<ジンギスカンスープカレー>…(2022.02.17)

最近は、「灯りを返してくれ!」と表現しているのだが、「食事を供し、場合によってビールやハイボールも…」という感じであった御近所の御店が「食事を供し…」という感じで静かに営業しているばかりとなってしまっている。それでも、食事を供して頂けるのが非常に有難く、時々立寄って愉しんでいる。

↓そういう中で出くわしたのがこんな一皿だ…
17-02-2022 evening (3)
↑「札幌の流儀の“スープカレー”」というモノを供する御近所の御店で出くわした。

↓「“開店50年”を目指したい…」として果たせなかった―好い意味で「御近所の名物小父さん」だった店主氏が、残念ながら他界された…―御近所の老舗喫茶店であった場所で、「幼少の頃から“ここ!”で食事や飲物を供する店が営業しているのが当然である“筈!”…」という思い入れが在ったらしい店主氏が、古い喫茶店を半ば居抜で開業した「札幌の流儀の“スープカレー”」を供する店である。店内に色々と工夫して供しているモノを紹介する掲示が出ている。
17-02-2022 evening (1)

「札幌の流儀の“スープカレー”」というモノは、色々なスパイスを混ぜた各種出汁の効いたスープに、野菜類や肉類を色々と工夫して加え、米飯と併せて頂くというモノであるのだと思う。この御近所の御店でも色々と工夫して、野菜類や肉類やその他様々なモノを加えた一皿を供している。

↓御願いしたのは<ジンギスカンスープカレー>だ。色々なスパイスを混ぜた各種出汁の効いたスープに、焼いたジンギスカン肉を加えている。
17-02-2022 evening (4)

「ジンギスカン肉」と何となく謂い、肉を売っている場所でパックに入って“ジンギスカン”ということになっていることも北海道内では多いと思うが、要は「生または冷凍の羊肉」である。これを普通に焼いて、所謂“焼肉定食”風に頂く、または様々な料理に加える肉系の材料として扱うのはm北海道内では「普通…」だと思う。勿論、家庭や飲食店で独自にタレに漬け込んだ肉を焼く場合も在るが、「予めタレに漬け込んだ肉をパックに…」という“加工品”も北海道内では酷くポピュラーだと思う。

↓この<ジンギスカンスープカレー>は、「生または冷凍の羊肉」を焼いたモノを具材として“スープカレー”に加えているという代物だ。
17-02-2022 evening (5)

この夕刻に頂いた後…翌日の昼食時間帯に辺りを通り掛かり、さり気なく「再度!」と頂いてしまったのだが、焼いた羊肉が「色々なスパイスを混ぜた各種出汁の効いたスープ」ということになるスープカレーに「酷く合う」のだ…

こういう「小さな出会い」は何やら酷く嬉しいものだ…

"<ジンギスカンスープカレー>…(2022.02.17)"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: