ジョンキェル岬の灯台を望む:アレクサンドロフスク・サハリンスキー(2017.09.23)

アレクサンドロフスク・サハリンスキーのジョンキェル岬には1864年創建で、2013年に自然災害で壊れてしまった後に再建されたという古い灯台が在る…これが視たかった!

最初は、<三兄弟の岩>が視える海岸を進んで、流刑囚が掘ったというトンネルに至って、そこを抜けた辺りから上る場所も在ると聞き、海岸を歩いてみたが…海岸が狭隘になっていて、夥しい海藻が打ち上げられている中を進めば、トンネルへ通じる辺りは海水にスッカリ使って歩行可能な場所が途切れてしまっている…辿り着けない…着けたにしても戻りが不安だ…「残念ながら」と引揚げた…

そして「灯台が視える辺り」ということなら、タクシーをチャーターして辿り着くことも適うと判り…ホテルでタクシーをお願いした。やや離れた南隣のドゥエを往復する料金に準じて1000ルーブルということになった。

山の中のような未舗装道路を上り下りしながら、一般車輌では入り悪い感じの小路の脇に至った。その小道を進み、崖の上へ…

↓眼下にこういう光景が拡がる!!
around the Lighthouse, Alexandrovsk-Sakhalinsky 23-09-2017 (8)
↑古い灯台が崖の上に建っている…サハリンの北寄りの西海岸…タタール海峡の海が眼前に…

息を呑むような光景だが…やや風が強い崖の上…少々危なっかしい…

これが視られたということだけでも、アレクサンドロフスク・サハリンスキーに来て本当に好かった!!

廃船…:アレクサンドロフスク・サハリンスキー(2017.09.23)

↓朽ち果てるに任せたような…相当に古く、「錆びの塊」のようになっている廃船が、沿岸部に少々見受けられた…
Alexandrovsk-Sakhalinsky on 23-09-2017 (P7700) (5)
↑P7700の望遠で撮影した…

白い雲が折り重なるように流れる空の下に輝いている海に、何やら「どういう船だったのか?」という廃船…不思議な風景だ…

川がタタール海峡に注ぐ辺り:アレクサンドロフスク・サハリンスキー(2017.09.23)

ユジノサハリンスクからの夜行列車でティモフスコエに着いて、直ぐにバスで移動してアレクサンドロフスク・サハリンスキーに着き、荷物をホテルに置いただけという、「その足」も同然で随分と元気に歩き回った…

訪ねてみたかったアレクサンドロフスク・サハリンスキーの街に在る資料館に寄った後、海の側を目指して歩いた。「街外れ」と言うのか、「近郊」と言うのか…或いは「何も無いような場所」と言うべきか?そんな道を進み、大きな船が停泊しているでもなく、そういう施設が見受けられるでもない港の周辺に至った…

↓少し遠くを視れば、湿地のようになっている場所を背景に街が視えている…美しい!そしてカモメの群れが湿地の辺りで乱舞するように宙を舞う…
Alexandrovsk-Sakhalinsky on 23-09-2017 (P7700) (6)

何か…「遥かなアレクサンドロフスク・サハリンスキーに来てしまった…」という感慨が沸き起こるような光景だった…

アレクサンドロフスク・サハリンスキーで迎えた朝の空…(2017.09.24)

全く初めて足を踏み入れた土地で夜を明かし、朝を迎えると、安堵感と感慨が交じり合ったような、独特な想いが沸き起こる…

前夜は「抗い難い眠気」に抗せずに早めに休んだ…と言って、暗い時間帯でこそあるものの、深夜とは言い難い時間帯まで長く眠って眼を開けた…そして…また眠ってしまった…「スロースタートな日曜日」を決め込んだ…

↓泊まった宿の裏側が東寄りの空だった…
morning at Alexandrovsk-Sakhalinsky on 24-09-2017 (9)
↑初めて足を踏み入れ、初めて明けた朝がこういうように麗しい空であることは、訳もなく嬉しいものだ…

