すすきの駅(2017.04.16)

↓さっぽろ駅へ北上しようと、地下鉄を利用した…伝統の南北線…
Susukino Station on APR 16, 2017 (2)
↑近年は“ホーム扉”が定着して来た感じだ…登場して陽が浅かった頃には、何となく変な感じもしたが、最近は慣れてしまった…

「北海道庁旧本庁舎」(赤レンガ)(2017.04.16)

夕刻に待ち合わせをしようとして、場所を「例えば“赤レンガ”の正門の辺りに…」と持ち出すと、「そうしましょう!」とスッキリと話しが纏まった。

そういう次第で、多少のゆとりを持って現場に辿り着き、「観光客 その1」というような風体で、“赤レンガ”を眺めてみた…

↓道路に面した正門の辺りから、門柱の脇から覗いた感じ…クラシックなデザインの街灯との組合せが非常に好い…
Former Hokkaido Local Gov. Building on APR 16, 2017 (12)

この建物は1881(明治21)年に竣工したそうだ。正面中央の“八角塔”が撤去されてしまったり、火災と火災からの復旧工事等も在った。1968(昭和43)年、前年にこの場所が「開拓使札幌本庁本庁舎跡および旧北海道庁本庁舎」として国の史跡に指定され、更に“明治100年”で“北海道100年”でもあるので、竣工時の姿に復元されて現在に至っている…

↓夕刻、建物の正面とは反対側、西寄りから光が射し、何か古い建物の形状が浮かび上がる気がする…
Former Hokkaido Local Gov. Building on APR 16, 2017 (2)
↑「明治時代の煉瓦造建築」で、ここのように一定以上の規模のモノは、意外に少ないような気がするのだが、思わず見入ってしまう…

未だ旅行者等が相対的に少ない時季ながら、存外に多くの人達が行き交っていた…

札幌は私自身にとって「縁深い街」と呼んで差し支えないと思うのだが、この「北海道庁旧本庁舎」(赤レンガ)を何となく気に掛けて、時々機会を設けて写真を撮ってみるなどするようになったのは、比較的近年であるように思う。とりあえず、この建物は非常に気に入っている。

蟹…(2017.04.16)

「北海道」とでも聞けば…「蟹!!」という連想は一部に在るらしいが…

北海道内に住んでいて、それ程頻繁に蟹を頂いている訳でもないことに直ぐ思い至る…稚内辺りでは、“蟹船”と通称されていた「よく海を越えてここまで…」と感心するような小さな船が港に溢れていた時期も在ったが、最近はそういうモノも珍しくなってしまっている…

そういう状態でも、「北海道」と聞けば「蟹!!」という連想は残っているのであろうか?

↓宿の近所で最も目立った屋外の看板だ…巨大なタラバガニだ…
Sapporo Citycentre in night on APR 16, 2017 (4)
↑建物の入口の上に掲げて在るので、大きさがやや判り難いが、“四畳半”とか“六畳”の部屋には収めることが難しい程度の大きさのように思った…

こういう看板だが…「北海道の…」というよりも「大阪の流儀の大看板」というようにも思える…

札幌時計台(2017.04.16)

「愉しい夕べ」を過ごし、「大通駅まで…」と少し歩いたが…思わず「あれ!!一寸、写真を撮りましょう…」と立ち止まって、持っていたバッグからデジカメを取り出した…

↓この時計台の辺りだけ、「時間の流れが停まっている?」という感じであるのが、「妙?」な感じだと思っていたが、近年は寧ろ「面白い…」と感じるようになった…
Sapporo Citycentre in night on APR 16, 2017 (1)
↑札幌を訪れた人で、「時計台の写真を撮る」という方が、「最も多く撮っている?」ように見受けられる画角の画になったと思う…

資生館小学校前停留所付近の「A1202」(2017.04.16)

↓「併用軌道にこの車輛」という様子を視れば、「札幌にやって来た!!」という感じがする…
Tramcars in Susukino area, Sapporo on APR 16, 2017 (5)
↑すすきの停留所側から西に少し進んだ資生館小学校前停留所辺りで、“3連接”の車体が大きく曲がり、電車は南下する軌道に乗って行く…

↓曲がりながら車体が大きく見える辺り…意外に迫力が在る…
Tramcars in Susukino area, Sapporo on APR 16, 2017 (6)

