<阪神園芸>…:甲子園球場(2019.06.07)

屋外のスタジアムに野球の試合を観に…そういう計画が在る当日に、朝からやや強い雨が降るのは気持ちが曇るというものだ…

それでも甲子園球場を見学するツアーにも参加するので、雨の大阪を歩き回って、阪神なんば線と本線との列車を乗り継いで甲子園球場に乗り込んだ…

↓球場と資料館(<甲子園歴史館>)を愉しく見学した中でグランドの様子を見た…
07-06-2019 Koshien Stadium, Nishinomiya (35)
↑強めな雨という日には、グランドが傷まないように厚めのシートが被せられている…これは「何時でもこのようになっているのでもない」という意味では“貴重”な状態かもしれないと聞いた…

こういう様子だったが、観客の入場が始まるような時間帯になると「試合開催が決定!」と伝わった…球場周辺でゆっくりして、申し込んであったチケットを窓口で“現物”に引き換えて入場した…

↓試合開始に間に合わせるように、グランドの整備が行われていた…
07-06-2019 Koshien Stadium, Nishinomiya (37)

↓手際良く整備が進む様を見るのは興味深かった…
07-06-2019 Koshien Stadium, Nishinomiya (38)
↑甲子園球場のグランド整備は<阪神園芸>という会社が一手に引き受けていると聞く…永年に亘って職人気質の熱心なスタッフが様々なノウハウを積み重ねているようだ…

↓ラインを引く様子…「上手いものだ…」と酷く感心した…
07-06-2019 Koshien Stadium, Nishinomiya (39)

プロ野球は素晴らしいプレイを披露する選手達や、彼らを駆使して采配を振るう監督の手腕等「プロの技」を観る訳だが…その「プロの技」で選手達が躍動するグランドを護るのも…<阪神園芸>の皆さんが長く受け継ぐノウハウのような「プロの技」ということになる…

何か、思い付いて訪ねた甲子園球場が酷く尊く愛おしい存在に思えてしまう…
posted by Charlie at 06:14Comment(0)兵庫県

早稲田実業VS駒沢大苫小牧…:<甲子園歴史館>(2019.06.07)

甲子園球場高校野球…全国大会…「北海道のチーム」は、残念ながら必ずしも思うように勝ち進めないことが多い…1勝すると「よくやった!」で、2勝すれば「凄いぞ!!」ということになる…3勝もすれば「信じられない!?!?」というものだ…

そんな状況だったが、<駒沢大苫小牧>というチームは2年連続で優勝を果たして、3年目も決勝戦に進出した…初めて優勝してしまった時には「新聞の“号外”」と大騒ぎになったが…殆ど例を聞いたことがない「3連覇??」という時も何やら盛り上がったのを覚えている…

↓<駒沢大苫小牧>が3季連続で進んだ決勝戦…対戦したのは<早稲田実業>…
07-06-2019 Koshien Stadium, Nishinomiya (29)
↑<甲子園歴史館>では、語り継がれる高校野球の名勝負等に関する展示も充実している…

結局、<駒沢大苫小牧>の3連覇は<早稲田実業>に阻まれたのだったが…展示を観て、何やら盛り上がったことを思い出していた…

↓歴史館の公式サイトのリンクを挙げておく…
>>阪神甲子園球場 甲子園歴史館 THE MUSEUM OF HANSHIN KOSHIEN STADIUM

posted by Charlie at 23:47Comment(0)兵庫県

バース…掛布…岡田…:<甲子園歴史館>(2019.06.07)

野球場で…対戦中の両チームの各イニングの得点や出場選手が示される大きなスコアボード…最近では、プロ野球の試合で使うような球場では「コンピュータのモニターのとんでもなく大きなモノ」という按配で、得点や出場選手のような「普通に求められるスコアボードに掲出されるべき情報」が映るに留まらず、「御客様へのお願い」やコマーシャルや応援歌の歌詞や素晴らしいプレーのビデオや、動画も静止画像も、とにかく何でも映るモニターになっている…

しかし以前は、大きなスコアボードには職人さんが書いた選手名のボードを用意して、係員がそれを挿し込んで掲出するということが行われていた…

プロ野球の試合と高校野球の全国大会の試合が催される甲子園球場でも、選手名のボードを用意して、試合毎に係員がそれを使ってスコアボードに選手名を掲出していた訳だ…

↓そんなボードを利用したのは1980年代位までだったと思うが…1985年頃の<阪神タイガース>の選手名のボードだ…
07-06-2019 Koshien Stadium, Nishinomiya (33)
↑野球では「クリーンアップ」と呼ばれる場合もある3番、4番、5番の強打者達…1985年に「久々の優勝!!」ということで沸き上がった<阪神タイガース>…「クリーンアップの3連発ホームラン!!!」と大騒ぎになったことも在ったが、あの頃の3番打者のバース、4番打者の掛布、5番打者の岡田の名前が記された、甲子園球場のスコアボードに掲げられていたボードである…

開設から95年という歴史を誇る甲子園球場…なかなかに立派な資料館が球場内に設けられている。試合観戦とは無関係に入場も出来る…「甲子園球場…“史跡”という感さえ在る球場も見学して、試合も観戦出来れば…」と訪ねた訳だが、資料館である<甲子園歴史館>が催す見学会である<スタジアムツアー>に参加し、展示資料もゆっくり観たのだった…

↓1930年代から現在に至るも使われているという“虎”のマークが華々しいが、資料展示コーナーには<阪神タイガース>の歴史に纏わる様々な展示が在った…
07-06-2019 Koshien Stadium, Nishinomiya (32)
↑そういう中、球場の嘗てのスコアボードの状況を紹介すると同時に、<阪神タイガース>の歴史では多くの人に記憶されている1985年の先発選手達の名が記されたボードは「秀逸な展示!!」と思った。

この「バース…掛布…岡田…」のボードに出会える<甲子園歴史館>…なかなかに愉しい場所だ!!

↓歴史館の公式サイトのリンクを挙げておく…
>>阪神甲子園球場 甲子園歴史館 THE MUSEUM OF HANSHIN KOSHIEN STADIUM
posted by Charlie at 05:57Comment(0)兵庫県

<1254>:阪神・神戸三宮駅(2019.06.04)

広島から神戸へ移動し…「神戸に至るなら、関西の何処へなりと移動可能…」と思い…少し考えて奈良に宿を求めた…

↓「神戸から奈良」ということなら…この「阪神・近鉄の阪神なんば線経由の直通」という列車が好い…
04-06-2019 Kobe (9)
↑「阪神・近鉄の阪神なんば線経由の直通」が「10年」という記念の年で、その趣旨のラッピングが施された車輌だった…

この<1254>の1000系電車は、「阪神・近鉄の阪神なんば線経由の直通」という状況を踏まえて2007年から運用されるようになった車輌であるという…

↓阪神の神戸三宮駅では、両脇に通常の形のホームが在って、真中に「行き止まり式」のホームが在る…
04-06-2019 Kobe (10)
↑近鉄奈良駅へ向かう列車は、この「行き止まり式」のホームで発着しているようだ…

何となく気に入っている様子…少し時日を経て、何となく懐かしみながら写真を眺める…
posted by Charlie at 07:01Comment(0)兵庫県

新神戸駅に到着した列車…(2019.06.04)

何度か乗降したような気がするような…或いは初めてのような…そういう「微妙な感じ方」をしてしまう駅というものが在る…

神戸の新神戸駅がそれだ…地下鉄の駅は何度か利用している…新幹線の駅は?印象が曖昧だ…

↓広島駅で…改札を潜ってホームに出た時点で、スウッと現れた列車の自由席に…半ば飛び乗った…そして、然程の時間も要さずに、順調な運行で新神戸駅に列車は無事に到着した…
04-06-2019 Kobe (2)
↑「暗くなってからの時間帯」に、列車でこの駅を通り過ぎたような記憶が在って…「地下?」のような印象を勝手に抱いていたが…高架の上に列車が発着または通過する軌道が敷かれている…新神戸駅は殆どの列車が停車した筈だ…

この駅のホーム…少しカーブを描いている…東京へ向かう16輌編成の長い列車は、こういう場所に停まっていると美しく見えるような気がする…

この乗って来た列車に「ここまで運んでくれてありがとう!」と感謝を表しながら、「新大阪、京都、名古屋…」と走り続ける列車を静かに見送り…地下へ下りて、地下鉄で三宮駅へ向かった…JR西日本の新神戸駅は、新幹線の列車が発着するのみで、在来線と接続しているのでもない…類似例は沢山在るのかもしれないが、「在来線と接続が無い新幹線の駅」と言えば新神戸駅を思い浮かべる…
posted by Charlie at 18:22Comment(0)兵庫県

素戔嗚神社(すさのおじんじゃ):甲子園(2019.06.07)

↓色々な街に在る、然程規模が大きいでもない社という具合に見える場所だが…
07-06-2019 Koshien Stadium, Nishinomiya (5)

↓<阪神甲子園球場>の「真裏!!」に在る社だ…
07-06-2019 Koshien Stadium, Nishinomiya (8)
↑社殿の直ぐ後ろの辺りに、球場の大きな照明塔が聳え立っているのが見える…

↓素戔嗚神社(すさのおじんじゃ)と言う…
07-06-2019 Koshien Stadium, Nishinomiya (9)
↑水害も多かったという武庫川をヤマタノオロチに見立て、それを退治したスサノオノミコトに肖り、素戔嗚神社としたらしい…17世紀後半の、辺りの村の記録にも神社が現在地に在ったとされているという…なかなかに古くからの由緒を誇る社だ…

甲子園球場の大きな敷地の周囲の道路を、敷地を一回りするような具合に歩き、球場の裏側に相当するような辺りにこの社が在る…

こちらの宮司が、甲子園球場での祭事の際には登場するのだそうだが、場所柄、高校野球の出場チーム関係者やタイガースのファンが勝利祈願をする神社としても少し知られているようだ…

↓タイガースの監督を務めていた星野仙一揮毫というモニュメントも在る…
07-06-2019 Koshien Stadium, Nishinomiya (6)
↑敢えて写真に収めなかったが、タイガースや野球に関連が在る絵馬も見受けられた…

水害の多い川を鎮めて村の安全を祈願する場であった経過の社だというが…何か「甲子園の守り神」、或いは球場で試合をするチームが力を発揮出来るように見守っている存在というようになっているのかもしれない…この社に立寄り、永年見てみたかった甲子園球場に無事に至ったことに関して感謝の意を表したのだった…日中は雨天であったが、夕方には確りと試合が予定どおり開催されたのも“御利益”(?)と後から思っているが…

何となく…早くも「再訪希望!」という感じな場所である…
posted by Charlie at 14:11Comment(0)兵庫県

<8227>:阪神8000系電車:甲子園駅(2019.06.07)

甲子園球場を目指そうと…阪神の甲子園駅を目指した。阪神なんば線で尼崎へ出て、阪神本線の列車に乗れば、甲子園駅は直ぐだ…

↓甲子園駅で…乗って来た列車を何となく見送った…
07-06-2019 Koshien Station and the area (2)
↑1984年に初登場し、1995年までに増備されたという8000系電車である…主に急行や特急というような優等列車で運用される車輌で、6輌固定編成であるという…

↓阪神本線の優等列車…山陽電車と相互乗り入れしている…
07-06-2019 Koshien Station and the area (3)
↑出発する様子をぼんやりと見送った…

阪神の列車で、文字どおりに「阪神地区」を往来する…意外に好きである…
posted by Charlie at 06:41Comment(0)兵庫県

<ケンタのチキン勝つドン![甲子園限定]>(2019.06.07)

「朝から強めな雨」という状況の日に、屋外の野球場で開催される野球の試合を観戦する予定が在るというのは…何となく複雑な気分だが…夕刻までに「とりあえず試合開催可能」という状態になった!大きな安堵感が沸き上がった…

「球場自体を視たい」という想いも在って、甲子園球場で開催のプロ野球交流戦の「タイガースVSファイターズ」の入場券を求め、歴史が在る球場の様々なことを伝える資料館である<甲子園歴史館>が催す場内の見学ツアーの予約を入れて、阪神電車で甲子園球場を訪ねていた…

試合開始が決定したということで、とりあえず自身の席を確認してみたが、試合開始までに少々間が在ったので、客席への館内通路に色々と在った店で何かを頂こうと思い立った…

↓頂いたのはこういうモノだ…
07-06-2019 Koshien Stadium, Nishinomiya (43)
↑米飯にチキンカツと卵という弁当であるが…

↓買い求めるとこういう具合なのだ…
07-06-2019 Koshien Stadium, Nishinomiya (41)
↑スーパーやデパートの惣菜コーナーで時々見掛ける「○○丼」というようなモノを求めた場面の状況だ…

↓この弁当…この創業者をモデルにした人形で御馴染みな、フライドチキンの店である<KFC>が甲子園球場の中に出している店で売られている。
07-06-2019 Koshien Stadium, Nishinomiya (40)
↑場所柄…人形は甲子園球場を本拠地とするタイガースのユニフォーム姿だ…背番号は「1970」…これは日本で<KFC>のチェーンを営む会社が起こったのが1970年である事に因むのであろう。序ながら…このチェーンによる初めての店は、1970年の大阪万博の会場内でやっていた店であるらしい…

↓野球場という場所柄…弁当は売れ行きが良さそうだ…そういうことで、「甲子園限定」でこれを売っているのであろう…
07-06-2019 Koshien Stadium, Nishinomiya (42)
↑頂いてみれば…「骨が無いチキン」で、スパイシーな味付けがされているでもない、「アッサリしたチキンカツ」と卵を合わせて米飯に載せている。意外に美味い…

球場の客席では飲物を色々と売っているが…この<KFC>で、街の店でも売られているようなチキンを買い込み、客席で愉しんでいる方も見掛けた…そういうのも好いが…この「甲子園限定」と、「他所では無い!!」というモノを試すのも非常に面白い…
posted by Charlie at 17:54Comment(0)兵庫県

<北野工房のまち>(2019.04.04)

神戸の街中…三宮辺りから北野辺り…色々なモノが見受けられる…

↓こういうような方角を示す標識も色々と見受けられ、周辺案内図も掲出されているので、そういうモノを少しばかり頼りながらふらりと歩き廻るのが愉しい…
04-04-2019 Kobe (21)

↓こんな建物が在る…
04-04-2019 Kobe (28)
↑「学校?」という設えの建物である…

↓「神戸市立北野小学校」と入口に掲出されているが…小学校という風でもない出入口だ…
04-04-2019 Kobe (23)

↓これは、辺りの児童が減少して廃校ということになった小学校の校舎を利用し、地域の色々なテナントが入って買物や「○○体験」というようなことが出来る施設とした<北野工房のまち>である…
04-04-2019 Kobe (25)

↓館内を動き回れば…「なるほど…」という具合で校舎のような設えが見受けられる…
04-04-2019 Kobe (27)

↓学校の教室や、色々な部屋であった場所がショップのようになっているが…気に入ったのはここ!!
04-04-2019 Kobe (24)
↑<灘五郷酒造組合>のアンテナショップだった!西宮市から神戸市東部が「灘五郷」と呼ばれていた地域で、酒造業が盛んである。兵庫県内に幾つか在る酒造業の組合の一つが「灘」で活動する業者による<灘五郷酒造組合>ということになる…

このアンテナショップでは、定番から珍しいモノまで、灘で製造されている各種の清酒等が販売されている…少々試飲も出来ることから…色々と試して幾つか気に入ったモノを求め、稚内の拙宅に送った…

「好きなモノ」を求めて愉快であったということも在るが…「街中の古い施設を再利用」ということで、「一寸興味深い…」と思いながらこの施設を眺めた…
posted by Charlie at 08:10Comment(0)兵庫県

ポートライナー…(2019.04.05)

三宮から空港へ…神戸ではポートライナーを利用する…

今般…このポートライナーの進行方向がよく見える辺りの席に乗車した…

↓三宮から発車する辺り…
05-04-2019 Kobe (2)

↓出発後は「ビルの谷間を縫うように…」という具合に進む…
05-04-2019 Kobe (5)

↓次第に「港のエリア」に進む…
05-04-2019 Kobe (11)

↓橋を越えると“人工島”のエリアになって行く…
05-04-2019 Kobe (13)

↓そして空港に近付いて行く…
05-04-2019 Kobe (22)

↓20分前後で空港に到着する…
05-04-2019 Kobe (25)

こういう具合に…進行方向の様子がよく見える状況であると…乗車時間が短く感じられる…

ポートライナーの利用機会と言えば、神戸空港の利用機会と重なる感じだが…沿線にもゆっくりと立ち寄ってみたいものだ…
posted by Charlie at 05:46Comment(0)兵庫県

桜…:神戸・生田神社(2019.04.04)

神戸から西宮に出て…また神戸に戻って散策した…

↓阪神の神戸三宮駅から歩いて生田神社へ…境内に見事な桜が散見した…
04-04-2019 Kobe (16)
↑前日まで「少し低温…」という傾向だったが…よく晴れて少々温かくなった中だった…

↓こんな「輝くような!」という桜に出会えたのは嬉しかった…
04-04-2019 Kobe (17)

↓今般は何箇所かで感じが好い桜に出くわしたが…好い思い出になりそうだ…
04-04-2019 Kobe (18)
posted by Charlie at 19:14Comment(0)兵庫県

西宮神社(2019.04.04)

夙川公園を歩いていて、阪神の香櫨園駅に至った…何となく西宮駅を目指し、宿を取った神戸へ引揚げようと思い立った…道すがら、西宮神社が在った筈と思い出し、訪ねてみることとした…

西宮の道案内の図には「○○筋」というような、道路の呼称、愛称、通称のようなモノが記されている。この種のモノ…実際に辺りを歩く時には判り悪いという例も無くはないのだが…西宮は判り易い大き目な看板が掲出されている例が多かった。西宮神社…通称「えべっさん」(「恵比寿さん」が転訛したのであろう…)だが、<えべっさん筋>と案内図に在る呼称を大きく記した看板が、該当の道路に確り据えられていた…

その<えべっさん筋>を行くと、高速道路の傍の交通量が多めな通に行き当たった。その通の向こうが西宮神社であると判ったが…「何処から横断する?」という感だった…とりあえず大きな歩道橋を上がって下りるしか無いようだった…

↓歩道橋を下りる時点で、西宮神社の入口辺りの様子が少し視える…
04-04-2019 Nishinomiya, Hyogo pref (27)

↓なかなかに立派な門を潜って、塀で囲まれた境内の中へ…
04-04-2019 Nishinomiya, Hyogo pref (30)

↓拝殿や本殿が在る辺りへ続く道筋がこういう具合になっていた…
04-04-2019 Nishinomiya, Hyogo pref (33)

↓鮮やかな建物…拝殿だ…
04-04-2019 Nishinomiya, Hyogo pref (38)

↓拝殿の奥に、独特な三連式になっている本殿の建物が覗いている…
04-04-2019 Nishinomiya, Hyogo pref (44)

恵比寿様…商売や海運の守り神ということで、辺りの人達からの篤い信心の対象となって来た経過が在り、現在でも多くの人達に愛され、敬われ、親しまれている神社となっている…

朱塗りの建物が輝くように眩しい好天の中、西宮神社を訪ねることが叶って善かったと思う…

04-04-2019 Nishinomiya, Hyogo pref (42)
posted by Charlie at 18:57Comment(0)兵庫県

阪神 西宮駅(2019.04.04)

高架線の上に設けられた阪神の西宮駅…色々な列車が発着している…

↓最初に各駅停車が現れた…
04-04-2019 Nishinomiya, Hyogo pref (50)
↑停車しない駅が在る列車を下りた乗客が乗換えるということで、この各駅停車は少し長く停車している…

↓次に現れたのは、西宮で運行終了の急行列車だった…
04-04-2019 Nishinomiya, Hyogo pref (51)
↑乗客の乗降が終わると、慌ただしく去って行った…

↓やがて、山陽電鉄の軌道に乗り入れて姫路まで行く特急列車が現れた…
04-04-2019 Nishinomiya, Hyogo pref (55)
↑これに乗って神戸三宮へ向かった…

阪神のホームでは、列車が入線する際に「線路は続くよ♪」のメロディーが流れて案内放送となる…あの音が意外に好い…
posted by Charlie at 18:47Comment(0)兵庫県

<ハーバーランド>辺りの眺望…:神戸(2019.04.04)

翌日のフライトを控えて神戸に宿を求めたという経過だった…宿に入って一息入れたが…好天だったので「夕空が美しい?」と考えた…そして三ノ宮駅から神戸駅へ移動し、以前に視た風景が気に入っていた<ハーバーランド>の辺りへ向かってみた…

↓何か「神戸」とでも聞けば思い浮かべるような景色だと思った…
04-04-2019 Kobe (53)

↓少しだけ時間が経つと、“灯り”がやや目立つようになる…
04-04-2019 Kobe (56)
↑沿岸の構造物が灯りと共に静かな海面に映り込んでいる…

↓<ポートタワー>が在る<メリケンパーク>へ向かってみようと、少し歩いた…
04-04-2019 Kobe (65)

↓行き交う人達も存外に多かった…
04-04-2019 Kobe (66)

穏やかな日に…気が向くままにカメラを手に散策…こういうのが酷く好い…
posted by Charlie at 07:41Comment(0)兵庫県

夙川公園:西宮(2019.04.04)

「翌日に神戸空港へ向かい易い」ということで神戸の三宮に宿を取ることにして、とりあえず奈良から神戸へ移動し、嵩張る荷物を預けて身軽になった…

身軽になったところで、近在を散策しようと思い付いたが…向かうことにしたのは夙川公園だった…

夙川公園…正直、“夙川”という文字を初めて視た時には「しゅくがわ」と読めなかったのだが、“夙”は「朝早く」というような意味が在るらしい…

この夙川公園は、夙川の岸を整備した公園で、桜と松が多数植えられていて、桜の花が咲く時季には「兵庫県下、更に関西一円で少し知られた桜の名所」ということらしいのだ…神戸から向かうのであれば、JRの<さくら夙川>、阪神の<香櫨園>、阪急の<夙川>の各駅に向かって、桜が植えられた川辺を目指すと好いということだった…今般は<青春18きっぷ>を使っているので、とりあえずJRの<さくら夙川>を目指した。快速で<三ノ宮>から<芦屋>へ出て、そこで各駅停車に乗車すると直ぐだ…

<さくら夙川>…何か「比較的新しい?」と思わせる駅名だ…この駅は県道拡幅に関連して2001年に設置が計画され、2006年に呼称を正式決定し、2007年に開業した駅であるという。未だ「10年余りの歴史」という駅である…

駅を出てみれば…少し先に桜が咲いているのが見えて、「桜を観ながらランチのお弁当」という風情の人達等がそちらへ向かっている…

↓驚くような木が在るでもないが…見事に花を咲かせている木が多々在って、来訪者を迎えていた…
04-04-2019 Nishinomiya, Hyogo pref (1)

↓「平日の昼」で、混み合っていたのでもなかったが、前日までの「やや寒い…」という傾向から「温かい週末へ…」という雰囲気になっていた…
04-04-2019 Nishinomiya, Hyogo pref (8)

↓或いは少々遠く、或いは間近にと、咲いている花に親しむことが出来る感じの場所だが、とにかく「岸に花が咲いている木がずうっと点在し続けている…」という様子だ…
04-04-2019 Nishinomiya, Hyogo pref (15)

↓そのうちに…阪神の<香櫨園>の駅の辺りに出てしまった…
04-04-2019 Nishinomiya, Hyogo pref (21)
↑<香櫨園>の駅の辺りも桜が美しかった…

正直なところ…こういうような「桜が溢れる!」という風情には、私自身は「やや不慣れ?」だ…桜に縁が薄い中で過ごして来た年月が永いのだ…

この夙川公園はかなり名が通っているようだが、関西圏で動き回っていると「河原に桜並木」というような場所を比較的頻繁に視掛ける…桜が多くの人達に愛されているということなのだろう…

04-04-2019 Nishinomiya, Hyogo pref (26)
posted by Charlie at 17:24Comment(0)兵庫県

スカイマーク航空のB737-800:神戸空港(2019.04.05)

神戸空港で…やや早めに空港入りし、2階で搭乗手続の後に3階に上ってカフェに寄ろうとした…

↓エスカレーターを上がって、真正面に在る大きな硝子窓からの眺望…
05-04-2019 Kobe (27)
↑本当に真正面にスカイマーク航空のB737-800…

神戸空港に到着し、次の出発に備えていたのだと思う…そして…多分、この機体に乗せて頂いた…

飛行機は…1日に何回も、幾つかの区間を飛び回っている訳だ…
posted by Charlie at 05:06Comment(0)兵庫県

<神戸ムスリムモスク>と桜…(2019.04.04)

港町の神戸…古今東西の色々な要素を包み込みながら歩んで来たような一面が在ると思う…

1935年に設立されたということだが…神戸にはイスラム教徒の外国人貿易商達が起こしたという、イスラム教のモスクが在る…現在でも普通に活動を続けていて、神戸市内や近隣のイスラム教徒が普通に集まっている場所だ…

特段に、多数の来訪者が訪ねて見学をするような場所でもないので、「知られているような…それほど知られていないような…」という存在だと思う…が、細い通を通ると、かなり立派な建物が見えて少し驚く…

↓今般…通り掛るとこういう様子だった…
04-04-2019 Kobe (29)
↑尖塔の下に桜…満開だ!

↓真正面はこういう様子だ…
04-04-2019 Kobe (31)

この建物の写真を撮るなら…広角レンズが要ると思う…狭い通に面して、限られた敷地に背が高い建物という様相なのだ…

↓「桜とモスク」という状況…何となく面白いと思った…
04-04-2019 Kobe (33)
↑更に「日本国内に世界の色々な人達が在る現状」に想いが巡る光景だ…

04-04-2019 Kobe (34)
posted by Charlie at 23:47Comment(0)兵庫県

メリケンパークの<スターバックスコーヒー>(2019.04.04)

文字どおり「精力的に動いた」という期間が続き、“北”へ引揚げる前日となったが…「空港へ向かい易いように待機」と神戸の三宮に宿を求めた…

なかなかの好天に恵まれていたので、宿のモノを置いて一息入れた後、夕刻の港を眺めようと散策に出た…

愛用している<X-Pro2>を提げ、何となく動き回り、メリケンパークに至って<スターバックスコーヒー>を眼に留めた…

↓休日で人出が多い時間帯と異なり「公園の落ち着いたお洒落な設えの店」という趣きだった…
04-04-2019 Kobe (74)
↑照明が目立ち始めたナイトブルーな空の下、カフェの背後に<ポートタワー>も視える…

ふらりと店に入り…<アメリカーノ>という珈琲を求めた…ユジノサハリンスクでよく頂いていた、エスプレッソマシーンで淹れる珈琲を薄めるというモノだ。彼の地ではこの<アメリカーノ>が「普通の珈琲」という感じなのだ…

珈琲を御願いしていると、聴いてくれていた店員さんが「凄い…カメラをお持ちですね?」と私が提げていた<X-Pro2>を眼に留めて言う。「そうですか?」と応じながら、「公園の落ち着いたお洒落な設えの店」という趣きの、撮ったばかりの画を店員さんに見せた。「うゎ!綺麗!綺麗にお店を撮って頂いてありがとうございます!」と言われた…「画になる素敵なお店で…中のスタッフも感じが好い…」と応じ、頼んだ<アメリカーノ>を別な係の方から受け取った…

↓陶器のカップに注がれた珈琲の他方、何時の頃からかこういう紙カップの珈琲も眼に馴染むモノになって来た感だ…
04-04-2019 Kobe (78)

↓店の周りの案内図的なモノが作られて掲出されていた…本当に「公園の真ん中」の建物である…
04-04-2019 Kobe (76)
↑確か…このチェーン店であったか?「お薦め!」というようなモノのイラストを入れた、黒板風の看板を各店舗で用意する仕組みで、こういうのが得意であったり、練習しているな店員さんが在ると聞いたような気がしたが…手作り風で、一寸面白いと思った…

何となく…画が非常に気に入ったので、この写真を素早く整理したという次第だ…そして、カフェでの一寸したやり取りが何となく好かった…或いは「何となく好かった」の積み重ねが、日々の暮らしをより好いモノにしてくれるのかもしれない…「幸せは買えない…でも1杯の珈琲はお求め頂けます」という、「1敗の珈琲で少しばかりでも幸せな気分に」という含意と思われるコピーを掲出した、ユジノサハリンスクの珈琲を売っているスタンドを思い出した…
posted by Charlie at 09:11Comment(0)兵庫県

湊川神社の狛犬(2018.05.21)

↓湊川神社で視掛けた狛犬…「型が何となく好い…」と少し多めに写真に収めて在った…
Minatogawa Shrine,Kobe on 21-05-2018 (5)
↑何となくアルバムを見直して…「これ!好い!」と思った…

「少し前の写真」というようなモノ…単に「置いて在るだけ」な場合も多いが、「思い出しながら眺める」ということも多い…

>>MONO - 19-23 MAY 2018
posted by Charlie at 17:18Comment(0)兵庫県

<1110>:阪急・神戸三宮駅(2018.05.21)

「港を海上から眺める」という素敵な時間を過ごした神戸…「非常に好かった!」と昂揚した気分で、神戸港中突堤の周辺から阪急の神戸三宮駅に移動した…

↓大阪方面の列車を待っていた時、何となく停車していた別な列車を眺めた…
Kobe on 21-05-2018 (21)
↑これは2013年から運用されているという1000系電車だ…

阪急の車輛は、新旧色々なモノに関して入念にメンテナンスが施されていると見受けられ、大概は「ピカピカの電車!!」という感なのだが、この車輛は「未だ5年以内の本当に新しいモノ」なので一層ピカピカだ…

そして先頭車に<EXPO 2025>というヘッドマークが掲出されている。1970年の<大阪万博>から約半世紀を経て、「今一度!!」と万博誘致運動が展開されているというが、その関連であろう…

阪急の列車に関しては、「ピカピカの電車!!」という外観や、或る程度統一された落ち着いた車輛内装を視る都度に、運用している会社の関係者の皆さんや沿線の皆さんに「深く愛されている」というようなことを感じる。利用して神戸、大阪、京都と動き回るのが愉しい!
posted by Charlie at 04:18Comment(0)兵庫県

<1261>:阪神・西宮駅(2018.05.21)

早めな時間帯に桜川駅を発ち、尼崎駅で乗り換えて久寿川駅に寄り、今津灯台を視た後に西宮駅に至った…ここから停車駅が少ない優等列車に乗って神戸を目指そうとした…

↓通勤通学の人達が多くなって、やや混んだ感じになったホームに列車が現れた…
Nishinomiya Station (Hanshin) on 21-05-2018 (3)
↑左側に「快速急行」の表示…右側に「神戸三宮」と行先の表示…ステンレスの車体の新しい感じの車輛だ…

これは阪神の1000系電車だ…6輛編成のモノを阪神では13編成保有しているそうだが、その中の一つだ…神戸方向の先頭が<1261>である。この編成は2010年に登場したそうだ…

この型は、尼崎駅から大阪難波駅を結ぶ「阪神なんば線」が2009年に開通し、近鉄との相互乗り入れによって「神戸・大阪・奈良」が結ばれるようになった中、阪神では新しい車輛も用意して輸送体制の強化を図ったようだが、1000系電車はこの際に登場したモノであるという…

そして「快速急行」というモノである…

列車を利用した私としては、混んでいた列車が数駅の停車、最短時間で神戸三宮に着いたので、列車種別は何でも構わなかったのだが…「快速急行」という名称が少しだけ気になった…

「快速急行」とは…「“特急”と“急行”との中間」という感で、「“特急”より停車駅が多く、“急行”より停車駅が少ない」というモノらしい…関西方面の私鉄で時々見受けられるモノだ…

この1000系電車…神戸・大阪・奈良を結んで走っているのだが、或いは「阪神の代表的な車輛」という雰囲気が在るかもしれない…こんな車輛を利用して動き回る感じが、何となく愉しい…
posted by Charlie at 04:51Comment(0)兵庫県

<5706>:阪神・久寿川駅(2018.05.21)

西宮市内の久寿川駅で下車し、今津灯台を眺めた後、再び久寿川駅から西宮駅、更に神戸三宮駅へ向けて移動を開始した…

↓各駅停車のみが停車している久寿川駅であるが…真新しい車輛が登場した…
Kusukawa Station on 21-05-2018 (3)
↑車輛側面のステンレスの部分が光っているようにさえ見えた…

これは2015年8月から運行されているという、マダマダ真新しい感じの5700系電車であるということだ…

4輛編成が基本で、ステンレスの側面に対して、正面は普通の鋼であるのだという…古くからの車輛を順次これに置き換えるようだ…

こういうピカピカの車輛での移動も愉しい!
posted by Charlie at 18:06Comment(0)兵庫県

<D51 1072>:神戸(2018.05.21)

神戸市内…高速神戸駅に着いて、湊川神社に立ち寄った後、ハーバーランドの辺りを目指した。遊覧船に乗船してみたかったからなのだが…途中、元町の端辺りを通り抜ける…

↓こういうモノが置かれていた…
Kobe on 21-05-2018 (1)
↑D51!!日本国内では最も多く製造され、各地で活躍した経過が在る蒸気機関車だ…

このD51の1072号機は昭和19(1944)年に製造され、昭和50(1975)年まで運用されていたのだという…昭和53(1978)年に神戸市内に鉄道の歴史を伝えるモニュメントとして置かれるようになって、最近の辺りの整備で現在位置に据えられたようである…

↓除煙板の形状等が「北海道仕様?」という感である…長さが19mで重量が87トンというD51…なかなかに見栄えが好い…
Kobe on 21-05-2018 (4)

何か「歩道脇で唐突に蒸気機関車が現れる」という雰囲気で、然程注目されているようなモノでもないように見受けられた…が、この種の静態保存の蒸気機関車としては悪くない状態であるように見えた…

この辺りというのは、東海道本線と山陽本線とが繋がるような場所で、日本の鉄道の歴史でも重要な地区ということになるのかもしれない。そういう場所に、D51…好いことだと思う…
posted by Charlie at 03:08Comment(0)兵庫県

今津灯台(2018.05.21)

兵庫県の西宮市…阪神線の西宮駅の少し東側が今津である…その今津地区に久寿川駅が在る。各駅停車のみが停車している駅であるようだが…

↓久寿川駅から高速道路の高架を潜って海側へ進むと、こういうモノに出くわす…
Imazu, Nishinomiya on 21-05-2018 (3)
↑少し不思議な形をしている…

↓こんな具合に海辺に佇んでいるモノだ…
Imazu, Nishinomiya on 21-05-2018 (8)
↑これは…江戸時代の灯台である…そして現在でも航路標識として、海上保安庁に登録されているのだという…

酒造で知られる灘は、現在の西宮市から神戸市の沿岸部に広がる場所で、今津もその一部である。今津の海岸も、酒の輸送に携わる船や漁船が多く行き交っていた。そこで、現在でも今津に本拠地を構えている大関酒造の創業家の御先祖が「灯明台」と呼ばれた灯台を設置した経過が在るのだという…

現在の今津灯台…これは1858年のモノを再現した灯台であるのだという。近在には、上架された状態でトレジャーボートが多く見受けられたが…現在もこの今津灯台が航路標識としての、一定の役割を担っているということなのだ…

↓少し地味かもしれないが…酒造や海運という、辺りの産業の歴史を静かに伝えている、少し貴重な存在だ…
Imazu, Nishinomiya on 21-05-2018 (1)

大変な好天に恵まれた中でこれを視られて好かった…
posted by Charlie at 03:07Comment(0)兵庫県

<5012>:阪神・尼崎駅(2018.05.21)

大阪難波駅から尼崎駅を結ぶ阪神なんば線の列車を利用し、西宮・神戸方面へ出ようとした。滞在した宿が、大阪難波駅から直ぐの桜川駅の傍であったからだ…

地下に在る桜川駅で乗車し、何時の間にか地上に出た列車の窓から視える、尼崎駅へ向かう沿線には「何やら面白い由来が?」と思わせる駅名が並び、何となく味わいが在る風景が広がる…そして尼崎駅に着き、先を目指す…

↓待っていた列車はこういう感じだった…
Amagasaki Station on 21-05-2018 (3)
↑西宮市内の久寿川駅に向かいたかったので、待機していたこの各駅停車に乗車した…「何となく好い…」と、発車まで間が在ったので車輛を眺めていた…

<5012>という番号が視えるが…これは「5001形」と呼ばれる車輛であるという。「5001形」を名乗った車輛はこれ以前にも在ったということで、精確を期して「5001形(2代目)」と呼ぶ場合も在るらしい…「2代目」というのが、何か伝統芸能の担い手とか、老舗の代表者というようなモノを連想させて一寸面白い…

この「5001形(2代目)」は、1977年から1981年に配備された車輛で、「車内への冷房の設置」が推進されていた中で冷房を備えて登場したのだという…初登場から概ね40年を経て、近年の新しい車輛との入れ替えも進んでいるらしいが、何か「伝統的な電車」という風情で、見掛けると一寸愉しい感じもする…

阪神の鉄路は、停車駅を減らした優等列車が行き交う多方で、こういう感じの各駅停車が元気に走っている雰囲気だ…阪神の各駅では「線路は続くよ♪」のメロディーが流れて列車が入線し、乗降が在って発車するのだが、色々な車輛の列車に乗りながら阪神間を動き回るのはなかなかに愉しい…
posted by Charlie at 08:05Comment(0)兵庫県

湊川神社(2018.05.21)

阪神の列車で大阪側から神戸側へ…地下区間に入って、「ターミナル」な趣が在る三宮駅を過ぎると、神戸市内の区間は何やら「地下鉄?」という風情になる…そして高速神戸駅で下車…

↓地上に出ると、こういう立派な門…
Minatogawa Shrine,Kobe on 21-05-2018 (1)
↑<湊川神社>である…

↓「街の真ん中」のような立地だが、「神社らしい」ような空気感が漂う空間が拡がっていた…
Minatogawa Shrine,Kobe on 21-05-2018 (2)

↓然程人が多くない時間帯であったが、参拝する人達が途切れない感じの本殿を望んだ…
Minatogawa Shrine,Kobe on 21-05-2018 (3)

↓初夏を思わせる光線が眩しい感だった…
Minatogawa Shrine,Kobe on 21-05-2018 (6)

↓境内の一隅に徳川光圀公の像というモノが在る…
Minatogawa Shrine,Kobe on 21-05-2018 (9)
↑徳川光圀は、時代劇ドラマの『水戸黄門』の主人公のモデルとされている人物だ。(ドラマは実在した徳川光圀が「やっていないであろう…」ことばかりしているようだが…あれば全くのエンターテイメントである…)

湊川神社には楠木正成公が祀られている。楠木正成は後醍醐天皇の陣営で一貫して戦い続けた、鎌倉時代末期から南北朝時代の初め頃の武将である。一貫して天皇の陣営で戦い続けたということに関して、徳川光圀が賞賛している。或いは、楠木正成公が「敬意を払われるべき存在」となって行った過程で、徳川光圀公が大きな役目を担った側面が在るかもしれない。どうやら、そういう辺りを踏まえてこの境内に昭和の時代に建立されたようだ…

「神社の空気感」とでも言うようなモノ…何となく好きだ。久し振りに、その神社に立ち寄った感だった…
posted by Charlie at 07:37Comment(0)兵庫県

上空から望んだ神戸港(2018.05.22)

関西空港を離陸したB737-800は勢い良く高空に舞い上がり始めた…「或いは大阪市内が眼下に?」とも思ったが…

↓「あっ!?神戸…」と思った…
'NH1717' on 22-05-2018 (11)
↑画の中程の左寄り…西寄りに相当する辺りを、前日に遊覧船の<オーシャンプリンセス>で航行したのだった…真ん中の、画の左下隅方向の島が神戸空港で、連絡橋でポートアイランドと結ばれている…それらの左奥の海岸が中突堤の辺りだ…

神戸空港から発ったのでもないのだが…神戸空港がよく視えている…

↓眼下に神戸、或いは淡路島の一部が視えていた中、機体が傾いて大きく旋回し始めた…
'NH1717' on 22-05-2018 (15)
↑明石海峡大橋が小さく覗いている…

機首が北東側に向き、B737-800は滋賀県側から日本海岸に抜けながら北上し、目的地の北海道を目指した…

こうやって神戸港を上空からも視たことを思い出すと…何やら「また来てや!!」と神戸から挨拶されたかのような、不思議な気分になる…

神戸港中突堤:<神戸ベイクルーズ>=海から望む神戸(2018.05.22)

↓<オーシャンプリンセス>が出航した場所へ戻る少し前だ…
21-05-2018 at Port of Kobe vol01 (68)
↑こんな角度での見え方!!凄く気に入った!!

大変な好天に恵まれ、「海から望む神戸」を満喫した感だが…日に何度も運航される遊覧船だ…今度は少し様子が違う時間帯に乗船してみたい感だ…
posted by Charlie at 04:41Comment(0)兵庫県

神戸大橋:<神戸ベイクルーズ>=海から望む神戸(2018.05.22)

↓神戸の陸側の港と人工島の<ポートアイランド>とを結ぶ橋だ…
21-05-2018 at Port of Kobe vol01 (56)
↑好天時に海上を行く船の甲板上から眺めたのは初めてだが…これは美しい!!

このアーチ橋は“ダブルデッキ”(2階建て)の構造だという…全長も391m…なかなかの“大橋”である…
posted by Charlie at 04:39Comment(0)兵庫県

ポートアイランド:<神戸ベイクルーズ>=海から望む神戸(2018.05.22)

神戸港の人工島である<ポートアイランド>…港での輸送関係の他、デザインやファッションの企業や、医療関係の様々なモノや、大学や研究機関等も立地しているそうだ…

↓お洒落な建築で酷く目立っていたのだが…大学だそうだ…
21-05-2018 at Port of Kobe vol01 (46)

神戸に関しては、長く色々な取り組みを続けているが、1990年代後半以降は「震災後の復興」というようなことで、更にいろいろな取り組みの幅が拡がっている感だ…
posted by Charlie at 04:36Comment(0)兵庫県