ユジノサハリンスクの桜:ポポヴィチ通(2018.05.19)

ユジノサハリンスクを発とうとした朝…住まいの近隣に在るポポヴィチ通に出て、朝食によく利用する店を目指した…

↓時季になると「あそこが…」と話題になる場所である…
DSCF7854.JPG
↑集合住宅の傍に、然程背が高くない桜の木が在って、毎年花がなかなかに好い…

「5月18日」に至って、ユジノサハリンスクは漸く“エゾヤマザクラ”が開花という感じだ…

大坂城で来訪者の案内をしていたおばちゃん達と言葉を交わしたが…今季は梅、桜、藤、桃と大坂城公園の様々な花は何れも「早い?!」という時季に咲き、時々不意に「寒い?」が挨拶言葉になるような、「多少不安定?」な天候状況だそうだ…

日本国内の方々で似たような感じなのかもしれないが…ユジノサハリンスクは例年と然程変わらない…

<復活主教座聖堂>(2018.05.18)

↓前日来の好天が続き、朝の光の感じが好かった…
18-05-2018 morning (7)
↑日本の様式を採り入れた感の庭の向こうにロシア正教の教会…何処となく「日本列島の向こうにロシアが…」というようなことを想う…そんなことをサハリンで人に話すと、「偶然にそういう配置になったに過ぎないのでは?」と笑われるのだが…

↓眺めていれば、取りの一群が辺りの上空に舞った…
18-05-2018 morning (8)

こんな風景…モノクロ画というのが酷く合う…

咲き始めたユジノサハリンスクの桜(2018.05.18)

↓近所で視掛けた!
SAKURA at Yuzhno-Sakhalinsk on 18-05-2018 (2)

↓余り背が高くない木で、花の様子が少し好かったので写真を撮ってみた…
SAKURA at Yuzhno-Sakhalinsk on 18-05-2018 (4)

朝、別な背が高い木で花が咲いていたことに気付いたのだが…夕方に別な木でも少しずつ咲き始めていたことに気付いたのだった…

実は、少しの間だがユジノサハリンスクを離れる予定が在ったのだが…離れる前に何とか花が咲いた状況を視ることが叶って好かった…

桜が咲くようになると、街には急速に「花々」が加わって行く感である…

サハリン州郷土博物館(2018.05.17)

↓屋外展示の古い大砲と、現在となってはかなり個性的な外観と言い得る1937年竣工の建物…
17-05-2018 morning (2)
↑大変に気に入っている、敷地の西寄り辺りのフェンスの隙間からの眺めである…

完全に積雪が消えていて、少しずつ緑が目立ち始めている…未だ木の葉が茂っていないので、こういう画が視られる訳である…

既に、朝焼けが見受けられるような時間帯が「早過ぎ…」という感になってはいるのだが、“朝の光”でこの建物を視るのは好い…

<スパゲッティ・ボロネーゼ>(2018.05.15)

思い付いて近くのイタリア料理の店により、ビールを頂きながら食事を摂った…

↓日本国内で言う“ミートソース”に近いかもしれない“ボロネーゼ”を頂いた…
15-05-2018 (5)
↑ミンチの肉が入るのだが…この店はその肉が他所よりもかなり多い感じがする…

最初はフォークで具が多いソースとパスタを絡めて頂くのだが…最後の方は「スプーンでトマト味が入った“肉そぼろ”を掬って頂く」という雰囲気にもなる…

こういうモノ…好い!

<シーザーサラダ>(2018.05.15)

このところ…スーパーの総菜コーナーで何やら買い込んで夕食にするというようなことが何となく続いたので…思い付いて近くのイタリア料理の店により、ビールを頂きながら食事を摂った…

↓なかなかに盛り付けが多い感のサラダ…
15-05-2018 (2)
↑時にはこういうのが凄く好い…

これは所謂<シーザーサラダ>で、盛り上がったレタスの下にチキンがやや多目に入っていた…

ネベリスクの“観察所”(2018.05.14)

↓一寸、不思議な様子…
14-05-2018 Nevelsk (6)
↑古い離岸堤のような場所にトドの群れだ…蠢いていて、時々海に飛び込んで泳いでいる…静かな海岸に、彼らの“雄叫び”も時々遠くから聞こえる…

↓昔の海難事故を伝える遭難慰霊碑が在る緑地の辺りにこういう“観察所”が設けられた…今年登場したという…
14-05-2018 Nevelsk (5)
↑上述の画は、この望遠鏡をカメラのレンズで覗いてみた画だ…この望遠鏡は、コインを入れるような方式でもなく、無料で視ることが出来るようになっていた…

↓こういうオブジェも直ぐ脇に…
14-05-2018 Nevelsk (7)
↑「皆さんのゴミが私達を蝕む…」という海獣達の訴えという体裁で、海岸や海でのゴミの投棄を諫めるという意味を込めている…

↓「御近付になりましょう…僕がトドです…」というような看板が掲出されている…
14-05-2018 Nevelsk (8)

ネベリスクの地区行政府庁舎が在るような辺りから、車で3分も掛からないような辺りである…「街の海岸から視える…」と親しまれてきたトド…こういう“観察所”が遂に登場だ!