АВТОСТОЯНКА(アフトスタヤンカ)(2017.09.22)

「АВТОСТОЯНКА(アフトスタヤンカ)」とは「駐車場」のことだ…

↓何の建物か判らないが…駐車場の奥側の建物に大きく「駐車場」という文字が在って、何やら自動車のイラストも入っている…
morning 22-09-2017 (3)
↑「だから何?」というようなモノだが、朝の暗い時間に照明まで点いて酷く目立ったので、思わず写真に撮ってしまった…

こういう感じ…嫌いじゃない…

朝の空気感…:<大祖国戦争勝利70年並びにキリスト生誕記念主教座大聖堂>(2017.09.22)

明るくなる頃に少し散策し…「もう少し粘ると好い画が撮れるかもしれないが…そろそろ予定も在るので引揚げようか…」とした時だ…

↓平日朝らしい「動き」が辺りに見え始めたような時点であったのだが、一寸振り返ると、非常に雰囲気が好かった…
morning 22-09-2017 (18)
↑湿った路面に大聖堂が影になっている感である…

この場所…益々足繁く寄るようになるかもしれない…

明るくなる頃に…:<大祖国戦争勝利70年並びにキリスト生誕記念主教座大聖堂>(2017.09.22)

「明るくなる頃」の様子を眺めるのが好きだ…

ユジノサハリンスクでは「一寸早過ぎる時間に明るくなる…」感じだったが、最近は午前6時頃が未だ暗く、午前7時頃に明るくなって行く感じで、そういう様子が「視易い」感じである…

住まいから20分強は歩くのだが、「明るくなる頃」の大聖堂の建物は見応えが在る…

↓6時半頃までは大聖堂のライトアップは点灯している…
morning 22-09-2017 (8)
↑白い壁と輝くクーポル(独特な丸い形状の屋根)が夜空に浮かんでいる感だ…

↓ライトアップが消灯となった少し後…
morning 22-09-2017 (10)
↑未だ点っている街灯の光に浮かび上がる感じである…

↓やがて街灯が消えた後…
morning 22-09-2017 (12)
↑刻々と変わる自然光に、刻々と表情を変える感の建物の感じは面白い…

もう少し粘ると、更に光の様子は変わるのであろうが…平日の朝にする散策は、多少の時間的制約も在る…

それでも、こういう素晴らしい光景に出会える朝の時間は非常に好い…

夜明けの頃:「戦史博物館」(2017.09.22)

ユジノサハリンスクは未だ暗い午前6時頃、好天になりそうと視て戸外に出てみた…

↓パベーダ広場に至った…
morning 22-09-2017 (7)
↑「ガイドツアーのみ。見られるのは1階フロア―のみ」という限定的な型ながら、中が見学できるようになって、先日訪ねてみた「戦史博物館」の建物が美しい…「夜の残滓」が色濃い中、一寸近付いた…

↓午前6時半頃、ライトアップの灯りが消える…
morning 22-09-2017 (9)
↑未だ辺りの街灯は点っていて、街頭の灯りに建物の壁面が照らし出される感である…“存在感”が酷く強烈だ…

この建物…早朝に眺めるのは面白い…

<ペンギン33>―2017シーズンの運航予定終了(2017.09.21)

“色画用紙”のように雲が無い下で輝く静かな海の上を白い快速艇が進んでいる…

↓創建時には稚内・大泊間の連絡船を迎えていた桟橋は、稚内・コルサコフ航路の船も迎えているのだが、今日もその航路の<ペンギン33>が静かに接岸しようとしていた…
Korsakov 21-09-2017 (5)

この<ペンギン33>…6月から9月に予定されていた運航を無事に終えた…今日は台風の影響で順延となった「今季最後の往復」の復路ということになる稚内を出た便がコルサコフに到着した…

<ペンギン33>の到着後、様々なお土産を手に、色々な想い出を胸にした、サハリンへ戻る地元の皆さんを中心にした乗客でターミナルは賑わった…

「奥さんに連れられた犬」:『犬を連れた奥さん』の像(2017.09.21)

↓可愛らしい犬の像だ…
morning 20-09-2017 (10)
↑「記念撮影スポット」のようになっていて、多くの人に愛されている犬だ…多くの人が鼻先を触るので、テカテカになっている…

↓チェーホフをテーマに整備された緑地に、チェーホフの小説『犬を連れられた奥さん』のヒロインをイメージした像が在る…
morning 20-09-2017 (9)
↑犬は“奥さん”に連れられている訳だ…

↓この“奥さん”…「視線の先は?」と時々気になる…
morning 20-09-2017 (11)

このチェーホフをテーマに整備された緑地は、なかなかに好い散策コースである…

百貨店<サハリン>(2017.09.19)

百貨店<サハリン>の交差点から視える建物正面ではなく、レーニン通側南寄りの出入口辺りを何となく眺めた…

↓歩道の感じ、電飾が入るか照明で浮き上がる看板と、漏れた灯りに浮かび上る看板、そして街灯の灯りを受ける街路樹に通行人と自転車…
evening 19-09-2017 (10)
↑夜の街角の、何となく情報量が多い感じの画だ…手持ちで撮っている…午後8時を少し過ぎた頃である…

こういう光景…モノクロの画が妙に似合う…

相次いで洗濯した愛用のジーンズ(2017.09.19)

↓新旧2本のジーンズを相次いで洗濯した…何となく並べた…
my jeans 19-09-2017 (1)
↑下は2015年12月に入手したモノ…上は2017年6月に入手したモノである…

↓2本は何れもこの型の同じモノである…

【送料無料】" 児島ジーンズ KOJIMA GENES 18oz セルビッチ カウボーイ ストレートデニム "【国産 made in japan 日本製 岡山 児島】【ボトムス メンズ】【18オンス ボタン 青耳】【30インチ ~ 42インチ】【ジーンズ】【ハーレー】




同じモノで、サイズも変わっていないが…ジーンズは経年変化するモノなので、両者の感じは随分と異なる…

岡山県の児島で製造のジーンズ…サハリンで愛用されることは想定外であったことであろう…

スーパーの“ショーウィンドー”(2017.09.18)

↓「8時開店」という近所のスーパーは、殆ど何時でも人が途切れない感じだが、開店のずっと以前になる午前7時過ぎは静かだ…
morning 18-09-2017 (3)
↑この店は「やや手が込んでいる?」という感の“ショーウィンドー”が設えられている…

↓「テニスボールが散乱?」と思ったのだったが…レモンやリンゴ―本物か、佳く出来た作り物かは判り悪い…―が箱や籠から跳ね出しているような感じの様子を設えてある…
morning 18-09-2017 (2)
↑因みに、店には色々なモノが売っているが、テニスボールは売っていない…レモンが遠目に視ると、色や大きさがテニスボールのように思えたのだ…

こういうような様子…何気なく見過ごす場合が多いのだが、時々こうやって眼に留めることも在る…

旧 北海道拓殖銀行豊原支店=サハリン州美術館(2017.09.19)

↓この建物は「暗くなってから」の感じが妙に好い…1930年代までの旧い建物には一定程度共通することなのかもしれないが…
evening 19-09-2017 (11)
↑特段にライトアップをしているというのではないが、何か「灯りに浮かび上がる旧い壁面」という趣が面白い…

午後8時台である…人通りは、日中から夕刻の多目な時間と比べれば遥かに少ないものの、途切れるということもない…

巨大なレーニン像(2017.09.19)

ユジノサハリンスクの巨大なレーニン像は背中側が西寄りの空になる…

↓午後7時過ぎ、一寸出た際に通り掛かって見上げた…夕方の「逆光に寄った光加減」でこの銅像を視るのが、何となく気に入っている…
evening 19-09-2017 (2)
↑やや雲が多く、複雑な感じの空模様を背景に、1970年頃から街を見守る銅像という状況…一寸面白い…

