大阪駅にて…(2021.12.27)

立寄ったとか利用した経過が在る駅に関しては「〇〇駅に着いた…」と強く感じる眺めというようなモノが在るように思う。

↓大阪駅に関してはこんな眺めがその「大阪駅に着いた…」と強く感じる眺めに該当するような気がする。
27-12-2021 X-Pro2 (12)
↑多くのホームが並んでいて、各方面とを往来する多数の列車が賑やかに行き交っている感…何か「地域の代表的な大規模駅」ということを実感する。存外に距離の在る地域とを結ぶ列車は多いが、他方で「様子が異なる他地方」とを結ぶ列車はやや限られるかもしれない…

↓こういうような、何やら長いエスカレータが視える様子も「大阪駅…」を想起する感じだ…
27-12-2021 X-Pro2 (13)

この駅を何となく利用してから、それ程長い時日を経ているのでもない気もするのだが…それでも何か長らく御無沙汰している気分になる。

「大阪駅で下車し、そこから…」という印象は個人的にはやや薄いのだが、それでも「時々、ここで乗降…」という感ではあり、「また何時か…」と時々思い出す。

"大阪駅にて…(2021.12.27)"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: