奈良の<白雪ふきん>…(2021.06.05)

↓洗って乾燥した、拙宅で使っているふきんである…
05-06-2021 (10)

奈良で土産として求めたということが在った。薄織物の伝統を踏まえた製品であり、奈良のポピュラーな土産になっていると知った。

薄織物の端切れを利用したということが、ふきんの製品化、商品化の切っ掛けであったらしい。当初は無地のモノが主流だったが、次第に様々な柄が入ったモノが登場するようになっている。その柄も面白いモノが色々と在る。奈良から取寄せてもみた。

↓使い易い佳いモノで、柄も気に入っているふきん…大事に長く使っているが、少し年季が入った感じになって来たかもしれない。
05-06-2021 (11)

実は未だ「袋に入った未使用の新品」で確り保管しているふきんも在る。近く引っ張り出そうかとも思っている。

↓それはそれとして、奈良の<白雪ふきん>というモノは、なかなかに好い…
05-06-2021 (12)

"奈良の<白雪ふきん>…(2021.06.05)"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: