<急行 花たび そうや>…(2022.06.05)

「土曜日=旭川・稚内」で「日曜日=稚内・旭川」という臨時急行列車が4週に亘って運行された。その予定期間の最後となる列車が稚内駅から出発するということで様子を視に足を運んでみた。

↓乗客が待つ稚内駅を目掛けて列車は現れた…
05-06-2022 XPro2 (14)

↓キハ40が3輛連結という列車だが、最近では珍しいと思われる。
05-06-2022 XPro2 (16)

↓停車位置に着いた。
05-06-2022 XPro2 (19)

↓少し変わった位置からも眺めてみた。
05-06-2022 X100F (2)

↓乗車も始まった。
05-06-2022 XPro2 (23)

↓入場券を求めて列車の近くで眺めてみることにした。
05-06-2022 X100F (5)

↓ホーム上で歩を進めてみた。
05-06-2022 X100F (6)

↓こういうサイドボードも好きだ。
05-06-2022 X100F (7)

↓こちらが先頭で旭川駅へ向かうことになる。
05-06-2022 X100F (8)

こういう臨時列車…とりあえず人気は高い。予定が巧く組めるのであればということにはなろうが、機会が在れば乗車したいものだ…

не курить=No smoking=禁煙…(2022.06.04)

↓こういう様子が眼に留まった…
04-06-2022 X100F (19)
↑公衆電話ボックス内での喫煙を御遠慮願うという趣旨だ…

↓こういう具合で、国道沿いの広めな歩道に据えられた公衆電話ボックスだ。
04-06-2022 X100F (18)

嘗て上陸船員が多かった時代、1990年代から2000年代の初頭、彼らが盛んに買出しをしていた店が近くに在るという場所の公衆電話ボックスだ。このボックスで、咥え煙草で電話を架けているというような外国人船員も見受けられたようだ。そこで「не курить」(ニェ クリーチ)というのも在る訳だ。

何やら「辺りの経過」を感じさせる掲示だ。

路上の花びら…(2022.06.04)

↓何気なく目線を落とすと、眼の先が鮮やかだった…
04-06-2022 X100F (9)

↓近くの木で咲いていた花が散り落ちたということのようだ…
04-06-2022 X100F (10)

植物の様子は季節の移ろいを示唆しているが、何時までも寒い…

第一副港…:稚内港(2022.06.04)

散策が心地好い感とも言い悪い状態と思ったのだが…それはそれとして、風に抗いながら少し歩いた。

↓機船底曳の船が停まっている辺りの鳥…風に抗うのか、風に流されているのかという感じで上空を舞っていた…
04-06-2022 X100F (6)

↓強めな風で、海水面が揺らいでいるようにも見える感だった…
04-06-2022 X100F (7)

朝に…(2022.06.04)

晩秋や初冬に好むような服装、長袖シャツの上に「ウルトラライトダウン」を着て、裏地が無い上着を風雨除けに引っ掛ける。「6月4日」の朝にそんな出で立ちで戸外へ出るというようなことは想定していなかった。

↓こういう具合…7℃の気温で、秒速7mの風…何やら寒々しい筈だ…
04-06-2022 X100F (2)

↓風の強弱は少々変わるにしても、曇天で時々「小雨が交じった?」という様子で寒々しい感じが続いた…
04-06-2022 X100F (3)

こういう様子だが、最近は他地域から当地を訪れる人達も些か見受けられる機会が増えたようだ。

朝に…(2022.06.03)

「一寸、その辺を歩いて…」というようなことを思いながら戸外に出た…

↓何やら「冷たい風が“刺さる”ような…」という気もした…少し長目に歩くことが憚られ、バスに乗って移動しようと直ぐに思った…
03-06-2022 X100F (1)

↓冷たい風がやや強い…そのために「1℃や0℃というような次元?!」と“体感”の差は少ない…「12月に訪ねた西日本各地」よりも寒い感じさえ否定し悪かった…
03-06-2022 X100F (2)

何やら「何時までも寒い…」という気もする…

フォークリフト…(2022.06.02)

歩き廻っていて、何となく通り掛かったのは運送会社が荷物の積み下ろし等に利用している辺りであったらしい…

↓こういうような具合の「働く車輛」を何となく眺めるのも好きだ…
02-06-2022 X100F (3)

色々と運送を担う活動が盛んに行われていて、稚内辺りのモノが方々に送り出され、逆に方々のモノが入って来るという訳だ…

この場所は多くのトラックで賑わっている場面も視掛ける場所だが、この時はトラックは少な目で静かだった…

牛丼ランチ…(2022.06.02)

↓牛丼の上に生卵を載せて、適当に混ぜて頂くというようなこと…何やら「ささやかな贅沢」という感が…古くはそういうことを随分やったものだったが…思い付きで久し振りに…
02-06-2022 X100F (22)

↓「11時から14時」という時間帯指定で、ランチセットと称して、こういう組合せが一寸安価で愉しむことが出来ると知り、試してみた。
02-06-2022 X100F (20)
↑牛丼そのものは、米飯は多めでもない他方で具が多いという、一寸気に入った「中盛」にしてみた。

こんなモノを何となく愉しむ昼食の時間帯…最近?「日々の御愉しみは“昼食”か?」というような気はしないでもない。そう言ってしまうと、最近ということに限定でもなく、ずうっと前からそうなのかもしれないが…

朝に…(2022.06.02)

↓辺りを歩き始めた段でカメラを提げていれば、ここで一寸写真を撮ってしまう…
02-06-2022 X100F (1)

↓「雨が交じる??」という雰囲気さえ漂う曇天で、少し冷たい風が感じられる…気温は10℃に届かない様子…
02-06-2022 X100F (2)

着実に動いているような、全然動いていないような季節を想いながら、辺りを歩き廻る…

キハ261系ディーゼルカー…加えて?(2022.06.01)

↓北上中の特急列車が姿を見せた…
01-06-2022 XPro2 (17)

↓少し先の南稚内駅、更に稚内駅を目指してこの最初期型のキハ261系ディーゼルカーは進んでいる。
01-06-2022 XPro2 (18)

↓何となく見送った…
01-06-2022 XPro2 (19)

それにしても、辺りの植物は生育しているのだが、肌寒いような感じは相変わらずだ…

↓見送った車輛が折り返し運転で、札幌駅を目指して南下を始めている…
01-06-2022 XPro2 (20)

↓画の右端の奥辺りに在る踏切を通り過ぎ、何やら列車の速度が上がるような気がするのがこの辺りだ…
01-06-2022 XPro2 (21)

↓列車は南下を続ける訳だが…線路わきの藪に?
01-06-2022 XPro2 (22)

↓エゾシカが居た…
01-06-2022 XPro2 (23)
↑「野生動物が多く出没する区間」という訳だ…とりあえず、撮影場所は南稚内駅の少し南の住宅街のような場所なのだが…

こういう感じで、毎日列車は行き交っているのだ…

カキフライ…(2022.05.31)

↓こういうモノは好きだ!
31-05-2022 X100F (18)

↓こんな具合に供される、カキフライのランチだ…
31-05-2022 X100F (16)

4月以降、立寄る機会が増えた御店では、概ね1週間や10日間というような期間毎に「おすすめ」と号するランチメニューを設定し、色々なモノを供している。今般、それの1つでカキフライだ…

衣を塗して揚げた良質なカキに、タルタルソースやソースを点けて頂くようになっている。これは酷く好かった!!

納豆定食…(2022.05.31)

朝…不意に「“らしい”感じの朝食でも頂いてみようか…」と思い付いた…

↓納豆!?何か、朝食に頂いてみるというのが、酷く久し振りであるような気がした。
31-05-2022 X100F (6)

↓こういう具合に「定食」という型で供される…
31-05-2022 X100F (5)

↓調味料類を加えて納豆を準備…
31-05-2022 X100F (7)

↓ネギや玉子も加えてみる…
31-05-2022 X100F (8)

↓存外に好かった…
31-05-2022 X100F (9)

↓少々寒かった朝…納豆定食を頂いて、何となく温まった店だ…
31-05-2022 X100F (4)

時にはこういうのも悪くない…

第一副港…:稚内港(2022.05.31)

気温が余り上がらず、冷たい風がやや強いと感じられる朝…それでも何となく歩いた…

↓繋留濠にタグボートが停泊している、少し気に入っている眺めである…
31-05-2022 X100F (3)
↑背後の天に拡がる雲の感じが、一寸独特だった…

5月最後の朝の寒々しい感じ…しつこく続く…

朝に…(2022.05.31)

↓5月31日の朝だ…
31-05-2022 X100F (1)
↑気温が余り上がっていないと同時に、冷たい風がやや強く、酷く寒く感じる…

↓何となく歩いたが…ややキツい状態を否定出来なかった…
31-05-2022 X100F (2)

色々と想い起したが…「昨年12月に西日本各地を巡ってみた時よりも、“5月31日”の当地の方が寒くないか??」と思っていた。場所によっては、今日は「暖房」を使用していた…確り記事に記録しておきたい気分だ。

ビーフカレー…(2022.05.30)

↓休業日の昼食はこれにした…
30-05-2022 X100F (5)

↓御近所の御店で、長く気に入っているビーフカレーをゆったりと頂いた…
30-05-2022 X100F (4)
↑結局「カレーライス」というようなモノが凄く好きな訳だ…

