G.I.ネヴェリスコイ像(2018.01.16)

↓像の背後に拡がる空の、光の感じが好い…
16-01-2018 (8)
↑大変に気に入っている像で、近くを通ると足を停める機会が多い…

この像は、積雪期が本格化して以降、雪が付着してしまって「誰や?」という状態に視えてしまう場合も多い。「何時も風雪に耐えている…」という感じもする像だ…

↓何度視ても凛々しい感じがする…
16-01-2018 (10)

像のネヴェリスコイ提督がサハリンに上陸したのは1853年…160年余りの昔だ…今日の様子など、当時は想像さえ出来なかったことと思う…

サハリン州郷土博物館(2018.01.16)

↓屋外展示の大砲の向こうに建物…非常に気に入っている感じの眺めだ…
16-01-2018 (7)
↑木々が青々としていても、建物等が葉の陰になり…雪が深過ぎても、建物等が視えない…「何時でも視られそうで、意外にタイミングが大事」という感じが、何となく好い…

↓正面側に廻り込んでみた…
16-01-2018 (5)

夕刻の光加減の中に見える時間帯が、少し長くなって来たような気がする…

レーニン広場のヨールカ(2018.01.15)

↓夕刻に通り掛かると…未だヨールカが輝いていた…
15-01-2018 evening (2)
↑1月1日の「炎上」の前のヨールカはかなり大きかったが…こうやって、背後のレーニン像が微かに覗く程度が好ましく思う…

「何時まで輝いている?」と眺めていれば、脇を通り掛かった方もスマートフォンで写真を撮っていた…

輝くユジノサハリンスク市街を鳥瞰(2018.01.13)

好天に恵まれた休日だった。非常に冷えていた感でもあった…

やや遅めな昼食の後、スキー場の<ゴールヌィー・ヴォーズドゥフ>(山の空気)へ足を運んでみた。単純にゴンドラで上に上がって、下りて来るということをやる訳だ…

↓頂上付近に到着した…
13-01-2018 evening (1)

↓少しの間視ていれば…一部の通の街灯が点り始めている…
13-01-2018 evening (4)

↓次第に灯りが増えて目立つようになる…
13-01-2018 evening (7)
↑空が「暗くなり切らない…」感じが存外に長く続いた…「宝石が拡がる」ような按配だ…

「強引にカメラを手持ちで撮影」という方法だったが…三脚に取り付けて、外気に触れるような按配で持っていれば、それだけでバッテリーが電圧を下げそうな低温だった…カメラを首から提げて懐に入れ、撮る時だけ出す…そんな按配にしていた…

好天の夕刻は、こういう様子を眺めるのが好いかもしれない…

交差点と歩道(2018.01.10)

↓手前にコムニスチーチェスキー通の「78番」という住所…奥にレーニン通の「171番」という住所…丁度、双方の通が交差する辺りだ…
10-01-2018 (6)
↑通行人が多い辺りではあるが…除雪が追い付いていない…延々と雪が続いたという状態が漸く落ち着いた辺りでの様子である…

僅かに人が踏み固めた跡が通り道のようになっている歩道だが、「落雪注意」と建物管理者が用意した看板だけが、積もった雪の上に並んでいる…何か妙な感じの眺めだ…

行き交う人々の中に“橇”…(2018.01.11)

↓早朝のコムニスチーチェスキー通である…
11-01-2018 morning (3)
↑こうやって歩道の除雪も為され、歩行者が荒天だった昨日よりも増えている…

「ベビーカーを押している」風な人が見えるが…車輪が在るべき部分が“橇”になっている…積雪期になって以降、時々視掛ける…

除雪が入っている…(2018.01.11)

↓早朝のチェーホフ通である…
11-01-2018 morning (2)
↑車道、更に歩道にも各々車輛が入って除雪作業が行われている…

1月9日夜から1月10日昼の荒天後、順次除雪が入り、「何となく安堵出来る感じ」が徐々に拡がっている…好いことだ…

埋まった…(2018.01.10)

↓昨日視掛けた…
10-01-2018 (9)
↑とりあえず、深い雪に埋まって、吹き付けた雪に覆われた車輛だ…

これは「不埒な置きっ放し」という車輛ではない。普通に毎日出入りしていて、大事に使われている車輛だ。1月9日の夕刻にでも、用事を終えた時点で駐車したのだと見受けられるが、夜からの激しい降雪、吹雪という状況でこういう羽目に陥ってしまった…

この場所で車を掘り出しても、外の通に通じている通路もまた積雪で塞がり、何やら「出口を喪った…」という状態だ…

↓一寸引いて視れば…「深く白い濁流に呑み込まれている」かのようだ…
10-01-2018 (7)

1月10日の昼頃に荒天が落ち着いたことを受け、車輛を出動させて辺りの雪を除けた。そんな中でこの車輛も無事に掘り出され、また普通に動き回ることが出来るようになった…

ATMを備えた銀行支店の入口(2018.01.10)

↓建物入口そのもの、手前の歩道が悉く降雪と吹き溜まりに閉ざされてしまった感…辛うじて脇から建物入口に近付くことが出来なくもない…
10-01-2018 morning (9)
↑入口辺りには24時間稼働のATMが在る…こんな状況でも中に入り込んで利用したと見受けられる方を視掛けた…

壁面には銀行での取扱いサービスの広告が在るが、吹き付ける雪によって白く塗潰されてしまっている…

<モスクワ銀行>なる銀行名が掲げられている。「大きな会社?」を思わせる名だが、「存外に小さな銀行…」とどなたかが仰っていたのを不意に思い出した…

吹雪で極端に「動き」は悪い…が、「それでも動く」のが「雪国の街」である…

視界不良…(2018.01.10)

↓「降る雪」と「地吹雪」とが交ざり合って訳が判らなくなる…
10-01-2018 morning (8)
↑「灯り」を頼りに、通る車輛との位置関係を顧慮し、「巧い地点」で何とか足を停めて様子を伺う…

些細なことが、随分と大袈裟になってしまうような感に苦笑する…あと少し進むと、進んでいるアムールスカヤ通がコムニスチーチェスキー通と交差する…

「幻」を思わせる…(2018.01.10)

「大袈裟な冒険」のように通に出る。歩道は埋まっていて、車道の脇などを慎重に歩く…自身以外の歩行者も、悉くそのようにしている。

車道を行き交う車輛は極端に少ない…車輛を駐車スペースから道路へ出すことが困難な事例が多いのだと見受けられる…

降雪は続き、他方に積雪が風に舞う…視界は好くない…

↓少し照明が強めな建物は…「幻」のようにも見える…
10-01-2018 morning (7)
↑歩いている人も見えるが、それさえも「実物」なのか「影」なのか、何となく判らなくなってしまいそうだった…

近くて遠い…(2018.01.10)

↓集合住宅の間…車輛の駐車等にも利用されている辺り…表の通への通路でもあるのだが…「膝まで」という次元の積雪に閉ざされてしまっている…
10-01-2018 morning (5)
↑「車輛を強引に動かしたらしい?」等の「とりあえず動けそう?」な側を想像して針路を拓く…「どうでもいい…」ような「その辺を歩くこと」が、「大袈裟な冒険」のようになってしまっている…

朝の未だ暗い間は「ホワイトアウト」な感じを免れるので、少し動き易い…少し離れた所に、何とか車輛を動かそうとしていると見受けられる灯りが…直ぐ近くの筈が…遠い…

吹雪…(2018.01.10)

前日以来の雪が、少々激しさを加えながら夜通し続いていた…時に強風も交じって、気温が下がって粒子が細かくなった雪が強風に舞う…吹雪だ…

↓吹雪の早朝…住まいの窓からの「見え方」が独特だ…
10-01-2018 morning (1)

↓雪が…濁流のように…
10-01-2018 morning (3)

12月にも「一晩中降り続いて…」という状況が在ったが、その時よりも状況は悪い…

サハリン州郷土博物館:休館日の夕刻:降雪中(2018.01.09)

日中から降雪の時間帯が存外に長く続き、そのまま夕刻へ…

↓前日が「休日の月曜日」で開館した関係で、火曜日に休館という博物館は、降り頻る雪の中でひっそりとしていた…
09-01-2018 (6)
↑「雪が降り続けている」という場面の空の感じ…暗い時間帯に入っても、何か独特な風情だ…

こういう雪の中を動き回ると、雪が湿っていて、かなり濡れる感じになる…

この後…雪は夜中に至っても降り続いている…

サハリン州郷土博物館:降雪中のライトアップ(2018.01.09)

↓正面ではなく脇の側から、独特な建物が屋外展示の大砲越しに視える辺りから眺めた…
09-01-2018 (9)
↑樹木等に湿った雪が付着する他方、降っている粒子がやや粗い雪が光を反射していて、独特な空気感が漂う…そこにライトアップが施された建物が、何か「幻」のようにも見える…

<Курица карри>(クーリッツァ・カーリ)(2018.01.08)

一度立ち寄って、「気に入ったから」と再訪する飲食店については、「最初に寄った時に気に入った料理」を立寄る都度に頼んで、勝手に「あの店はアレ」ということにしてしまうという傾向が自身には在るかもしれない…他方「何時も頼むモノ以外にどのような…」と何となくゆっくりとメニューを視るということも、時には試してみる…

何度か寄っている店でメニューを視て、見付けたのは<Курица карри>(クーリッツァ・カーリ)というモノ…

「карри」(カーリ)は、インド料理の店で視掛ける語であるが「カリー」、或いは「カレー」である。そして「курица」(クーリッツァ)は鶏肉、チキンだ。

ということは<Курица карри>(クーリッツァ・カーリ)というのは「チキンカレー」というように見受けられる…

「チキンカレー」!!「大いに期待!」ということになり、試しに御願いしてみた…

↓待つこと暫しで、こういう料理が出て来た。
08-01-2018 (9)
↑ユジノサハリンスクの店で多々見受けられる「付け合せのライス」というモノが添えられて出て来たのは、「言われてみれば“カレー”のようだ」という感じな鶏肉の料理である。

「付け合せのライス」というモノが添えられて登場した体裁は、“カレーライス”的なイメージを少し離れた感じになってしまっていると思う。これは「肉料理」と認識すべきだと思う。

料理は少し味の付いた鶏肉を焼いたモノを、若干の野菜が入ったカレー味ベースのソースに絡めたようなモノである。ハッキリと辛いでもない、「欧州辺りで言うカレー風味?」という味わいだ。何となく「昔風でマイルドなカレー」という感じもする。意外と「和食的アレンジ?」という感じがしないでもなかった…不思議だ…

“字面”としては「チキンカレー」だが、内容としては「カレー風味ソースのチキン炒め」という感であろうか。「何か不思議な味わい?」と考えながら突いて、あっという間に平らげてしまった。

この種の意外な感じのモノには、マダマダ出会う余地が在りそうだ。

N.V.ルダノフスキー胸像(2018.01.04)

クルーゼンシュテルンの胸像が在る辺りから、サハリンスカヤ通を西へ少し進み、レーニン通との交差点の手前に至ると、また広場が在る…

↓やや厳めしい感じの顔をしているルダノフスキー胸像が在る…
04-01-2018 (31)

↓ルダノフスキーはネヴェリスコイ麾下の士官で、実際にサハリン南部各地を巡って、地図の作成や現地視察とその詳細な報告を手掛けたという人物である…
04-01-2018 (34)

胸像を視る都度、「もう少し、活躍が知られても善い感じの人物?」と思う…久し振りに、冬の好天の下で胸像を視た…

クルーゼンシュテルンの胸像(2018.01.04)

スキー場から冬のユジノサハリンスク市街を鳥瞰した後、麓のパベーダ広場のバス停に至った…

ランチを愉しもうとしているエリアへ移動するバスを待ちながら、何となく「過去に訪ねた地域で、高い場所からの眺望が好かった場所」を幾分思い出して、どういう脈絡か、想いが“長崎”に至った。「稲佐山の眺望」というやつだ…

バスに乗って、見慣れたユジノサハリンスク市内の様子を眺めながら、長崎のことを思い出していたが…「長崎に足跡を記したロシア人」ということで、かの「ニコライ・レザノフの一行」というのを不意に思い出した。

ニコライ・レザノフ…1804年にロシアの使節として長崎へ至り、日本との通商関係樹立を目指して交渉に臨もうとしたものの巧く事が運ばなかった経過が在った人物だ。長崎から去る際、「皇帝陛下の親書を携えた、帝国の正式の使節である自身が、随分と無礼な扱いを…」と憤っていた面も在ったというが、それを“忖度”した一部の部下が日本の村落を襲撃という騒ぎを起こしてしまっている…

レザノフは官人、或いはビジネスマンで、長崎に至った一行を代表する立場であったが、長い航海の指揮を執っていたのは彼ではない。海軍の名高い航海家であったクルーゼンシュテルンが船の指揮を執っていたという…

不意に「クルーゼンシュテルンの胸像!」と思い出した。サハリンスカヤ通にバスが差し掛かり「次の次の停留所だった…」と思い出し、下車した…

↓久し振りにゆっくりと胸像を眺めた…
04-01-2018 (30)
↑辺りは雪が深かったが、胸像の周囲や通路は除雪が施され、帆船をイメージしたイルミネーションが据えられている様子だった…

こういうようなモノ…不意に眺めてみたくなる…