美深駅にて…(2020.12.17)

↓概ね順調に南下を続けた列車は美深駅に停車した…列車の終着となる名寄駅の少し北側だ…
17-12-2020 Train trip vol01 (26)
↑「縦書き・平仮名」の駅名標は方々で見受けられるが、JR北海道のモノは下側にビール会社の広告が入っていて、少し独特だ…

「単線区間」では時々発生するが…反対方向を走っている列車が多少遅れ、列車がやや長く駅で停車し、行違う列車を待つ場合が在る…

↓美深駅でそれが発生し、約8分間停車の見込みということになったので、少々外気に当たってみた…
17-12-2020 Train trip vol01 (23)
↑列車の走行時に粒子が細かい雪を跳ね上げるので、列車の後尾に雪が貼り付いてしまう現象が発生している…北海道以外の地域で見掛けた記憶は無い…

↓停車中に、貼り付いていた雪が多少は剥がれる…
17-12-2020 Train trip vol01 (25)

↓走っていたのはキハ54の501号車だった…車両側面に「宗谷線」というボードが掲出されている…
17-12-2020 Train trip vol01 (27)

↓運転士さんが陣取る運転台になる正面側は、雪が貼り付き悪く、正面の視界は確保されている。遠くに行き違いの、少し遅れてやって来た列車が視えて来た…
17-12-2020 Train trip vol01 (29)

↓名寄以北の普通列車は専らキハ54だが、行き違いの列車もそうだった…
17-12-2020 Train trip vol01 (30)

↓行き違いの列車が通り過ぎた…
17-12-2020 Train trip vol01 (31)

程無く、扉も閉まって列車は名寄駅を目指してまた進み始めた…「冬の北海道で鉄路を往く」という情感が溢れるような景色だ…

"美深駅にて…(2020.12.17)"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: