早朝の八坂神社…(2020.03.30)

前日の“消耗”に関して、好い塩梅に保養が出来たと感じ、早朝から歩き廻ることとした…

↓狛犬だ…
30-03-2020 Kyoto vol02 (3)
↑これは「阿形」だ…

↓そして「吽形」の狛犬である…
30-03-2020 Kyoto vol02 (1)

↓八坂神社の東大路通に面した門…<西楼門>である…
30-03-2020 Kyoto vol01 (2)
↑なかなかに迫力が在る建物だ…

↓境内に進み入る…<南楼門>が眼に留まる…
30-03-2020 Kyoto vol01 (3)

↓<南楼門>から境内の外側に何歩か出てみた…桜も咲いていて感じが好い…
30-03-2020 Kyoto vol01 (4)

この時は、「夜明前の<祇園枝垂桜>を観る」ということを「一日の振出に…」と思いながら戸外に出たのだが、八坂神社の建物もなかなかに好い趣であると思った。参拝者、通行人が多い時間帯とは少し雰囲気が異なっていたと思う。或いは、<祇園社>と呼ばれていた昔は「こういう雰囲気だった?」と想像してしまった…「近隣他都市に滞在して、朝から京都に乗込む」というのも悪くはないが、「京都の街中に滞在して、静か過ぎる早朝から動く」というのも面白い…

"早朝の八坂神社…(2020.03.30)"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: