<みがわりさる>=<庚申さん>…:ならまち:奈良(2021.12.20)

↓古くからの建物も残る「ならまち」と呼び習わされる辺りでは、時々不思議なモノを視る…
20-12-2021 X-Pro2 (132)

↓建物の軒先に何やら独特な形のモノを吊り下げている…
20-12-2021 X-Pro2 (131)
↑これは申を象った“御守”なのだそうだ…

魔除けを意味し、家の中に災難が入ってこないように吊るしているという。「災いを代わりに受けてくださる」として「身代り申」と呼ばれるそうだ。 また、背中に願い事を書いて吊るす「願い申」とも謂うのだということだ。

「庚申さん」と呼ばれる古くからの信仰に依拠するモノであるという。色々な慣行が廃れた中でも、この<みがわりさる>を吊る習わしは生きている訳だ。

こういうようなモノ…何やら面白いので思い出す…

"<みがわりさる>=<庚申さん>…:ならまち:奈良(2021.12.20)"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: