちながらオフィスを離れる…そうやって、静かに祝日の朝を迎えてみれば、とりあえず降雪から免れ、何となく穏やかな氷点下5℃を上回っているらしい、風が弱い状況だった…

「好天に誘われて」ということでもなく、本当に何となく「極々短い散策…」と称して早朝の戸外に出てみた…

↓北門神社の鳥居辺りから海側へ延びる道路…道の端に寄せた多量の雪の脇にロータリー車が待機中であった…
11-02-2021 early morning (3)

↓そこに順次ダンプカーが現れる…現れたダンプカーに荷台に、ロータリー車が掻き揚げた雪が順次積まれる…
11-02-2021 early morning (6)

↓雪は「トン単位」でダンプカーに積まれて、捨てることになっている場所へ運び出される…
11-02-2021 early morning (9)

↓概ね満載になった辺りで、ダンプカーは出発してしまう…
11-02-2021 early morning (10)

↓そして列を成して待機していた次のダンプカーが現れる…
11-02-2021 early morning (12)

↓こういう具合にして、溜った雪をドンドン運び出すのが排雪作業である…
11-02-2021 early morning (17)

↓作業は少しずつ進む…ダンプカーが途切れて、ロータリー車が待機という状態を繰り返しながら、集まった雪は順次運び出されるのだ…
11-02-2021 early morning (34)

暗い早朝から、こうした作業に勤しむ関係者の皆様に深謝である…通り掛かって様子を写真に収めてみたが、なかなかに迫力が在る様子だ…こういうのにも出会えるので、早朝に「極々短い散策」と称して戸外に出てみるようなことが止められない…

鳥居…:早朝の北門神社(2021.02.10)

「天候が好い」というのか?とりあえず「降雪は無い…」という朝を迎えた…

↓何となく「落ち着いている…」というように視える…
10-02-2021 morning

氷点下5℃を挟むような気温帯の早朝であった…

休日の昼頃…(2021.02.07)

日曜日の昼というような頃に、少し青空が覗くような天候であると、多少の低温を気に懸けずに「敢えて多少の回り道」を辞さずに歩く場合が在る。或る種の「散策」という気分だ…

↓フォークリフトで荷物を動かす場面で使用するパレットが堆く積み上がっている…多少降った雪も被っている…
07-02-2021 (15)
↑何か「現代美術の作品?」というような、不思議な存在感に眼を奪われて足を停めた…

↓漁業協同組合の市場が在る辺りだ。漁の忙しい時季には曜日に関係無く活動しているようだが、この日は「休日の日曜日」という按配で、閑散としていた…
07-02-2021 (7)

↓人間は休日だが…カラスは「平素の活動」に勤しんでいるようだった。最近、カラスが港の海が近い辺りでも少々幅を利かせているように視える場合が在る…
07-02-2021 (8)

↓「漁が休み」だからか、「市場が休み」だからか、繋留濠に船は視えず、流れるでもない水の表面が低温で凍っている…
07-02-2021 (5)

何となく、こういう様子も悪くないと思いながら歩いた…

雪交じりな早朝…(2021.02.09)

↓「またか…」という言葉が洩れながら眺める早朝の様子だ…雪交じりだ…
09-02-2021 morning
↑画の右手前側の空地に、方向転換でもしようとしたらしい車輛が雪面に残した轍が視える…

辺りでは冬季の降雪や積雪が特殊な訳でもないのだが…このところは時間の長さや量の過多やその性質が様々ではあるものの、「殆ど毎日のように雪交じりな場面が在る?」というように感じる…

愛用の<X100F>は、こういうような辺りの様子を確りと仔細に記録してくれる感だ…

午後7時頃…(2021.02.07)

日曜日の夕刻、少しばかり出て、「一応の夕食…」という感で串カツを愉しんだのだった…

「一寸、面白かった…」と引揚げて、拙宅の側へ歩んだが…

↓午後7時頃の様子だ…商店街である…
07-02-2021 (28)
↑思わず足を停め、持っていたカメラを取り出したのは「深夜のような風情?」と思ったからだ…

午後7時?この辺りの商店は粗方営業を終える…そして店舗営業の無い閉まったままの建物や、旧い建物が解体されてしまった箇所も在って、商店で埋まっているのでもない場所だ…

画の奥側は少し照明が明るいような感じに視えたのが、少し面白いとも思ったが…自身以外の通行人を視ないのも“特別”ではない…これが「リアルな近隣の様子」である…

公衆電話ボックス…:積雪…(2021.02.07)

青空が覗いた日曜日の日中、辺りを歩き廻っていた…

↓公衆電話ボックスを眼に留めた…
07-02-2021 (10)

↓道路部分は今季の量がやや多目にも視える雪を片付けた様子なのだが…公衆電話の辺り…雪が残ってしまっている…
07-02-2021 (13)
↑と言うより、この公衆電話ボックスに入ることが、少々難しいかもしれない…が?敢えてこの場所で公衆電話を使おうとする方も見受けられないのか?

何やら、酷く不思議なモノを視たような気がしてしまった…

<波止場横丁>…(2021.02.07)

↓「一寸“昔風”…」というような設えは、暗くなった時間帯になると、妙に映えるような気がする…
07-02-2021 (21)
↑2007年に登場した施設の一隅である…

↓所謂「屋台村」というようなことになっている。名付けて<波止場横丁>…稚内港の繋留濠、第一副港を望むような辺りに在る。
07-02-2021 (20)

現在、鉄板焼き、立ち呑み、串カツと3店舗が営業中だ…

バウムクーヘンの串カツ…(2021.02.07)

近くに「串カツの店が在る」ということに話題が及んだ。「そう言えばその店…寄ってみたことが…」と記憶に残った。

実は…串カツというモノがなかなかに好みである。肉類、魚介類、野菜等を串刺しして、衣に包んで揚げるという代物だが…意外に美味く愉しいのだ…

立寄ってみたその稚内の串カツの店だが…

↓何本か頂いた中、最後に登場したのがこれだった…
07-02-2021 (26)
↑角型のモノを串刺しで、衣に包んで揚げているのだが…店主氏が「お好みでどうぞ…」と<メイプルシロップ>を出してくれる?

↓その<メイプルシロップ>を串カツに点けてみる…
07-02-2021 (27)
↑実はこれ…「バウムクーヘン」なのだ!菓子の「バウムクーヘン」である…

菓子のバウムクーヘンを切って串に刺し、衣で包んで他の様々なモノと同じような要領で揚げる…そして現れるのが写真に在るモノだ。

何か「パンケーキ?ドーナツ?」というような味わいで、バウムクーヘンとは違う…外殻がサクッとして、内側がフワッとしているというような按配だ…

自身の中では「新たに“お気に入り”に加えられた」という感だ…

凍る…(2021.02.07)

多少の陽射しで、風が微弱な日中…風が微弱なので「寒さがキツい…」という感こそ淡いのだが、気温は余り上がらず、氷点下5℃を割り込んでいたかもしれない…

↓稚内港の繋留濠だ…幾重かに防波堤に囲まれた水域で、水が動かない…気温が下ると表面が凍ったようになる場所だが…低温傾向が続くので、存外に「確り凍っている…」というような感じだ…
07-02-2021 (14)
↑更に、凍った箇所の上に多少雪が降り積もるようなことも何度か繰り返されているかもしれない…

この程度の氷であれば?少し大きめな船は特段に問題無く航行するようではある…

全く「時季ならでは…」な様子だ…

<CocaCola>…(2021.02.07)

少し歩き廻った日曜日の日中…

↓こういうモノを眼に留めた…時々街で見掛ける車輛だ…
07-02-2021 (3)
↑トラックの荷物を積み込む部分に描かれた、余りにも有名な清涼飲料水の画が酷く目立つ…

この車輛?方々に据えられた自販機に、販売している飲料を補充するような役目で動き回っていると見受けられるトラックだ…

少し目立っているが、描かれている画が何となく好い…

屋根の上…(2021.02.07)

青空が見えていた日曜日の日中…

↓戸外に出て眼に留めた…
07-02-2021 (1)
↑質的な変化を繰り返しながら屋根に雪が積もり、時に積もった雪が強風に晒され、建物内で暖房を使っている関係上、一部に氷柱も形成される…

こんなに「大袈裟?」な感じに屋根の上に雪が載っている様子…少し御無沙汰だったような気もする…

稚内港北防波堤ドーム…(2021.02.06)

一つ判った…午前6時半になると、稚内港北防波堤ドームの灯りは消える…この時季の感じだが、今朝は偶々その“消灯”の辺りに戸外で近くに在ったのだ…

↓辺りで雪が堆くなっていたが、稚内港北防波堤ドーム自体に何やら雪が随分と付着している感だった…
06-02-2021 morning (9)

↓今朝はこの「形状がよく判る…」という角度の見映えが好かった…
06-02-2021 morning (11)

何となく…厳冬期という雰囲気が色濃くなっている…

サラダ…パスタ…唐揚げ…:雪の日に…(2021.02.01)

雪の日に…

↓御近所の御店へ夕食を摂りに出てみれば、こういうような看板が迎えてくれた…
01-02-2021 in evening (3)
↑目を凝らせば内容は読むことが出来るが…とりあえず「雪を被ったモノ…」という程度にしか見えない…

それはそれとして、店内には普通にメニュー表も在って、気に入ったモノを御願いすることが出来る…

↓最初はサラダを…
01-02-2021 in evening (4)

↓続いてパスタは<ボンゴーレ・ビアンコ>を…
01-02-2021 in evening (7)

↓そして唐揚げ…
01-02-2021 in evening (9)

こういうような「気に入っていて頻繁に頂く感じ…」な夕食が好い…特段にメニュー表を視るでもなく、「アレが…アレでは判らん!その…」という調子で適宜お願いするというような感じが、非常に好い…“コース”でもないのだが、概ね画を掲出した順に頂くのが定番化している…

↓「夜は大概?」という程度の頻度で寄る御近所…雪の夕べにも開いているのは嬉しい…
01-02-2021 in evening (2)