石山寺の朗澄大徳(ろうちょうだいとく)(2014.08.01)

↓石山寺に「不思議な姿の怪人?妖怪?」が刻まれた石板が据えられている…
Ishiyama-dera Temple, Ohtsu, Shiga pref. on AUG 01, 2014 (2)
↑「何者?」と思ったのだが…これは“鬼”に化身したという言い伝えが在る高僧、朗澄大徳だという…

朗澄大徳(1131-1209)は「朗澄律師」とも呼ばれ、大変に高名な僧だった。彼は「(没後には)石山寺経蔵の一切経、並びに聖教(しょうぎょう)を守護し、万民の降魔招福(ごうましょうふく)の為、鬼の姿となるのだ」と誓ったと言われ、没後の或る時に弟子が鬼を見掛けたという言い伝えが在るのだそうだ…

そうした言い伝えに基き、石山寺を盛り立てた功労者とされる朗澄大徳の名を冠した庭園を造成する際、「鬼となって万民の降魔招福に努めている」という彼の姿を刻んだ石板が登場した訳だ…

この鬼と化した朗澄大徳の姿…この時訪ねた石山寺で観たモノの中で、どうしたものか、一際記憶に残る…
posted by Charlie at 06:43Comment(0)滋賀県

琵琶湖の<一番丸>(2014.08.01)

「滋賀県」と聞いて…申し訳ないが、稚内辺りでは「何処??」と問う方も存外多いのだが…「滋賀県」と言えば、琵琶湖である…

↓「夏の関西」を訪ねた際、琵琶湖で運航していた遊覧船だ…
'ICHIBAN-MARU' at Ohtsu, Shiga pref. on AUG 01, 2014 (1)
↑明治時代の船を模した形状の<一番丸>である…

↓船室も、何かクラシカルな設えで、なかなかに趣が在る…
'ICHIBAN-MARU' at Ohtsu, Shiga pref. on AUG 01, 2014 (2)

↓船室の雰囲気は素敵だが、夏季の場合には、このデッキで湖を渡る風を受けながら景色を眺め、ガイドさんのお話しの音声に耳を傾けるのが好い…
'ICHIBAN-MARU' at Ohtsu, Shiga pref. on AUG 01, 2014 (3)

この時は、“大津プリンスホテル”の辺りから出航し、石山寺に向かうクルーズだった…
posted by Charlie at 18:10Comment(0)滋賀県