トドに関しては、4月後半から5月中位の時季に数が多く、視る機会が多いようだ…

頭上の飛行機…暗くなり悪い感…:レーニン広場(2018.05.12)

よく晴れているような感だった土曜日…

↓午後9時辺りの状況…
12-05-2018 (9)
↑灯りが目立つようになっているであろう街の上空を、ユジノサハリンスク空港へ降りようとしているように視える飛行機が通過している…

何度もユジノサハリンスク空港に降りる飛行機には乗っているが…「恐らくレーニン像が在る周辺が窓から視える?」というコースでの飛行は未経験だ…

そんなことを想ったが、午後9時で「真っ暗でもない…」という感じに、何時の間にかなっている…こういう「日が長い…」という傾向が顕著になって来た昨今である…

<大祖国戦争勝利70年並びにキリスト生誕記念主教座大聖堂>の中…(2018.05.09)

大聖堂…建物外観を眺めるということが非常に多いのだが…

↓休日に何となく歩いて近くに至り、暫らく振りに中に入ってみた…
09-05-2018 (15)
↑外から見ると一段高くなっている塔のような箇所の裏にキリストが描かれている…

この聖堂の中…「神の宇宙」とでも呼びたくなるような、独特な雰囲気を帯びた空間が拡がっている…

立寄ってみて…拝観料でもないが、蝋燭を求め、昔の戦争が終結したことを記念するという祝日に因み、世界平和を願いながら献じて来た…

戦車…:「5月9日」向けの展示準備(2018.05.08)

近所のカフェで軽食を摂ろうと外に出て…「夕焼けの光が何となく好い…」とレーニン広場側を通ろうとしたのだが…

↓戦車だ…
08-05-2018 in evening (3)
↑何れも現役の車輛と見受けられる…

明日、「5月9日」は対独戦終戦の日であり、パレードが行われる他に軍関係の展示等も催される…その準備が進められていた訳だ…

通り掛かる人達も、「明日の催事?」と眺めていた…そして記念写真を撮る人も多く見受けられた…私も何となく戦車を写真に収めた…

「画になる!」と思ったのは…

↓主力戦車と…
08-05-2018 in evening (7)

↓対空戦車だった…
08-05-2018 in evening (8)

↓そのうち、陽が落ちてしまった少し後に灯りが点いた…
08-05-2018 in evening (18)
↑何となく不思議な光景だ…

この後、カフェで軽食を摂った後に再度近くを通ったが…恐らく、よじ登るとか、その他不埒な振舞いに及ぶ人が出た場合に制止するためと思われるが、関係者と見受けられる人達が何人か辺りに佇んで様子を見守っていた…その脇で、何やら記念写真を撮る人達も見受けられた…

街の中にこんなモノが並ぶ…「この時季のロシア」という感の光景だ…

「5月9日」の懸垂幕(2018.05.06)

暗くなる頃に出先から戻り、ユジノサハリンスクの街を少しだけ歩いた…

↓非常に目立つ懸垂幕だ…
06-05-2018 in night (2)
↑劇場の<チェーホフセンター>の壁面である…

<ゲオルギーリボン>と呼ばれる、軍事勲章の代名詞であり「勇敢と栄光の象徴」と言われているモノで「9」という文字を造っている。「5月9日」を記念するための飾りである…

↓全体的には、こういう具合に視える…
06-05-2018 in night (1)

正しく「多大な犠牲」が払われた第2次大戦なので、ロシアでは対独戦終戦の「5月9日」に強い想いが在るようだ…

雨の朝:レーニン広場(2018.05.04)

前日からの「雨交じりな感じ」が継続している…気温は上がらず、プラス3℃程度だ…

薄暗い雨交じりの街へ、やや目立つオレンジ色―個人的には「10年位前にNBAのウォリアーズが使っていたユニフォームの“ゴールデンゲートオレンジ”」と思っているのだが…何となくユジノサハリンスク市内の道路で、工事や清掃に従事する人達が引っ掛けているベストのような色に視える…―で、暖房も入っている屋内の状況を顧慮した薄いシャツの上に羽織って温かい感じになる、2月に札幌で求めた<ウルトラライトダウン>を着て出てみた…そういう位の服装が、何となく好い感じだった…

↓レーニン広場の辺りだ…
04-05-2018 in morning (3)
↑濡れた路面にレーニン像や、通過中の車輛が映り込んでいる…車輛は、ソ連時代から長くデザインが変わっていない通称“ブハンカ”だ…

ややカメラは扱い難くなるが…雨の日も独特な風情が在るというものだ…

ロシアの「36枚入り(!?)」なトランプ…(2018.04.28)

↓“絵札”にロシア語のアルファベットが入った、「ロシアのトランプ」を見付けた!
28-04-2018 (30)
↑60ルーブルで売られていた…ロシア国内で製造されているミネラルウォーターの1リットルや1.5リットルのペットボトルと大差が無いような、かなり手頃な価格だ…

↓開けてみると…こういうような様子だった…
28-04-2018 (32)

↓アルファベットが入った札は以下のような呼び方になる…
«В» = «J» — Jack = Валет(ヴァリェト)
«Д» = «Q» — Queen = Дама(ダーマ)
«К» = «K» — King = Король(カローリ)
«Т» = «A» — Ace = Туз(トゥーズ)

序でに…「クラブ」が「Трефы(トレフィ)」、「ダイヤ」が「Бубны(ブブヌィ)」、「ハート」が「Червы(チェルヴィ)」、「スペード」が「Пики(ピキ)」である…

それは結構だが…「何か妙?」な感じがする…

実は入手して持ち帰る段で、「箱が“薄い”のではないか?!」と思っていたのだが…通常の「13枚×4=52枚」のトランプではなく、「9枚×4=36枚」になっていた…

「9枚」の内容は、上述のエース、ジャック、クイーン、キングの4枚に、「6~10」の5枚である…これが4組で「9枚×4=36枚」なのだ…

これは「2~5」を取り除いて、9枚の組を4つにした36枚でプレイする<Дурак>(ドゥラーク)という、ロシアでは非常にポピュラーなゲームのために、敢えてこういう型で売られている代物なのだそうだ…

一寸面白い…

<王子製紙豊原工場>の「製薬塔」遺構(2018.04.28)

↓往時は「辺りで最も背が高い構造物」であったらしい、製紙工場の「製薬塔」の遺構である…
28-04-2018 (15)

↓不意に思い付いて、久し振りに近くへ行って眺めてみた…
28-04-2018 (16)

この形状が「独特で面白い存在感」というようなことで、「これの型を意識した展望塔を建てては如何か?」というようなデザイン案を、何かの展覧会で視掛けるということが在った…そういうモノが出来れば面白いが…この「近付いて上る訳にも行かない…」という、「“遺構”としての不思議な存在感」というのが、何物にも代え難いような気がする…

映画館のシート(2018.04.30)

休日の朝…何となくネットの情報を視ると…近所の映画館で、少し面白そうなロシアの新作映画の上映という話しを知った…

そこで足を運んでみて、愉しく映画を観たが…「貸切?」というような非常に空いていた状態だった…

↓スクリーンにエンドロールが流れ、出入口の扉が開いた時…何となく「雰囲気が好い…」と写真を一寸撮ってしまった…
30-04-2018 (2)
↑椅子は大変に座り心地が好いモノだった…

この近所のホール…ここで映画を観るのは2回目だった…

<УССУРИЙСКИЙ БАЛЬЗАМ CLASSIC>=極東の銘酒…<ウスリースキー・バリザム>(2018.04.29)

↓非常に渋いボトルの酒だ…
29-04-2018 (8)
↑沿海地方で「地域のシンボル」のようになっている、ウスリートラの画が入った美しいラベルが使われている…

↓裏側はこういう具合になっている…
29-04-2018 (9)

↓数々の薬草を漬け込んだ酒で、色々と種類は在るようだが、これは45度の代物だ…
29-04-2018 (10)
↑甘いような…苦いような…名状し悪い味だ…

1894年に工場が起こったそうだが、沿海地方のウスリースクで製造されている…「極東の銘酒」という趣だ…

これの噂を耳にして、「ウラジオストクで求めてみようか?」とも思ったのだが、「サハリンでも売っている…」と聞き、そういうことはしなかった…そして、ユジノサハリンスク市内の店で見付けて入手した訳だ…

ガブガブ呑むような代物ではない…本当に「一寸…」という感じで頂く…これを「キュッ」と頂き、「口直し」にガス入りミネラルウォーターという位が程好い感である…

「メーデー:春と勤労の祝日」という看板(2018.04.28)

5月1日の「メーデー」に関しては、古くからの色々な歴史が在るようだが、欧州諸国等で「春の訪れを祝う」という古い形が在って、やがて労働運動と結びついて行ったというのが大雑把な経過であるようだ。

この「メーデー」については、80以上の国々で“祝日”となっているらしい。ということは、「世界の国々の半分弱で、人々が“祝日”ということでお休み」というようなことになるのだろうか?

↓ユジノサハリンスク市内の大きな広告看板に、こんなモノが掲出されている。
29-04-2018 morning (11)
↑「5月1日:春と勤労の祝日を祝いましょう」というようなメッセージだ。看板の右下にユジノサハリンスク市の市章が在るので、市行政府で掲出した看板と推測される。

ロシアもこの「メーデーを“祝日”にしている80以上の国々の1つ」だ。ユジノサハリンスクでも官公庁や多くの企業が休業している。他方、様々な店や施設は営業する。

日本では、5月1日は祝日とはなっていない…

休日の早朝:プルカエフ通とレーニン通との交差点(2018.04.29)

早く眼を開け、多少気温が上がらずに0℃を挟むような気温であったが、少し戸外を散策した…雲が殆ど無いような状態であった…

↓「この場所」に至った…ライトアップの灯りが未だ残る他方で、空が明るくなり始めている…午前6時頃だ…
29-04-2018 morning (2)
↑「西側から東側を視る」ような辺りからの画…

↓何時ものように「大きい…」と見上げるが…車輛の通行量は非常に少ない…「休日の早朝」ならではである…
29-04-2018 morning (5)
↑普段は「ユジノサハリンスクの少し繁華な辺りに入り込む…」という感を抱く場所だが…静かだ…

↓廻り込んで、「東側から西側を視る」ような辺りに…
29-04-2018 morning (8)
↑空の感じがかなり違う…

↓東側からここの交差点に向かって来る車輛の運転手から視える看板が画のやや右寄りに…
29-04-2018 morning (10)
↑西寄りのホルムスクやアニワへ、南寄りのコルサコフや空港へ、そして北東寄りのドリンスクへと続く道が交わる辺りだ…

静かな朝だった…

ホルムスク港(2018.04.24)

↓ホルムスク港に、大陸のワニノ港との間を結ぶ大きなフェリーが入っているのが視えた…
Kholmsk 24-04-2018 (4)
↑何やら藪が燃えてしまって、折れた木が残っているような辺りから、集合住宅風の建物の一群が視え、その向こうに港の施設である…

或いは「ホルムスクらしい」ような眺めだ…

「影の木」または「木の影」…(2018.04.26)

「春らしい」という感の陽射しが心地好かった朝…

↓こういう様子を眼に留めた…
26-04-2018 (3)
↑インターロッキングが施された緑地の地面に、少し形が好い木の影が…

「木の影」?「影の木」?どのように呼ぶべきか…

ありふれた様子のようでもあるが…稚内の拙宅近隣で、こういう様子に思い当たる場所が無い…というようなことを何となく思い出した…

こんな様子も、気付くと変に嬉しいものだ…

スケート靴とアイスホッケーのスティック(2018.04.22)

↓ユジノサハリンスク市内のアイスアリーナ<クリスタル>の入口前の広場だ…
22-04-2018 (12)
↑アイスホッケーに使うスケート靴とスティックのイメージで創られたオブジェだ…

一寸面白い形だと思う…<アジアリーグアイスホッケー>の試合開催日のように人が多い訳でもなく、撮り易かったので写真に収めておいた…

『犬を連れた奥さん』の像(2018.04.26)

陽射しが心地好く、気温以上に温かい感じがする朝、劇場の<チェーホフセンター>の辺りを歩いた…

<チェーホフセンター>の辺りは、周辺を歩く人達の“通り道”のようでもあるのだが、都市緑地として整備が行き届いており、「普通に通り過ぎる」というだけでも気持ちが好い場合が多い…

↓こんな女性の像が在る…
26-04-2018 (7)
↑「鼻に触れると好いことが…」という話しになっていて、多くの人が触れているらしく、表面加工が剥げてしまっている…

↓女性の像は、こういう具合に佇んでいる…こうして、少し退いた視方をしても、“鼻”の表面加工が剥げていることが判る…
26-04-2018 (5)
↑概ね等身大で、小型犬を連れている…

これはチェーホフの小説『犬を連れた奥さん』のヒロインをイメージしたモノだ…

↓連れられている犬…なかなか佳く出来ている感じがする…
26-04-2018 (8)

サハリンでは、「実際に当地に足を踏み入れている超有名作家」ということで、チェーホフが殊更に敬愛されているように見えるが…その作品に着想を得た像が「街の人々のラッキーアイテム」のような扱いなのが面白い…

壁の中の街…(2018.04.25)

↓硝子貼りな壁面に…向かい側の建物が綺麗に映り込み、硝子貼り壁面自体も指し込む朝陽の光に輝いている…
25-04-2018 morning (3)

↓少し退くと、別な壁面には別な方向の建物が綺麗に映り込んでいる…
25-04-2018 morning (2)

何か「鏡の中で世界が無限に拡がる…」という“ファンタジック”なことを想ってしまった…

特段に注目する程の何かというのでもない、殆ど毎日のように通り掛かる辺りの建物の壁なのだが…