↓休業日なので、こういうモノも頂きながら、読書に興じる時間も設けていた…
30-05-2022 X100F (2)

こういうような時間の過ごし方が好い…

第一副港…:稚内港(2022.05.28)

最近は「一寸気が向いた…」と朝の時間帯に少し歩き廻ってみる機会が増えたように思う。或いは「敢えて機会を設けている」という側面が在ることも否定しない。

↓稚内港の繋留濠ということになる第一副港の辺りは、歩き廻るには好適かも知れないと勝手に思っている。
28-05-2022  X100F  (3)
↑岸の水溜りに停泊中の船が映り込んでいる。船は、恐らくは船舶向けなのだと思うが、燃料を輸送するためのモノと見受けられる。

↓この日は機船底曳の船が少し多く停泊していた。そして静かな海水面に船が映り込んでいる。
28-05-2022  X100F  (6)

↓タグボートの姿も見える。何時の間にか登場以来の年月が長くなった感の船だが、なかなかに画になる船だと思う。
28-05-2022  X100F  (7)

こういう様子をゆったり眺めながら歩き廻るような日常が好い…

<急行 花たび そうや>…(2022.05.29)

「土曜日=旭川・稚内」で「日曜日=稚内・旭川」という臨時急行列車が運行中である…

↓稚内駅を出ようとしている様子を見送ろうと駅まで足を運んでみた…
29-05-2022 morning.. (1)

↓一寸、ホームにも入り込んでみた…
29-05-2022 morning.. (3)

↓キハ40の「3輛連結」というモノ自体が、些か珍しい…
29-05-2022 morning.. (4)

↓時にはこういう列車も好い…
29-05-2022 morning.. (5)

↓旭川を目指して静かに動き始めた…
29-05-2022 morning.. (6)

↓今般は入場券を入手して、稚内駅のホームに足を踏み入れた…
29-05-2022 morning.. (7)

時にはこういうのも好い…

フォークリフト…(2022.05.27)

フラフラという按配で朝の街を歩いた…

↓道路を渡って、眼前の様子に一寸足を停めた…
27-05-2022 X100F (9)
以前にも気付いていた場所ながら、何やら非常に多数のフォークリフトが在る様子は、少し面白く視える…

こういうような「一寸した…」に気付いて、着目してみるというようなことが、酷く愉しい場合が在ると思う。そしてそういうことを少し大切にしたい。

第一副港…:稚内港(2022.05.27)

朝、繋留濠というようになっている第一副港の辺りを歩き廻った。「廻る」という程でもなく、「通り抜ける」とでも表現する方が精確かもしれない。

この第一副港は機船底曳の船が利用しているのだが、通り掛かった時には多くが出払っていた。

↓と思っていれば、この船が戻って接岸したという様子が見受けられた…
27-05-2022 X100F (3)

↓船の到着を歓迎するかのように鳥達が何となく集まって来た…
27-05-2022 X100F (5)

↓翼を休める鳥達は「指定席?」とでもいうように、存外に整然と各々の場所を占める様子で、時々視ると面白い…
27-05-2022 X100F (6)

機船底曳の船の辺りから少し歩を進めた。

↓濠のようになっている箇所の奥側で、海面は穏やかである場合が多い場所だが、この時は一際穏やかで、いろいろなモノが海水面に映り込んで面白かった。
27-05-2022 X100F (7)

↓燃料輸送の船と見受けられるが、さり気ない停泊の様子が美しく見えた…
27-05-2022 X100F (8)

第一副港の辺りも、少し陽射しが心地好いような、風が穏やかな時に歩き廻ると、存外に愉しい…

「←稚内合同庁舎」…(2022.05.27)

朝、街を歩きながら何気なく目線を上げると看板が眼に留まった。

↓こういう看板だ…国道の脇に在る。
27-05-2022 X100F (10)
↑歩いていて、足を停めて見上げる分には内容を読んで解することが出来る。が、車輛で走行しながらというような状況下であれば「←稚内合同庁舎」という文字以外は解り悪いのではないだろうか?

少し前に京都市内で複数の国の機関が出先機関を入居させている庁舎ビルに出くわしたことが在った。あの<京都第2地方合同庁舎>は、「街中のさり気ないビル」という様相で、2階から5階に「1つのフロアーに1つの機関」というような感じになっていた。

その京都市内の庁舎ビルの「さり気なさ」に些か驚いたのは、上記写真の「←稚内合同庁舎」のイメージが在ったからだ。「←」の先に在る合同庁舎は、5階建か6階建であったとは記憶するが「周囲で一際大きい建物」でかなり目立ち、大きな建物の前にそれなりに広い駐車場も設けられている。そして広いフロアーを占める大き目な機関も在るが、フロアーの一部を利用する小規模な事務所の機関も在る。

この「←稚内合同庁舎」の看板を視ると、文字情報を詰め込み過ぎて、何やら解り悪いと思ってしまう。この種のモノは或る程度「決まった大きさ」にする必要が在るので、文字数が多くなれば、文字が小さくなる。

更に「税関支署」に関しては、ロシア語が入っている。近年はかなり少ないが、もっとロシア関連の貨物船等が多く出入りしていた時期に設置された看板なのであろう。が、ロシア語による税関という看板を必要とするような船舶関係者等が庁舎に向かうとすれば?船が着く埠頭は、この看板が据えられている辺りと真逆の方に在る訳で、ここの看板に「無理に押し込める」かのようにロシア語を入れる必然性が高いようにも思えない。こういうのを視る都度、「何のため?誰のため?」という程度に思わざるを得ない。

最近は、こういうような看板にロシア語の文字が入っていることに関して、何やら批判がましいことを口にする方も多いらしいが、その実用性を論じる趣旨の話しは耳にしたことが無い。

それはそれとして、「車両で走行中に視ることが念頭に在ると見受けられる」という看板で、「歩いていて立ち止まるのでもなければ、文字が読めない??」というように見えるモノは存外に多いかもしれない。

ハニートースト<あけぼのチョコバナナ>…(2022.05.25)

↓時々御願いしてみれば、ヴォリューム多さに圧倒される場合も在る…
25-05-2022 X100F (10)

↓蜂蜜を塗った分厚いパンに、「チョコバナナ」を基調に様々な具材が載っている…
25-05-2022 X100F (9)

本当に「顧みるでもない…」という代物だが、こうやって「偶々…」気付いて頂いてみると、酷く美味い…

折紙…(2022.05.25)

昼…何気なく文具関係を扱う御近所の御店に立ち寄ってみた…

↓こういうモノを見付けて、半ば衝動的に求めてしまった…
25-05-2022 X100F (11)
↑「欲しい色」だけの折紙が在って、それを求めることが出来るようになっていた…

今般、「き」と「そら」という色の2色を用意した…

↓その辺に飾って平和を祈念しようということにした…
25-05-2022 X100F (12)

時にはこういうような営為も悪くはないと思う…

夕べに…(2022.05.25)

↓本当に「フラフラと…」という具合に、御近所の馴染んだ御店に足を運ぶ…夕べの慣例だ…
25-05-2022 X100F (13)

↓とりあえずしめ鯖をゆっくりと摘まむ…
25-05-2022 X100F (15)

↓つみれも頂く…
25-05-2022 X100F (17)

↓椎茸の串焼き…
25-05-2022 X100F (19)

↓ホタテも串焼きというような辺りを一寸愉しむ…
25-05-2022 X100F (22)

↓やがて枝豆を摘まむ…
25-05-2022 X100F (24)

何か「馴染んだ御近所の御店での、何となくゆったりと過ごす平日の夕べ…」という雰囲気が色濃いような気がした一時だった…

こんな按配が堪えられない…

早朝に…(2022.05.26)

↓早朝の稚内では、然程珍しいとも言えない眺めだと思う…
26-05-2022 early morning (12)

↓海辺で草を食むエゾシカの一団だ…
26-05-2022 early morning (13)

↓「珍しいのでもない…」と思いながら、カメラを提げて出ている中、何となく写真に収めておきたいような光景ではある…
26-05-2022 early morning (14)

抜海駅…(2022.05.07)

稚内駅で普通列車に乗込み、名寄駅を目指した…

ぼんやりと座席に身を沈めて車窓を眺めながら進む…

↓窓から視える抜海(ばっかい)の駅が何となく好い…
07-05-2022 X100F (21)

列車本数が非常に少ないので、ここで下車すると、少し経ってからの移動に一寸苦労する羽目になるのだが…

稚内港北防波堤ドーム…(2022.05.26)

早朝、明るさに誘われて「極々短い散策」と称して戸外へ出てみた…

↓穏やかな朝だった…
26-05-2022 early morning (2)

↓海鳥の動きが少々活発であった気もする…
26-05-2022 early morning (5)

↓光が必ずしも劇的でもないような具合に、微妙な雲の拡がりが見受けられる…
26-05-2022 early morning (9)

↓この時季らしい辺りから朝陽が上がろうとしている様子は判るが、やや低空の雲が多い感じだ…
26-05-2022 early morning (11)

↓雲の向こうに微かに上がる朝陽がにじむ感じだ…
26-05-2022 early morning (15)

こういう早朝の様子を望むのが、何やら酷く好い…