Сало(サーロ)…(2019.01.31)

「Закуска」(ザクースカ)という分類になる料理が在る…

日本国内では、フランス語が語源であるという「オードブル」と呼んだり、もっと日本語らしい「前菜」という表現も多用される。「食前酒の提供」というような事柄まで含む概念の「アペタイザー」という英語語源の語を使う場合も在るかもしれない。更に踏み込むと、日本国内の飲食店で見受けられる「御通し」に一寸似てなくもないかもしれないが…

「Закуска」(ザクースカ)という分類になる料理…スープやメイン料理の前に、食欲を増進して行くような目的で、量が少なく、塩分や酸味がやや強めというモノを供する場合が多いようだ…

が…この「Закуска」(ザクースカ)という分類になる料理、或いは供されるモノの中に「ゆったりと、これを肴に…」という気分になってしまうモノも交じっていると思う。

↓例えばこういうモノだ!
31-01-2019 (2)
↑これはСало(サーロ)という…

Сало(サーロ)は「肉の脂身」の塩漬けである。何かを焼いたり揚げたりする場合に使う、食用油脂のラードとはやや違う。Сало(サーロ)はハムのような保存食で、そのまま食べ易いように切って頂くか、各種料理の材料に利用する訳だ…

このСало(サーロ)…適当に薄くスライスしたモノの盛合せを頂くと、何処となく日本国内で見受けられる「肉の刺身」を想起しないでもない。適度の塩味の御蔭で、飲物も進み、他の料理との相性も悪くないモノだ。マスタード等を点けて頂くのも好い…場合によっては、“薬味”とでも言うのか、色々なモノを合わせるという例も在るようだ…

古くは、保存食として多量に消費する例も見受けられたようだが、現在では「Закуска」(ザクースカ)という分類が専らなようだ。ロシア料理の店で、メニュー表の「Закуска」(ザクースカ)という分類の欄を視ると「Сало(サーロ)」と載っている場合も在る…

"Сало(サーロ)…(2019.01.31)"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: