朝の祇園で滞在した宿の建物を見上げる…(2020.12.23)

↓「祇園社」とも呼ばれる<八坂神社>の東大路に面した出入口を上層階から見下ろすような感じで佇むビル…普通なホテルである…
23-12-2020 (1st)(Kyoto to Nara) (1)
↑混み合っていれば、部屋が取れないか、取れても酷く高い…が、その限りでもなければ、「何かで他所に出る場面で利用する宿」という常識的な範囲の料金で利用可能な施設だ。京阪の祇園四条駅や阪急の京都河原町駅に近く、バス停も見受けられるのでバスも利用し易く、なかなかに好い場所だ…

ここには祇園枝垂桜を眺めた時に滞在した経過が在った。今般、2回目の滞在となったが、「真言宗十八本山」の18ヶ寺を全て巡ることを成し遂げた時に滞在した宿ということになる。何となく「記憶に留めたい場所」という感である…

特段に由緒在る建築というようなことは聞かないが、何か酷く趣が在るビルだと、視る都度に思う建物だ…この朝は、思い出深い場となった建物を眺め、ゆっくりと奈良方面へ移動したのだった…

↓こういう宿は、思い付いて下記のサイトを見て探す場合が殆どだ…



旅行なら楽天トラベル

"朝の祇園で滞在した宿の建物を見上げる…(2020.12.23)"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: