N.V.ルダノフスキー胸像(2017.05.26)

ユジノサハリンスクのサハリンスカヤ通の辺りに設けられている緑地には、サハリンの歴史に因む人物の胸像が据えられた場所が幾つか在る…

サハリンスカヤ通とレーニン通が交差する辺りに老舗映画館が在るのだが、その映画館の傍が緑地になっている…

↓こういう、一寸厳めしい感じな人物の胸像が在る…
26-05-2017 (13)
↑立派な髭に、帝政時代の軍服を身に着けているので厳めしい印象が強いのだが…

↓ニコライ・ワシーリエヴィチ・ルダノフスキーという人物である…
26-05-2017 (12)
↑1853年からの、ネヴェリスコイが指揮を執ったサハリンでのロシア軍の活動で活躍した人物である。

ネヴェリスコイが指揮を執った一隊は、現在のコルサコフ地区に砦を設け、サハリンでの活動に従事したが、ルダノフスキーはネヴェリスコイの指示で各地を踏破して測量を実施して地図を作成している。そういう、サハリンを拓く際の功績を記念し、こうやって胸像が設けられているのである…

↓静かだった時間帯…なかなかに味わいの在る胸像だと思いながら眺めていた…
26-05-2017 (10)

老舗映画館で「Дядя Ваня(ワーニャ伯父さん) (1970年)」を観た…(2017.05.26)

↓ソ連時代以来の映画館…最近の“シネコン”というような方式と異なり、大き目なホールが館内に一つ…そこに客席がずらりと並ぶような感じの場所だ…
26-05-2017 (7)
↑建物前に広告幕が掲出されているが、最新作―米国等の作品のロシア語吹替が主流と見受けられる…―が連日上映されている…

この老舗映画館では、そういう最新作の上映の傍らで「往年の名作を上映」という“名画座”的なこともやっている。

「金曜日の夕刻18時半から上映」ということで、その“名画座”的な上映が在ることを知り、行き易い時間帯で、同時に何となく興味が沸く作品が上映されると判って足を運んだ次第だ…

5月は著名な監督が関わった作品を順次上映する企画を打ち出しているらしいが、私が興味を抱いたのは、上映作品が「Дядя Ваня(ワーニャ伯父さん) (1970年)」であったからという以上でも以下でもない…

『「Дядя Ваня(ワーニャ伯父さん)』というのは、かのチェーホフの四大戯曲の一つに挙げられる作品である。或いはチェーホフが永く温め続けていたプロットで、「ヴァージョン違い」のような戯曲も幾つか在り、後世に「映画向け」ということで一連の『「Дядя Ваня(ワーニャ伯父さん)』の系譜の作品をアレンジした脚本も創られている。

四半世紀も前に、モスクワの劇場で『「Дядя Ваня(ワーニャ伯父さん)』の芝居を観て気に入って、同じ芝居を何度も観たに留まらず、幾つもの劇場で『「Дядя Ваня(ワーニャ伯父さん)』をやっていれば観るようにしていたものだった…その『「Дядя Ваня(ワーニャ伯父さん)』の“映画化”作品が在ることは承知していて、「確か…観ている…」と記憶していたが、とりあえずスクリーンで観たかった訳だ…

↓YouTubeで視られる映像も見付けた…


「“芝居”と“映画”との“差異”」という感じが非常に面白い!

↓映画館の館内に、こんなオブジェも在る…
26-05-2017 (15)
↑こういう型で、それとなく映画文化への敬意、映画を上映することに勤しんでいることに関する矜持を示すという感じ…ソ連時代からの流儀なのかもしれないが、個人的には嫌いではない…そして、このオブジェや、フィルム風な床の画の上に置いている感じは面白い…

こういうオブジェまで据えられ、何やら古めかしい館内を想うが…そうでもない。券を売る窓口は、「昔っぽい外観と雰囲気」ではあるが、クレジットカード決済の端末―ユジノサハリンスクでは“テルミナル”と呼び習わされるが、カードを挿入して、利用者が暗証番号を押すようになっているような機器―が在って、画面に表示される“空席”を視て場所を申し出て、コンピュータでプリントされる指定席入りの券を求めるスタイルだ。ホール内の座席も、「最近の映画館で見受けられるような、古くないモノ」に確りと換装されていた…

この日のホールは「1割位の入り」という雰囲気だった。少し年配な映画好きと見受けられる人達の他、高校生位の世代と見受けられる若者達が連れ立って観ているような感じも見受けられた…

この“名画座”的な上映…入場料は50ルーブルだった…日中に陽射しがキツく思えて喉が渇き、500ml入りのガス入りミネラルウォーターを何となく求めたが、それは45ルーブルだった…

「卒業式シーズン」の桜…(2017.05.25)

ユジノサハリンスクでは、桜の花の時季は「終わった」ような感じだが…

↓レーニン像が視える辺りの1本の木に花が!!
25-05-2017 (1)

「最後のベル」と呼び習わされる学校の卒業式が行われているような時季…1本だけ残った花が咲いている木…なんとなく好い…

「最後のベル」の日に…(2017.05.25)

ユジノサハリンスクで“学校”と言えば、とりあえず誰もが通う「11年制」の学校のことで、6歳で入学して17歳で卒業だ。

普段、学校に通う児童・生徒は、児童・生徒年代の男女の「普通の平服」で学校に通っているのだが…殊に最終学年の生徒が卒業となる日…終業式・卒業式の日を「最後のベル」と呼んでいるのだが、その日は古風な“制服”を身に着けて学校に出て催事に臨む習わしであるようだ…

↓その「最後のベル」の日…こうやって仲が良いグループなどが連れ立って街を歩き、撮影役を誰かにお願いして記念写真というのが定番なようだ…
25-05-2017

この日は「どうしたんだ?」という程度に天候が冴えずに肌寒かった…そのためか、例年は非常に目立つという“制服”の若者達はやや少な目に視えた状態だったが…様々な想い出、将来への期待、或いは不安、色々な想いが入り交じり、場合によって各々の進路故に方々に散る学校時代の仲間達との名残を惜しむ…そんな1日になっている様子だ…

ガガーリン公園の桜並木(2017.05.23)

ユジノサハリンスクでは、「公園」を意味する一般名詞である“парк”(パルク)で場所が特定出来てしまう<ガガーリン公園>だが、四季折々に市民に親しまれている様子だ…

↓園内の散策路脇に桜が植えられている…“桜並木”という訳だ…
23-05-2017 (5)
↑こういうような場所…個人的には「静かな朝」が好みで、朝に様子を視に足を延ばしてみたのだった…

↓木の種類は、稚内辺りでも見受けられるエゾヤマザクラだと思う…
23-05-2017 (9)

ユジノサハリンスク市内で、このガガーリン公園辺りは「“最後”の方の順番?」という按配で桜の花が視られる。そして…「花の命は…」という感で、あっという間に“葉”が目立って来て、辺りの新緑が眩しくなる…

桜とチェーホフ像(2017.05.23)

↓州立図書館脇のチェーホフ像…「旅する作家」という風情の像なので、何か気に入っている…
23-05-2017 (12)
↑像の直ぐ横に桜が在る…何時の間にか咲き始めて、直ぐに葉が目立つようになって来ていた…

チェーホフと言えば、代表作の一つに『櫻の園』が在る…チェーホフ像の脇に桜というのは、気が利いているかもしれない…

サハリン州郷土博物館:朝の空気感(2017.05.23)

好天に誘われ、やや早く出発して市内を歩き回った…

↓開館までに相当な時間が在り、敷地内に入ることは叶わないが…塀越しで建物を眺めた…
23-05-2017 (2)
↑手前の噴水も、開館していない時間は停まっていて、単なる池のようである…

↓朝は“空気感”が何となく好い!
23-05-2017 (1)

<ЗВЕЗДА>(ズヴェズダ)(2017.05.21)

↓ユジノサハリンスクのレーニン通に在る店だ…
21-05-2017
↑軍服を身に着けた若い女性の写真?妙な店ではない!衣料品等を扱う店だ…チェーン店のように、幾つか店舗が在る様子だ…

「ЗВЕЗДА」(ズヴェズダ)とは「星」である。「☆」というマークなのだが、このマークは「軍隊の記章」というイメージが強い。店の名はそこから取っている。

この店では軍や警察等の機関で使用されるような仕様の衣類等が売られている。何時の間にか開いていた店だ。今般の滞在で初めて視た。自身も、ここでキャップやTシャツ等を既に求めた経過が在るのだが…意外に途切れずに買物客が出入りしている。

店は店員さんとの対面販売方式だ。大概は1人の店員さんが居て、順番に対応してもらって買物をする感じだ。女性の店員さんは「うちはロシア国産のモノを扱っていますから」と口にしていた。手頃な価格で、何となく信頼出来る、そして実際にタフな仕事に就く軍や警察の人達も使う仕様の衣類は、存外に人気が在る様子だ…

街の“門”?(2017.05.21)

↓ホルムスクの海岸の市街から、丘の上の地区行政府庁舎等も在る方へ通じる道に、こういう“門”のようなモノが在る…
Kholmsk, Sakhalin on 21-05-2017 (26)

↓眺めていると妙な音がして、“遮断機”が…
Kholmsk, Sakhalin on 21-05-2017 (28)
↑“門”の辺りに線路が通っていて、列車が通過した…

係員も居る踏切で、写真を撮ろうとすると係員に「撮影禁止です!」と言われてしまう…画は、係員と出くわす前、或いは係員が居る辺りから視えない場所で何となく撮ったモノ…数え切れない程の各種貨車を連結した貨物列車がゆっくりと通り過ぎて行った…

旧「王子製紙眞岡工場」(2017.05.21)

用事で出掛けたホルムスクで「フォトジェニックな街かもしれない…」と思い、朝のバスで出掛けて昼に引揚げるという「お気軽な日帰り“遠足”」―ユジノサハリンスク・ホルムスク間は1日14往復の都市間バスが運行されていて、所要は片道2時間弱。道路事情によっては1時間40分程度。料金は片道350ルーブル。―もやり易いので、休日の日曜日を利用して訪ねてみた…

ホルムスク港の一隅を閉める辺りに交通ターミナルのようになっている場所が在る。そこにバスが到着して下車すると、大きな門のような型をして市章が飾られた場所、鉄道と踏切が在って、丘の上に在る街の側に進むことになる。

文化センターが在る辺りが「谷の底」のような具合になり、左へ右へ上り坂が在るのだが、右側の坂を上がる。坂を上がると少し開けた広場―レーニン像が在る…―になって、街路が延びている。階段状の土地に築かれた不思議な形状の市街なのだ。方角を見失い易い地形なのだが、街路が南に延びているので、そこをそのまま進むと、何となく「巨大なコンクリートと見受けられる構造物」が色々な建物の隙間からチラチラと覗く。

建物の隙間からチラチラと大きな構造物が覗くのは海が視える側だ…若干の上り坂で続く街路を進むと、集合住宅が何棟も集まって一群を成している場所に出くわす…その一群の集合住宅は、「あれ」を見下ろす高台に立地している。集合住宅が一群を成しているような場所というものは、建物周辺の通路、子ども達が遊ぶような場所等が在るものだが、そういうものが面積の限られた高台に在る訳で、見通しが非常に好い場所が在った…

↓こういう光景が眼前に拡がる!!
Kholmsk, Sakhalin on 21-05-2017 (51)

↓線路に列車も現れた!!
Kholmsk, Sakhalin on 21-05-2017 (52)

樺太時代に眞岡(まおか)と呼ばれたホルムスクに製紙工場を起こしたのは、「樺太工業」という会社であった。1919年9月に創業を開始したそうだ。1921年5月に工場が全焼してしまうが、1922年3月に復旧したという。

その後、製紙業界で企業合併が進められて業界が再編された中、1933年に「樺太工業」は「王子製紙」に合併となり、眞岡工場は王子製紙の工場となった。(因みにこの当時の「王子製紙」は1949年に解体され、1961年に清算を終了して消滅している。現在の王子製紙の前身という性質は帯びるが、関係性は薄いようだ…)そして1945年に樺太が放棄されて以降、眞岡工場はソ連の工場になった。1990年代に入って間もなく工場が操業を停止し、現在の“廃墟”状態になってしまっている…

↓“工場”が“工場跡”となってしまってからも、相当な年月を経てしまっているので、なかなかに凄い様子になってしまっている…
Kholmsk, Sakhalin on 21-05-2017 (50)

↓塔の金属製の階段は完全に錆び付いている…昇降すると壊れそうだ…
Kholmsk, Sakhalin on 21-05-2017 (55)

↓今般、「綺麗に視える高台」を見付けられたのは好かった…
Kholmsk, Sakhalin on 21-05-2017 (56)
↑随分以前に「手前の線路脇に在る道路」から見上げたことは在ったのだが…こうして少し高い辺りから視ると、背後に日本海が拡がる様子が視られる…

それにしても…風化するままに放置された工場跡…どういう風になって行くのだろうか?

桜… 噴水… : サハリン州郷土博物館(2017.05.20)

↓サハリン州郷土博物館の敷地でも、桜が咲いている様子が視られるようになった…
20-05-2017 (10)

↓そして館の前庭に在る噴水にも水が入った…冬季間の水を抜いた状態のままだったが、水が戻るとイメージが変わる…
20-05-2017 (16)

少しずつ、花が咲く“春”と噴水の水が似合う“初夏”が隣接、または交差しているような空気感も漂うようになった…

夕刻のコムニスチーチェスキー通(2017.05.19)

ユジノサハリンスクで「夕刻、午後6時台」と言っても、「稚内の午後4時台」のような光線の感じで、戸外は「午後のひと時」という雰囲気になる…

↓歩道を歩いていて、何となく足を停めてぼんやり眺めてしまった…
19-05-2017 (4)
↑この様子は公園のような場所の敷地内ではない…州政府庁舎や、劇場や、博物館や、その他の官庁等々が在るような、街の都心部の一画を占める通の、広めに設えられた歩道なのである…

ユジノサハリンスクは、結局のところは明治時代の終わりから大正時代に基礎が築かれた豊原をベースにしているので、「随分と昔の都市計画」に立脚している街と言えるのであろうが、何か「“人間のサイズ”で建設された都市」という感想が、画の歩道のようなモノを視る都度に沸き起こる…

サハリン州政府の本庁舎(2017.05.19)

↓とにかく大きなビルである…然程高くは無いのだが、幅の広さに圧倒される…
19-05-2017 (10)
↑コムニスチーチェスキー通に面したこちら側が、とりあえず正面である訳だが…「庁舎の横」とか「庁舎の裏」ということになると、場所の特定に困惑する場合さえ在る…

好天傾向の中、白い大きなビルは輝くようだった…建物そのものは、なかなかに古い筈だが…

КАТАЛОГ ПЕСНИ(カタログ ピェースニ)=カラオケのソングブック(2017.05.19)

↓カラオケが在る店に道草してみたのだが…何やら立派な冊子が在った…
in night, 19-05-2017 (1)

↓新旧様々なロシアの歌がたっぷりと…アーティスト名、曲名の脇の数字を小さな紙片に書き込み、店員さんに渡して頼む。リクエストした曲が鳴る順番になると、店員さんがマイクを届けてくれる…“通信カラオケ”的な感じになっている…
in night, 19-05-2017 (2)
↑やや古めな、好きなロシアのバンドである<ナウチルス・ポンピリウス>の作品が並んでいるのを視て喜んでいたが…一寸、歌にも挑戦してみた…

ロシアの新旧様々な曲が溢れている他方、色々な国々で知られている、日本のカラオケで“洋楽”というカテゴリに収められているような作品は見付けられなかった…

「金曜日の夜」ということで、やや遅めな時間帯に差し掛かっていたが、道草した店はそこそこ賑わっていた…

<Moosehead>(ムースヘッド)の“Бургер”(ブルゲル=バーガー)とビールと…(2017.05.19)

御誘いを頂き、愉しい夕べを過ごすこととなった…

ユジノサハリンスクの都心部、やや北寄りの辺りに在るオフィスビルの地階に在る<Moosehead>(ムースヘッド)は、カナダの老舗メーカーのビール等の飲物や料理を供する店で、なかなかの人気店であるようだ…

↓「とにかくお薦めだ。他のモノはよく知らないがね…とりあえずこの店はこの“Бургер”(ブルゲル=バーガー)なんだ…」という訳で、御一緒した皆さんで頂いた…
in night, 19-05-2017 (4)
↑なるほど美味い!適当に塩が利いた感じの分厚いビーフのハンバーグと野菜類の組み合わせ…非常に気に入った!!

↓そして“看板”の、カナダの老舗のビール…会社は1867年創業らしい…ラベルにはそういうように在った…そして、市内では「ここでしか売っていない…」というモノらしい…
in night, 19-05-2017 (3)
↑非常に軽い感じで、酒類であることは確かだが、「友人達で歓談しながら口にするソフトドリンク」に近い感覚で頂けた…

↓入口に営業時間が掲出されている…
in night, 19-05-2017 (6)
↑要するに毎日営業しているのだが、曜日によって多少時間帯がズレるようだ…

↓店が在るフロアへの通路に在ったマスコット…
in night, 19-05-2017 (7)

「(自身にとって)新しい地域」で活動する中、友人・知人の“お薦め”の場所等を巡って、活動範囲を拡げるという方式…特に珍しい方式でもないと思うが、好いものだ…

ユジノサハリンスクの桜(2017.05.19)

日本では「桜前線」という話題が毎年在って、稚内辺りは毎度「ゴール?」というような話しになるのだが…日照時間や温度等の条件が好くなって来て、木に花が咲くという「自然の営み」に“国境”は無関係だ…「桜前線」は稚内でゴールインなどしない!宗谷海峡を越える!!

↓ユジノサハリンスク市内も、「桜が好い感じだ…」という場所が多くなって来たように思う…
19-05-2017 (1)

陽当りや風当たり、或いは土壌等の諸条件に差が大きいのか、街に在る桜は花が咲いて見応えがある感じになる時期に随分と差が大きいような気がする…

↓ユジノサハリンスクで視る桜も、種類は稚内で視るエゾヤマザクラの系譜のモノのようだ…
19-05-2017 (2)

何処であれ、桜の花を眺めるのは気持ちが華やぐ…

Корюшка(コーリュシカ)=キュウリウオ(2017.05.18)

↓ビールやウォッカの肴にしようかというような干物は知っていたが…「普通の料理」としてランチでキュウリウオを頂いたことは…余り記憶になかった…
on 18-05-2017 (1)
↑ランチに寄る近くの店で、何となく「唐揚的?」な感じになって登場したのだが、確りと卵も入った大柄なキュウリウオで、極一部の硬い骨以外は「パクリ!!」と頭から尻尾まで美味しく頂くことが出来た。これをフォークで頂いた…

Турка(トゥルカ)(2017.05.15)

↓“トルコ式コーヒー”を淹れる道具だという…
on 15-05-2017 (1)
↑エスプレッソのマシンで使うような「本当に粉!」という感じ、“極細”に挽いた珈琲豆と水を入れて「煮出し」の要領で珈琲を淹れる訳だ…

この道具…「気軽に、手軽に自宅で珈琲を…」ということで、ロシアでは存外にポピュラーな代物らしい…

↓“トルコ式コーヒー”が盛んな地域の道具という風情の在るモノも視掛けるが、こういう「ステンレスで出来た現代的な道具」という設えのモノもたた在る…
on 15-05-2017 (2)
↑こういうモノが「使い易そう…」と、750ルーブルで入手した…

近くにカフェが在って、持ち帰りで珈琲を求めることに何らの不自由もなく、更に深夜や早朝でも一寸先に24時間営業な店も在って、珈琲の1杯位は簡単に求められるのだが…それでも「直ぐに部屋で珈琲を用意出来る」のは悪くない…「早目に眠ってしまい、眼を醒ました深夜の妙な時間」も含めて、このТурка(トゥルカ)は既に確りと活躍中である…

«Архангельская Северная Выдержка»(アルハンゲリスカヤ シェーヴェルナヤ ヴィヂェルジカ)(2017.05.18)

↓美しいラベルが貼り付いたウォッカのボトルである…
on 18-05-2017 (5)
↑気に入って何度も求めている«Смирновъ» (スミルノフ)(※)と然程変わらない、または少し安価というような価格帯である。

ロシア自体が「北の国」ではあるが、「ロシアの中の北」というイメージの地域が在って、アルハンゲリスクというのはその「北」というイメージなようだ。どういう場所なのか、訪ねてみた経過は全く無いが…

その「北」で、選び抜かれた伝統の逸品というような感じ…それがСеверная Выдержка(シェーヴェルナヤ ヴィヂェルジカ)ということであろう。

そしてそのСеверная Выдержка(シェーヴェルナヤ ヴィヂェルジカ)の前、Архангельская(アルハンゲリスカヤ)は、地名のアルハンゲリスクの形容詞形である。ここでは「アルハンゲリスクのウォッカ」という程の意味で用いられていることになる…

↓入念にフィルターで濾過をするという、古くからのロシアの流儀を遵守した製法を謳っているのだが…結局、「カクテルベース」ではなく「生」で呑むべきモノという感じだ!!
on 18-05-2017 (6)
↑連続式蒸留で製造されるウォッカだが…「老舗!」を謳う会社のモノは、何となく「味わい」のようなモノが深いような気がする…

この«Архангельская Северная Выдержка»(アルハンゲリスカヤ シェーヴェルナヤ ヴィヂェルジカ)に関しては、日本国内では視掛けた記憶が無い…アルハンゲリスクで1898年に起こり、1901年に第一号の商品が世に送り出されたという、長い伝統を誇る会社の製品だということだが…一寸「好いモノ」と出逢った気がする…

(※)
>>«Смирновъ» ―敢えて旧書体を用いる<スミルノフ>のウォッカ(2017.05.09)

↓製造している会社のウェブサイト(ロシア語)
>>Алвиз

Хлеб Островной(フリェープ オストロヴノイ)(2017.05.17)

↓本来は大きなモノが半分にカットされ、それが1つ24ルーブルで販売されていたパン…
Хлеб Островной 17-05-2017 (4)
↑色々な種類のパンを試しているが、これも悪くなかった…

「オストロヴノイ」は「島の」という形容詞だが、サハリンでは「サハリン」の代名詞的に「島」という表現が用いられることから、「オストロヴノイ」には「地元サハリンの」という含意が在るのだと思う。

そうは思うのだが…他のパンとの決定的な違いが感じられるでもない…

何かサハリンでパンばかり頂いていると、何時の間にか「パン好き」になりそうな感である…

憩いの場…(2017.05.16)

↓ホルムスクのよく整備された公園の辺りで、小さな砂浜に出て歩き回ることも出来る場所が在る…
Kholmsk, Sakhalin 16-05-2017 (7)
↑親子連れが何やら愉し気に…何となく好い光景だ…

↓古びた標識灯が、何か「海の中のオブジェ」というような、独特な雰囲気を醸し出していた…
Kholmsk, Sakhalin 16-05-2017 (10)

海岸と丘陵の街―ホルムスク(2017.05.16)

↓突き出たような海岸部の、よく整備された公園から街の側を振り返る…
Kholmsk, Sakhalin 16-05-2017 (4)
↑波が穏やかだった港に、「上へ上へ」と丘陵の側に拡がる街並みが映り込む…

↓そして海岸部の市街である…
Kholmsk, Sakhalin 16-05-2017 (14)
↑こういう市街が、階段のように拓かれた場所で随所に拡がっている…

これがホルムスク…樺太時代の眞岡である…

重戦車 IS-3(2017.05.14)

↓ヴァシレフスキー元帥の像の直ぐ足下に、古い戦車等が展示されているのだが、その一つである…
14-05-2017 (18)
↑活躍を見せ始めた<IS-2>の更なる性能向上を目指し、車体デザインを一新したという<IS-3>だが、1945年に完成し、第二次大戦に際しての実戦参加が無かった型である…

第二次大戦での実戦参加は無かったものの、終戦後のパレードに斬新なデザインの姿が現れ、各国に衝撃が走ったと伝えられる…

↓こういうように、色々なモノが並んでいる中、「最も手前」というような位置に<IS-3>は在る…
14-05-2017 (17)

この型は1970年代位までは運用例が在ったようだが、実戦の華やかな記録は余り知られていない…この車輛を埋めて、「砲台陣地」の様に運用した例も見受けられるそうだ…

或る種の「技術発展の経過」を伝える意味で、この車輛の展示は、なかなかに貴重な代物であると思う…

サハリン州郷土博物館(2017.05.14)

↓好天な朝にこの場所を通り、こういう様子を視ると、何か酷く幸運であるかのように感じてしまう…
14-05-2017 (4)
↑好い具合に光が当たり、古い建物のディーテールがハッキリと浮かび上がる…そして“屋外展示”のように入口周辺に置かれた、嘗ての神社の狛犬…これも独特な“味わい”になっている…

とりあえず「見栄えが好い」建物だ…