新千歳空港のオーロラ航空機(2017.12.04)

新千歳空港・ユジノサハリンスク空港間の航路は、通年で北海道とサハリン州とを直接結んでいるという意味で貴重な存在だ…

この便に搭乗するには…離陸の2時間前から始まるチェックイン、なかなかに長い行列の保安検査、出国手続を経て、漸く免税店等の在る搭乗待合のスペースで待つような具合なので、「飛行機の座席に着くまで」に酷くエネルギーを使うような気がする…

国際線の搭乗待合の端で案内を受けて券とパスポートを係員に提示して進入すれば…長い階段を下りることになる…

↓そして駐機場を歩いて、タラップから機内に上がる…
04-12-2017 Shin-Chitise AP (4)

乗ってしまえば、フライトは1時間程度だ…近距離の“国内線”のような感じで、機材もそういうような仕様のモノだが…「定期運航の国際線」である…機内では水かジュースがサービスされる…

更に言うと…新千歳空港では飛行機に乗るまでに何やらエネルギーを要し、機内に座ると安堵して居眠りに陥ってしまい勝ちだ…ウトウトしていると、サハリンに入ってしまっている…

<日本国政府専用機>が視えた…(2017.12.04)

新千歳空港のビル、3階に喫煙コーナーが在って、駐機場や滑走路の見える窓が設えられていて、一寸一息入れるのに好い…

↓こんな様子を眺めた…
04-12-2017 Shin-Chitise AP (2)
↑「何時の間にか数が減っているB747と見受けられる機体?!」と思えば…<日本国政府専用機>だ!!

確かこの<日本国政府専用機>は、千歳の航空自衛隊の施設で日頃のメンテナンスをして、操縦士や他の乗員は航空自衛隊の隊員だった筈…そんなことを思い出した…

色々な種類の機体が行き交う空港の様子は、眺めていて愉しい。

<ガーリックステーキと焼肉弁当>:新函館北斗駅(2017.11.19)

新函館北斗駅で「出発前にランチでも…」と思っていたが…適当な場所が見当たらない…

「巨大な跨線橋?」のような駅の上階に、カフェ風な設えで駅弁を売っている場所が在った。カフェ風な設えの場所で駅弁を頂くことも出来る…

↓米飯の上に肉類を焼いたモノ…青森県の特産品だというニンニクも…「男のランチ!!」という風だ…
19-11-2017 lunch at Shinhakodate-Hokuto Station (2)

↓箱はこういうような按配である…
19-11-2017 lunch at Shinhakodate-Hokuto Station (1)

とりあえず「なかなかのボリュームな肉を頂いた!」という満足感は高かった。噛み応えも在るステーキと、薄目、柔らか目な焼肉の2種類の肉が在るのが好かった。

旅先で、こういうモノを頂くのは愉しい…

<はこだてライナー>:新函館北斗駅(2017.11.19)

新函館北斗駅は、何か「駅そのものが“跨線橋”」というように感じた…新幹線列車の発着するエリアと、在来線列車の発着するエリアとを結ぶ機能に「半ば特化?」という雰囲気だ。駅前も寂しい…

“駅前”というものが「適当に賑わっている…」という感覚だが…これは日本国内の都市部では、殆ど当てはまるような気がするが…例えばサハリンで列車を利用してみた時には、「必ずしも…」と思った。更に、日本国内でもローカルな駅は「どういう経過で、ここに駅!?」と感じてしまう場所も珍しくはない…

新函館北斗駅というのは、新幹線列車の発着する駅なので、何となく華々しい感じがする駅だが…場所は「渡島大野駅」そのものである。大野町の中心部から離れた場所に在って、町の代表駅ではあったが、「どういう経過で、ここに駅!?」という印象を与えるようなローカルな駅だったという…この大野町が2006年に上磯町と合併し、北斗市が登場している…

この駅は、新幹線が入るという中で「新函館駅」という仮称で建設されていたが、所在地の「北斗」が入るべきであろうという意見が出て、駅名決定が難航した…そして「仮称と所在地とを入れて」となって「新函館北斗駅」となった。

極々個人的な考えだが…駅名は「新函館」で、北海道へ上陸する列車の愛称―「主にJR北海道の車輛を使用」ということになっている列車だけでも…―を<ほくと>(北斗)にでもすれば好かったように思う…「函館」は、江戸時代の「箱館」の流れを汲む、北海道内の地名としては国内でかなり知名度が高いものだ。現行の「函館駅」そのものではない場所なら、新幹線の駅でよく視掛ける“新”とか、方角に因んで“北”とでも冠して駅名にすれば好い筈だ…そして、現在の列車は実態として「<はやぶさ>の運行区間の延伸」という以上でも以下でもないが、「北海道上陸」という「一寸、変わった…」が“名前”で判る何かが在っても悪くはないのではないか?<ほくと>というような「針路は北!」という愛称は素敵だと思うのだが…

正直なところ…学生の頃に上野・札幌間で<北斗星>に乗車する機会が在った際、客車の脇の行先表示に「札幌」の文字を視て覚えた昂奮のようなものは、「新函館北斗」という「何処かの私鉄の新しい路線の“それって何処?”とでも尋ねてみたくなる場所」と見紛うような行先表示を視ても湧き起らなかった…

そういうことで辿り着いた新函館駅であった…

↓この駅の「新幹線に次ぐ」感じの存在感を示す列車がこれだ…
19-11-2017 Shinhakodate-Hokuto Statin (5)
↑片道15分程度で函館駅との間を往復する快速<はこだてライナー>である…

車輛そのものは、札幌近郊で視掛ける733系電車である。塗装が少々異なる…

今般は新函館北斗駅で過ごし、そのまま特急列車で札幌方面に去ったが…機会が在れば、この<はこだてライナー>で函館にも寄道したいものだ…

新函館北斗駅(2017.11.19)

東京駅からの<はやぶさ>で新函館北斗駅に着き、札幌方面への特急列車には直ぐに乗換出来るようになっている。が…「駅の様子を眺めて一息…」と思い、敢えて1時間余り待ってから札幌方面へ向かう列車に乗ってみることにした…

↓天候も好かったので、何となく駅前に出てみた…
19-11-2017 Shinhakodate-Hokuto Statin (2)
↑駅前は路線バス等が発着するようになっているが、2階建ての「存外に小さい?」と思えた駅である…或いは、「新幹線の“途中駅”」というのは、こういう感じなのかもしれない…

新幹線列車の発着する場所が在り、“跨線橋”のような役目を担う駅舎の中を抜けると、函館との間を往来する快速電車が発着する場所、札幌方面との間を往来する特急列車が発着する場所、ローカルな普通列車が発着する場所が在る…

駅前は…特段に画になるでもない…畑の真中のような場所に、こんな建物が佇んでいる訳である…何か…「複雑な気分」になった…

『明日への秘孔』 ケンシロウ:新函館北斗駅(2017.11.19)

新函館北斗駅…正直なところ「乗換が主流な駅」という感で、駅や近隣は申し訳ないが「やや期待外れ…」ではあった…

しかし、東京駅から列車に乗り続けて着いた訳で、駅構内等で一寸身体を伸ばして動き回ってみるのも悪くはない…

そうした中…「そう言えば!」と思い出し、探したモノが在った…勝手に「かなり大きい」というイメージも持っていて、直ぐに判らなかったので“観光案内所”で「何処に居ますか?」と尋ねてしまったが…

↓『北斗の拳』のケンシロウだ…
'Kenshiro' at Shinhakodate-Hokuto Station on 19-11-2017 (4)
↑駅が在る北斗市の名称に因んで、『北斗の拳』を持って来た訳だ…

↓1mに足りない程度の像が、台座に乗っている…
'Kenshiro' at Shinhakodate-Hokuto Station on 19-11-2017 (3)
↑『明日への秘孔』と題されている…「未来へ向かって必殺の一突き」というようなことか?

『北斗の拳』と言えば…週刊誌連載の時代に、殆ど毎週のように読んでいた漫画で、各劇中人物に親しみや思い入れも在る。その主人公のケンシロウ…有名な「おまえはもう…死んでいる…」の台詞を吐く場面にしか見えないが…「未来を拓こう」という地域の願いを負って、この駅構内に佇んでいる…

音威子府駅の「久し振り!!」な光景(2017.09.02)

↓「久し振りだ!こういう様子!!」と思わず、頭の中で叫んでしまった…
Otoineppu Station 02-09-2017 (1)
↑列車運行本数が減り、音威子府駅でこうやってキハ54が並ぶ様子は視られなくなってしまっていたが、久々に視た…

音威子府のやや北、筬島・佐久間で倒木処理の必要が生じたので、北上中の列車は音威子府で待機し、南下していた列車は佐久で待ち合わせて音威子府に着いた…やがて南下する特急列車が現れるのを待つわけだが…以前に利用していた「朝に普通列車で稚内を発って…」というパターンの時に偶然似た型になってしまっていた…

佐久駅に停車中のキハ54(2017.09.02)

早朝の5時20分に稚内駅を発つ普通列車に乗ると、午前9時前に名寄駅に着ける…名寄で一息入れて、旭川駅まで普通列車…そんなプランを思い描き、久々に「日出処の黎明!」という感である「稚内の夜明け」の光景を愉しみながら稚内駅へ足を運び、何度も乗車した記憶が在るキハ54に乗り込んだ…

「もう少しで音威子府…」という辺り…佐久駅で列車が動かなくなった…佐久駅と筬島駅との間で倒木処理の必要が生じたのだという…

↓1時間強もの先行き不透明だった停車…滅多に視ないような角度で車輛を眺めて、ホームに出たり車内で掛けたりと、何となくゆっくりしていた…
Saku Station 02-09-2017 (5)

結局…音威子府駅で全乗客が後発の特急列車に乗換えて名寄に移動ということになったのだが…私は特急券を求めて旭川まで乗って行った…「道草をしながら…」というプランは崩れた…結局、車輛も少なく、列車本数も少ないと、こういう場面が時々起こってしまう…

↓しかしそれはそれとして、こういう角度で見慣れた鉄道車輌を視る機会は少ないので、少し貴重な経験だったかもしれない…
Saku Station 02-09-2017 (3)

新千歳空港―駐機中の飛行機と離陸する飛行機(2016.11.21)

新千歳空港のターミナルビルの、食事が楽しめる“フードコート”近くに“喫煙コーナー”が在る…

↓その窓から駐機場や滑走路が視える…新千歳空港…存外に忙しく様々な飛行機が離発着を繰り返している…
New-Chitose AP on NOV 21, 2016 (6)
↑近くに視える駐機中の飛行機の向こうで、1機離陸する様子が視えた…

この画のような「空港らしい」感じの眺め…視ていて飽きないが、場所柄「時計を見ながら…」こういう様子を愉しむことになる…少し駐機場や滑走路の様子を眺めた後、保安検査を潜って搭乗待合室を目指すという段取りの場合が多いからだ…この日は、この後に神戸を目指したのだった…

岩見沢駅:785系電車<スーパーカムイ>が到着(2017.01.02)

早朝の普通列車で札幌市内から旭川を目指して移動すると、岩見沢駅で数分間停車する理由は、「特急列車の待ち合わせ」である…

↓その特急列車が現れた…
Iwamizawa Station on JAN 02, 2017 (6)
↑札幌から旭川へ向かう<スーパーカムイ>だ…785系電車である…

785系が登場した頃、この車輛で運行される列車は<ホワイトアロー>と呼ばれ、既に引退した781系で運行される列車が<ライラック>と呼ばれていた。そして後発の789系が登場し、札幌・旭川間の特急列車は<スーパーカムイ>に統一された。往年の急行列車に<カムイ>というのが在って、それに因んだのであろう…

来る3月にダイヤ改正が行われるが…函館・青森間で運用されなくなった789系電車がやって来て、札幌・旭川の列車で運用されるのだというが、その列車は<ライラック>を名乗るらしい…

未だ少々薄暗い岩見沢駅に785系が颯爽と現れる様を眺めていたが…振り返ると、今般は「789系電車の<スーパーカムイ>」を札幌駅や、札幌・旭川間の移動、或いは旭川駅で見掛けなかった…

岩見沢駅の“輓馬”(ばんば)(2017.01.02)

早朝の普通列車で札幌市内から旭川を目指して移動すると、岩見沢駅で数分間停車する…ホームに出て身体を伸ばすなどしてみる…

↓何となく、こういう様子を眼に留める…
Iwamizawa Station on JAN 02, 2017 (5)
↑橇を引っ張る大きな馬の像がホームに在る…

この馬…“輓馬”(ばんば)である。脇に人が居るので大きさが判るが、概ね実寸大だ。大柄な馬はこの像より更に大きいように思う…

北海道には<ばんえい競馬>―「ばんえい」は、漢字であれば「輓曳」という字である…―というモノが在る。現在は帯広が唯一の開催地だが、嘗ては春夏秋冬で北海道内4箇所を巡って開催されていた。岩見沢もそうした開催地の一つであった経過が在る。

岩見沢辺りは、炭鉱が栄えていた地域で産出する石炭を運ぶ列車の通り道で「鉄道の街」という歴史も在るのだが、農業が盛んな空知地方の街でもあって、「農耕馬で畑を起こす」とか「馬橇でモノを運ぶ」という営みも盛んだった地域だ。

そういう、色々な事を想起させるモニュメント…ここに永く置いて欲しいものだ…

“JNR”(国鉄)マークの扇風機=キハ54の車内(2017.01.03)

「目指す稚内は、もう一息…」という感じの幌延…どういう訳か、やや長い停車時間が在る…ホームで身体を伸ばすなどして、「もう直ぐ発車か…」と車内に戻って席に…

↓そんな時、何気なく見上げて、思わず写真を1枚…
Horonobe Station on JAN 03, 2017 (20)
↑「そう言えば…最近、余り視ない?」という感じもする“JNR”(国鉄)マークの扇風機だ…

キハ54は国鉄時代の最末期に登場した車輛だ。故に“JNR”(国鉄)マークの扇風機が着いていた…内装や外装に改造は色々と在るらしいが、この扇風機は延々とそのままになっている…

そう言えば…中国地方で、少し古い電車を見掛け、乗車もしたが…“JNR”(国鉄)マークの扇風機は見当たらず、確りと冷房装置が取り付けられていた…彼の地での「夏の暑さ」を想うと、この扇風機は余りに非力かもしれないが…

逆に言えば…このキハ54が走っている地域は、夏でも“JNR”(国鉄)マークの扇風機で凌ぐことが適うということになるかもしれない…

音威子府駅:南下中の<スーパー宗谷 2号>(2017.01.03)

旭川からの早朝の普通列車で稚内へ向けて北上すると、途中の音威子府駅で少し長めに停車する…

↓この列車の到着を待つ訳だ…
Otoineppu Station on JAN 03, 2017 (4)
↑稚内では「朝の特急」などと呼び習わす<スーパー宗谷 2号>…稚内から音威子府、旭川、更に札幌まで行く…この日は“増結”の6輛で運行中だった…

来る3月のダイヤ改正で、「稚内・札幌」の3往復の特急列車は、1往復に減便となる…そして2往復の「稚内・旭川」の特急列車が運行され、旭川以遠は乗り継ぐことになる…個人的に思うのは…乗り継ぎでも何でも構わないが、もう少し列車本数が増えると有難いが…

新千歳空港の駐機場(2016.12.02)

新千歳空港に到着し、ターミナルの到着エリアに出るための通路へ入った辺り…

↓こういう具合に、乗って来た飛行機の姿が視える場所が在る。陽が落ちてしまった後の時間帯の場合、滑走路で点いている各種の誘導灯や信号灯が「暗い銀河に輝く星々」というようにも見えて、何時も美しいと思う…暗い中でも、荷物の積み下ろしやメンテナンスの必要な作業を行う人や車輛が動き回っている様子も伺える…こういう輸送手段は、有難いことに、実に多くの人達に支えられている訳だ…
New Chitose AP on DEC 02, 2016 (3)
↑この飛行機を下りて直ぐ辺りの場所で、何となく足を停めて、こうやって写真を撮ってみるようなことが時々在る…

今般は神戸を出発した。神戸から日本海側へ抜けながら北上して、こうして無事に新千歳空港に下りた…安堵感を感じ、運んでくれた飛行機に感謝という気持ちも湧き起こるが…またこういう飛行機で、何処かへ出掛けたいという気持ちが、早速に湧き起こってしまう場合も多い…

それにしても…こうやって新千歳空港に着いてから後の一週間…妙に「速い」感じだった…

砂川サービスエリアに停車中の都市間バス(2016.11.20)

稚内駅前を朝8時半に発ち、札幌駅前に午後2時半に着くということになっている都市間バス…

↓2回の休憩停車が在り、2回目は砂川サービスエリアである…この時季、駐車場に停車している車輛は少な目だ…夏は少し混み合っていた…
Bus at Sunagawa on NOV 20, 2016
↑稚内・札幌間の都市間バスは、“宗谷バス”と“北都交通”とが共同運行している。朝8時半に稚内を出る便は“宗谷バス”の車輛で運行されている。近年は新しい車輛や、新しいデザインをラッピングした車輛が活躍中で、都市間バスはこの青系の車体になった…

稚内・札幌間は長い道程だが、砂川サービスエリアに停車すると「三分の二?否、四分の三?」という具合になる…

この日の都市間バス…午後2時には終点の札幌駅前の手前、大通バスセンターに到着した…

名寄駅(2016.04.02)

↓4月に出掛けた降りに、この駅で列車が長めに停車したので、何となく駅前に出た…
Nayoro Station on APR 02, 2016 (1)
↑移動の際に、こうやって建物を眺める場合が在るという駅で、然程の縁も無いのだが…何処となく「懐かしい」という風情が在る駅だ…

駅に関しては、色々な話題が在るように思うが、こういう「昔ながらの建物」を或る程度大事にしているモノが、何となく好ましいと個人的には思う…

音威子府駅(2014.12.23)

↓音威子府駅の跨線橋からの眺め…何れもキハ54が並んで停車中だ…
Otoineppu Station on DEC 23, 2014 (4)
↑右は旭川を早朝に発って、わっかないを目指して北上している列車…左は稚内を早朝に発って名寄へ南下中の列車…

こういう状態の音威子府駅に稚内から旭川や札幌へ南下する特急列車が登場し、乗降を済ませて去って行った後…北上するキハ54、南下するキハ54の順でゆっくりと各列車は動き出す…

この音威子府駅の感じ…何やら懐かしいような気分だ…

音威子府駅(2016.04.09)

早朝の旭川駅を出発し、稚内へ向けて北上するキハ54による普通列車…

↓画面右側のような按配で、途中の音威子府駅に到着…
Otoineppu Station on APR 09, 2016 (3)
↑画面左側のように、稚内から南下する特急列車がやって来て、乗降を済ませて元気よく進んで行く…

特急列車の乗降後、キハ54が稚内へ向けて北上を再開する…

2016年3月にダイヤを改めた以前は、北上するキハ54が待機していた辺りに、南下するキハ54が待機していた…この路線…様子が変わっている…

ふと、こんな音威子府駅の様子が妙に懐かしく思えたのだが…こういう感じの列車の移動…多少御無沙汰になって来た…

「道道106号」の風車群(2016.08.21)

↓海岸に延びる道路に沿って、風力発電の風車が並んでいる…
on the way to Wakkanai, AUG 21, 2016 (6)
↑これが視えると…「稚内まで“一っ走り”!」という感じだ…他方で…こういう様子が続く中、「本当にこの先に街が?!」という気分にもなるが…

雨中の新千歳空港(2016.08.20)

空港に、出発する人達を見送りに…搭乗手続きの受付開始までに時間が在り、各々自由に過ごすということになった…

あの新千歳空港の中で、何となく時間が在る場面では、3階<フードコート>脇の“喫煙コーナー”が好い…ゆったりと、行き交う航空機を眺める…何となく気に入っている過ごし方だ…

↓遠くの、滑走路を飛行機が行きかっている様子が判るが、遠景は霞んでしまっている…
New Chitose AP on AUG 20, 2016 (3)
↑この霞んでいる按配で「激しい雨」が判るような気もする…

↓少々望遠で滑走路の様子を…
New Chitose AP on AUG 20, 2016 (4)
↑手前のFDA機は離陸開始の地点へ移動中…奥のスカイマーク機は離陸を開始している…

奥のスカイマーク機…凄い水煙を挙げながら滑走路を駆けている…激しい雨で、滑走路の路面に相当に水が溜まっている様子が察せられる…

「何やら凄い…」と随分ゆっくりと、こんな様子を眺めていた…

都市間バスが擦れ違う(2016.07.23)

↓羽幌に2台のバスが…
at Haboro on JUL 23, 2016 (3)
↑左側は稚内へ北上中…右側は札幌へ南下中だ…

この時間帯…「稚内の運転士が北上」、「札幌の運転士が南下」なので、乗員の交代は無い…

よく晴れていて、バスの車体が輝いていた…