↓大きくカーブした電車が、南下する軌道に乗った…
Tramcars in Susukino area, Sapporo on APR 16, 2017 (7)

これからの時代は、このA1200形のような「低床型」の路面電車が主流になって行くのだと思われるが…札幌では未だ3編成であり、軌道上には色々な年代の車輛が見受けられるのだが…この「近未来の主力車種」は、凄く目立つ…

ビルの壁面に…(2017.04.16)

↓高層建築が林立する街では、然程珍しい光景でもないのかもしれないが…ビルの窓の外側を清掃する作業が行われていた…
Sapporo Citycentre in afternoon on APR 16, 2017 (1)
↑こんな様子を視ると…「大きな街へ足を踏み入れた」ことを変に強く実感する…

↓地上にもう1人居て、その人が綱を支えて、何やら高さの調整をしていた…綱に下がる人はバランスを取りながら、硝子張りのような壁面で窓を“ワイパー”のような道具で手早く拭いていた…
Sapporo Citycentre in afternoon on APR 16, 2017 (2)

今日は…「やや風が強め?」な感じもした…梯子や足場を用意するような高さでもないが、高所作業車のようなモノも入り難い場所…こういう“技”が生きる…

円山公園駅の通路(2016.12.26)

札幌の地下鉄東西線、大通駅から西側へ進んだ辺りに円山公園駅が在る。北海道神宮や、<札幌ドーム>の時代以前にはプロ野球の地方遠征の試合も催された野球場や、動物園も在る辺りだ。そして古くからの住宅街でもある地域である。

↓その円山公園駅の、北海道神宮や動物園が在る方角の通路で、床に眼を留めた…
Maruyama Koen Station on DEC 26, 2016 (2)
↑「動物園が在る」というイメージで、動物の図案が入ったタイルを散らしている…

動物の図案が入ったタイルを散らしているのが、なかなかに好いとは思ったのだが…視ていて気付いたのは「そのイラストの動物…あそこの動物園には居なかった筈…」というのが交っていることだった…画の左寄りの真中辺りのタイルに見えるが…円山公園駅から徒歩で行ける動物園に、少なくとも“ジャイアントパンダ”は居ない…そう思って、何となく苦笑してしまった…

すすきの駅の“ホーム扉”(2016.12.29)

何時の頃からか?札幌で地下鉄を利用する際、到着する電車の「見え方」が大きく変わった…

↓“ホーム扉”の設置駅が増えている…
Sapporo Underground on DEC 29, 2016 (2)
↑安全上、これは非常に好いのだろうが…ホームに滑り込む電車の姿を眺めることは、やややり難くなった…

札幌駅前:JRタワー(2017.01.01)

↓何時の間にか、こういう「聳え立つタワーと大きな駅ビル」という様子に馴染んでしまった札幌駅だ…
Sapporo Station on JAN 01, 2016 (3)

近年は1月1日から営業している商業施設等も多く、1月1日にも存外に人出は見受けられる札幌駅周辺である。とは言っても、普段よりは多少静かだ…

今年は1月1日の天候が穏やかで、何か凄く長閑な感じがした…

大通駅 北改札口(2016.12.26)

札幌の地下鉄に在って、大通駅は3路線(南北線、東西線、東豊線)が交わる駅である。各路線間の乗換は全てこの駅だ…後発の東豊線は「やや遠い…」感じの場所で乗降するようになるが、南北線と東西線は綺麗に「上下の階」という感じで、大変に円滑に乗換が出来る…

久し振りにこの大通駅に寄れば…何やら方々で「改装が完成」という様子が見受けられ、記憶しているイメージと多少異なって「あれ?」と思う場面が少し多かった…

↓札幌駅までの、駅前通の下に延びる地下通路<地下歩行空間>に近い側の改札口…北改札口である…
Odori Station on DEC 26, 2016

地下鉄をイメージしたピクトグラム(図記号)が在り、3路線(南北線、東西線、東豊線)を示す色分けの“○”に“駅番号”という型で利用者向けに案内されている。「最近の改装…」と直ぐ判る感じだ…が…この“駅番号”について、列車内の案内放送等では聞かない…

それにしても、この辺りは何やらゴチャゴチャしていたような記憶が在るのだが、何時の間にか随分とスッキリした感じに纏まっていた…

札幌駅:721系電車と733系電車(2017.01.01)

「最近の札幌駅の感じ」とでも言われると…

↓こういう感じを思い浮かべる…少し前まで、何となく落ち着かない感じがしたが、最近は「札幌辺りに居る…」と感じて落ち着けるようになって来た光景だ…
Sapporo Station on JAN 01, 2016 (1)
↑右が721系電車で、左が733系電車…札幌近郊を走る列車の多くが、こういう車輛で運行されるようになっている…

721系は3つの扉の中に仕切り壁が在って、そこに扉が設けられ、何やら車内が「2つの部屋を組み合わせた」かのような具合になっていて、座席はクロスシートだ…

733系は仕切りや段差が無い車内でロングシート…少し長く停車するような場面で「扉横のボタンを押して開閉」ということになる場合も在る。少し新しい車輛だ…この733系電車…“ヘッドマーク”というのでもないが、<北海道新幹線>の広告を掲出している…

札幌近郊は、この733系のような新しい車輛が現れるが…北海道内のもっとローカルな感じの路線では、多少年季の入った「国鉄時代以来」が多い…

「西から東」の軌道から「南から北」の軌道へ交差点のカーブで擦れ違いながら進む「A1202」(2016.12.29)

↓午前中に交じっていた雪が上がり、美しい感じになった西側の空と山並みを背景に、「A1202」が進んでいる…
Tramcars at Sapporo on DEC 29, 2016 (66)

↓「A1202」は、「南から北」の軌道に通じるカーブに進入する…
Tramcars at Sapporo on DEC 29, 2016 (67)

↓歩道橋に半ば覆われたカーブの辺りで、「東から西」の軌道へカーブを進んでいる電車と擦れ違う…
Tramcars at Sapporo on DEC 29, 2016 (68)
↑こういう擦れ違いの場面…多く視掛けるような気もするが、実は「存外に少ない?」ようにも感じる…

↓そして「A1202」は北上する軌道へ進入する…
Tramcars at Sapporo on DEC 29, 2016 (69)

こういう様子を眺めるのが、何となく気に入っている…

>>この他、12月29日撮影の札幌の路面電車…

新札幌駅:キハ261系の特急<スーパーとかち>が到着(2017.01.01)

札幌駅から空港の在る千歳市方面へ向かう道すがら、札幌市の隣りの北広島市へ向かって行く辺りに新札幌駅が在る。

千歳線が現在の経路になって、新札幌駅が設置され、周辺の発展と共に順次停車する列車も増えたが、この駅に特急列車も停車するようになって久しくなった…

↓帯広から札幌を目指す<スーパーとかち>が姿を見せた。
Shin-Sapporo Station on JAN 01, 2016 (2)
↑特急列車用のディーゼルカー、キハ261系で運行されている。キハ261系は、稚内・札幌間の特急列車で初めて導入された型だ。帯広・札幌間に投入されているのは、少し新しいバージョンだ…

↓新札幌・札幌間を乗車しようとしている人は滅多に見掛けないが、新札幌で下車する人は存外に見掛ける…
Shin-Sapporo Station on JAN 01, 2016 (3)
↑列車の終着、札幌へ向けて「最後の区間」へ出て行く…

帯広方面に関しては、台風に関連する水害で不通区間が発生し、通常の帯広・札幌の列車が運行し悪い時期が続いた。12月22日、「年末年始多客期」に何とか間に合うように復旧したこの列車だが…12月23日から翌日は大雪でダイヤが酷く乱れ、巧く運行が出来なかった…翌週以降は落ち着いていて、この日も定刻で快走していた…

「南から北」の軌道へ進入した「A1202」(2016.12.29)

札幌の路面電車沿線に関しては、「勝手に設定」の「眺めて写真を撮るポイント」を幾分設けている。「勝手に設定」と言っても、「ここ…好い感じ!」と覚えていて、そこに足を運んでみるというだけなのだが…

幌南小学校前停留所の南側に在る歩道橋は、そういうポイントに数えられる場所だったが、「北側に在る歩道橋」については、これまで偶々上がってみることはなかった…今般…「そろそろ、すすきの停留所に向かって、地下鉄で“居候所”に引揚げ…」という前に上がってみた…

↓「西から東」の軌道を進んで来た「A1202」がカーブを曲がって進入して来る様子が綺麗に見えた…
Tramcars at Sapporo on DEC 29, 2016 (84)
↑日が落ちたような、暗くなり始めの時間帯だ…前照灯の灯りがやや目立つ…A1200の場合、ランプの種類が他車種と違うのか、「明らかに特徴が在る色」なので近付くと判り易い…他方、一部の自動車と光の色が似ていて、紛らわしい場合も無いでもないのだが…

↓幌南小学校前停留所に「A1202」が滑り込む…
Tramcars at Sapporo on DEC 29, 2016 (86)

↓そして北側へ進んで行く…
Tramcars at Sapporo on DEC 29, 2016 (87)

>>この他、12月29日撮影の札幌の路面電車…


早朝の厚別駅(2017.01.02)

厚別駅は、札幌市内の東寄り、隣の江別市への道筋に在る。函館本線の古くから在る駅だ…

↓休日であるが故に、早朝の静けさは際立つ感じである…
Atsubetsu Station in Sapporo on JAN 02, 2017 (1)

↓私自身も含めた、若干の乗客が待つ中、ディーゼルカーのキハ40の2輛編成が登場した…
Atsubetsu Station in Sapporo on JAN 02, 2017 (3)
↑ゆっくりと旭川まで向かう普通列車だ…平日は、岩見沢までの区間が存外に混む列車でもある…この日は然程でもなかったが…

厚別駅は思い出も多い駅だが、こうして今でも利用している…

<ダブル チキン南蛮定食>(2017.01.01)

映画を愉しみたい…」と札幌駅辺りに出た…1月1日は入場券が割引になる日でもある…

札幌駅辺りに到着後、最初にその映画の入場券を入手し、界隈を歩き回ったが…折り好く“ランチ営業”を始める直前の店を眼に留めた…以前にも立ち寄った経過が在る店だった…

↓これにライスとみそ汁が付く定食を頂いた…
my lunch in Sapporo Station area on JAN 01, 2016 (2)
↑チキン南蛮の定食だが、これは“ダブル”と称して、鶏肉が多目だ…

チキン南蛮は宮崎県発祥と言われる料理で、鶏の揚げ物にマヨネーズと言うのか、タルタルソースと言うのか、独特な工夫をしたソースを掛けたモノだ…こういう料理…好きだ!!残念ながら…宮崎県内でチキン南蛮を頂く機会を設け損なっているのだが…

立寄った店は…九州各地の流儀の料理を出す居酒屋で、札幌駅の巨大な建物の、西の端辺りに入っている。「九州の流儀の料理」と言っても、スタンダードとも、少し変わったとも言える感じで特殊な感じはしない。手頃に食事が楽しめる場所だが、何時の間にか内装を少し改めていた。以前より居心地が好い感じになっていた…

鶏肉料理は好きで、或いは「鶏を供養した方が…?」と思える程度に、頻繁に、多量に鶏は頂く…「2017年最初のランチ」は、そんな鶏肉料理だった…

308gのヒレステーキ(2016.12.31)

滞在中の“居候所”に在るテレビは、何やらよく判らないチャンネルが多々在るケーブルテレビが入っていて…民放制作のテレビドラマで『警視庁機動捜査隊 216』というシリーズが纏めて流れていて…何気なく観始めると存外に面白い刑事モノで、所謂“2時間サスペンス”というような枠で放映されていたらしい3話分をゆったりと愉しんでしまった…そんなことをしていた間に…2016年は何時の間にか過去になり、眼前に2017年が現れていた…

そういう具合に、漫然と大晦日を過ごしたが…

↓これが「2016年最後のランチ」だった…
lunch on DEC 31, 2016
↑最初にカウンターで肉の種類とグラム数を申し出て、「多少グラム数が前後します」という話しを聞きながら、店員さんが肉をカットして、それを焼いて頂くという仕組みの店…値段は「1g=8.5円」というような按配で設定されている。故に「308g」というのも在りなのだ…

確り食べて元気に過ごす…これは永遠に追い求めるテーマだ…

西15丁目停留所から西線6条停留所へ向かう「A1202」(2016.12.29)

西15丁目停留所から西線6条停留所との間に歩道橋が在る…西4丁目から西15丁目の東西の路、所謂<電車通>から、西15丁目と電車事業所前停留所までの所謂<西線>が交わる辺りに在る歩道橋では、街の西寄りを南北に行き交っている路面電車が視られる…

↓左側の西15丁目停留所に、「北上してから右折で東側へ向かう」電車が停車中であるが…右側は「南下中」の電車だ…
Tramcars at Sapporo on DEC 29, 2016 (35)

↓歩道橋の手前までは、何となく速度が上るが…歩道橋辺りで信号停止する場合が多く、「速度に乗った状態から減速」という動きが視られて面白い…
Tramcars at Sapporo on DEC 29, 2016 (37)
↑接近中の電車は、低床型の「A1202」だ…

↓信号停車中の「A1202」を斜め上から…
Tramcars at Sapporo on DEC 29, 2016 (38)
↑低床型の車輛は、車体下部に機器を据え悪い関係で、色々と天井の上に機器が据えられているというが、そういう様子が、更にそこに雪煙を被っている様子が面白い…

↓やがて信号停車が解けると、「A1202」は南下を継続し始めた…
Tramcars at Sapporo on DEC 29, 2016 (39)

気に入っているこの型の車輛…この日は、何度も視掛けて写真には撮ったが…乗車機会が無かった…

>>この他、12月29日撮影の札幌の路面電車…

カーブを曲がって「南から北」の軌道へ進入する「252」(2016.12.29)

↓「札幌で路面電車を視た」と“実感”が沸くのは、こういう光景に出くわした時だと思う…
Tramcars at Sapporo on DEC 29, 2016 (73)
↑独特な、正面の窓が大きな感じの、年季が入った車輛が、交差点の大きなカーブで車体を揺らしながら進む感じ…

こういう感じ…何度視ても飽きない…

>>この他、12月29日撮影の札幌の路面電車…

「北から南」の軌道から「東から西」の軌道へカーブを進む「A1203」(2016.12.29)

↓軌道を南下して来て、幌南小学校前停留所で停車した「A1203」が動き始めた…
Tramcars at Sapporo on DEC 29, 2016 (59)
↑このカーブの手前辺りは、信号停車が多い…

↓“3連接”の構造が判り易く見える状態で、大きなカーブをゆっくりと進む…
Tramcars at Sapporo on DEC 29, 2016 (60)

↓そして「A1203」は「東から西」の軌道に進入した…
Tramcars at Sapporo on DEC 29, 2016 (61)

↓やがて「A1203」は速度を上げるが、姿が少し小さくなる辺りに交差点が在って、信号停車で減速する…
Tramcars at Sapporo on DEC 29, 2016 (63)

こんな様子を眺めて写真を撮る…札幌で時間が在ると、ついやってしまうことだ…

>>この他、12月29日撮影の札幌の路面電車…

すすきの停留所で擦れ違う「3303」と「255」(2016.12.29)

この時季は暗くなってしまう時間帯が早めだ…

↓ここから画の左側になる駅前通へ進もうとしている「3303」を視ていると、画の右側の西側へ進もうとする「255」が現れた…
Tramcars at Sapporo on DEC 29, 2016 (103)
↑すすきの停留所である…

電飾広告や街の灯りが目立ち始める頃に、街を行く路面電車の姿…何となく好きな光景だ…

>>この他、12月29日撮影の札幌の路面電車…

「西から東」の軌道から「南から北」の軌道へカーブを進む「A1202」(2016.12.29)

「路面電車でも眺める…」と称して街へ出て、その路面電車で向かったのは幌南小学校前停留所のやや南側、交差点に半ば覆い被さるように据えられた歩道橋の上である…

↓雪もチラチラと舞う中、早速に現れたのは「A1202」だ…
Tramcars at Sapporo on DEC 29, 2016 (1)
↑この車輛の“3連接”という構造は、こういうカーブ区間では際立って見える…

A1200の「近未来的」と言うのか、「SF調」とでも呼ぶべきか、何となくクールな外観が気に入っている。「是非、視たい!」と路面電車の沿線に出て、早速に視られた…他方…この日はこの型の車輛に乗車する機会は無かった…

>>この他、12月29日撮影の札幌の路面電車…

“ササラ電車”(2016.12.29)

↓札幌市交通局電車事業所の構内で、業務用の車輛が動き回っていた様子が歩道から視えた…
Tramcars at Sapporo on DEC 29, 2016 (23)
↑車輛の前後に装備したブラシ状の装置を回転させて雪を撥ね飛ばして除雪する“ササラ電車”である…

↓視掛けた時には電車事業所構内の軌道で除雪をしていたが…そのうちに路上の軌道に出て動き始めた…
Tramcars at Sapporo on DEC 29, 2016 (26)

↓画の左側が進行方向…撥ね飛ばしている軌道上の雪が煙か雲のように飛び散っている…
Tramcars at Sapporo on DEC 29, 2016 (29)

降雪の時間帯も在った日だが、こういうモノも活躍し、更に作業員も随時巡回して軌道の状態が維持され、札幌の路面電車は冬季でも元気に動く…

>>この他、12月29日撮影の札幌の路面電車…

1杯の珈琲と1ピースのケーキ(2016.12.26-28)

新札幌駅辺りの商業施設については、少年時代から随分と馴染んで来た…1980年代半ば辺り、1980年代末から1990年代辺り、2000年以降と、どんどん新しいモノが継ぎ足されていて、何かで不意に新札幌辺りを訪れた人達の間では「判り難く、迷い易い」との評も在るようだ…

そういう状態でも、古くから馴染んでいればどうということもない…と思っていたが、今年辺りに商業施設の中で少し規模の大きな模様替え、改装が順次進んでいいた。「目に馴染んだ感じ」が大きく様変わりで、多少驚いた…

改装がかなり大胆に進み、存外に広い部分で「春のオープンを目指して」と未だ工事中らしく、多いが被さってしまっている場所も見受けられる…

それでも、最も古くから在るビルの1階部分に、「館内のテナントではかなり大きな部類」と見受けられる書店が在って、書店の脇に喫茶店が在る様子は長く変わっていない…

書店の方は、余り覚えていないが、恐らく何年かに1回程度は店内のレイアウト変更はされているであろうし、並んでいる本等は何時でも入れ替わっているから、暫く振りに寄ると「ややイメージが?」と思う場合も無いではない。尤も、書店の場合は店のレイアウト等よりも、売られている書籍や雑誌に眼が向くので、「こういうモノは確か左…」と思っていると右に在ったというようなことでもなければ気にはならないが…

書店の脇の、札幌市内に“本店”や支店が色々と在って、遠く仙台や東京にも出店しているという喫茶店…ここは、少なくとも大学生位の頃から「全く変わらない」という感じだ…勿論、相当な年月の中でモノの値段は多少動いているだろうが、気になる程に頻繁に利用する訳でもない…

この喫茶店…「旧き善き喫茶店」という感じで、今般の札幌での“居候”の中では、何となく利用頻度が高くなっている…

喫茶店だが、“珈琲店”という看板を掲げていて、様々な味わいの珈琲を提供している。私は、「キツいローストの豆で淹れる濃い感じの珈琲」が好きで、そういうのを眼に留めては頂くのだが…

↓月曜日に立寄り、そんな濃い感じの<フレンチ>とケーキを頂いた…
at a Cafe around Shin-Sapporo Station on DEC 26, 2016 (2)

この店では注文を取りに店員さんが席にやって来て、「ケーキ…」とお願いすると、「少々お待ちください…」とトレーに3種類か5種類かのケーキの見本を載せて現れる。その見本を視て「これ!!」とお願いする次第だ…

↓火曜日にも立ち寄り、<フレンチ>とケーキを…
at cafe on DEC 27, 2016 (2)

↓更に水曜日にも立ち寄った…今回、珈琲は<ヨーロピアン>を選んだ…
at cafe on DEC 28, 2016 (1)

月曜日と火曜日は2人対面掛けの小さなテーブルの席が在って、そこに陣取ったが…水曜日は少し空いていて、4人掛けのテーブルに陣取った…

札幌では知られている店の支店ということになる、この新札幌の商業施設内の店だが…この店自体が既に“老舗”的な存在感である。来店客も「完全に途切れる」感じにはならない…

結局、この「旧き善き喫茶店」という感じの店…テーブル上に硝子の灰皿が在るのが好い…

3日連続で顔を出しているが…札幌に居る間に、また寄ってしまうかもしれない…