↓少しだけ角度が変わると、また雰囲気が変わる…
evening 19-09-2017 (3)

過去の政治的意図等と無関係に、単に「街を見守る巨人」という具合にこの銅像を何時も視ている…そして巨大な像と空とが創り出す光景を、何となく何時も愉しんでいる…

24時間営業のカフェ:荒天の夜が明けて…(2017.09.19)

台風による荒天は、夕刻辺りから夜中、或いは日付が変わった少し後まで続いていたが、朝を迎えて何となく落ち着いた…

夕刻から「無用な外出は避けた方が好さそうだ」と住まいに籠っていて、何やら酷く空腹な朝だった…

↓ボリュームの在るサンドイッチが頂ける近所の店…
19-09-2017 (4)
↑深夜までの雨で湿った敷石の向こうに、灯りが漏れる窓と電飾看板が浮かび上がる感じ…

何となく「好い感じの眺め…」と思いながら写真を撮って、中に入って「多少、ボリューム感の在る朝食…」と確りサンドイッチを愉しんだ…

<モスクワ府主教・成聖者インノケンティ記念寺院>(2017.09.16)

レーニン通とパグラニチナヤ通とが交差する辺りのレーニン通側に、時々寄る「ピザとパスタの店」が在る。休日にその店に立寄って、パグラニチナヤ通を東へ進み、ミール通と交差する辺りで少し南へ動き、次の通を東へ進むとサウナが在る…

そういう経緯でパグラニチナヤ通という場所は時々動き回る場所なのだが、ここに「気になる」建物が在る。

通り掛かった土曜日の日中…敷地に出入りが可能な状態と見て近付いた…

↓こういうような屋根が視える建物だ…
16-09-2017 (6)
↑綺麗な感じで、建物全般の外観を眺めて写真が撮れるような場所が思い当たらない…大学の関係と見受けられる、少し北の建物の上階から見下ろすのでもない限り、そういう画は望み悪いであろう…少し寄って、特徴的な屋根を見上げた…

丸みを帯びたドーム型の屋根が在って、頂上部に十字架が掲げられている。十字架の形状はロシア正教のモノだ…

↓間違いなくロシア正教の寺院であった…
16-09-2017 (5)
↑真中辺りの「Храм」(フラム)以下がここの呼称だ…<モスクワ府主教・成聖者インノケンティ記念寺院>と呼ばれるらしい…

↓中に入ることも出来た…
16-09-2017 (7)
↑小さな聖堂だが、イコンの壁が形成されて「らしい!」感じのロシア正教の寺院である…

この場所について、或いは「モスクワ府主教・成聖者インノケンティ」について、リーフレットが配布されていて、あらましを知ることが出来た…何やらこの寺院の説明のようなリーフレットを見付けて、中の関係者の方に「頂いて差し支えないか?」と問えば、「勿論!」ということで「ありがとうございます」と頂いて「なるほど、こういうような…」とリーフレットを見ていると、その方が「ここの名になっているインノケンティの御紹介です」ともう一つのリーフレットも下さったという次第だった…こちらも有難く頂いた…

パグラニチナヤ通のレーニン通側からミール通側へ向けて進むと在るこの寺院の場所だが、1993年にロシア正教の活動拠点を設けようとしていて、当時在った古い建物を使用出来るということになり、建物の改修を施して1994年から利用することとなったのだという。そしてこれが<モスクワ府主教・成聖者インノケンティ記念寺院>となるのである。

地道に活動を続け、10年が経った2004年頃から「新たな寺院を建設してはどうか?」ということになり、それを支持する2500名以上の市民の署名と共にユジノサハリンスク市に請願が為され、2007年にそれは容れられた。やがて現在の建物の設計が準備され、2009年に着工し、2012年9月に現在の建物が竣工して供用されるに至り、活動を始めた頃の旧い建物は撤去したのだという。

なるほど、この建物そのものは少し新しく見えたが、2012年から供用されているということなら納得だ。しかし1990年代にロシア正教の活動が盛んになり始めた頃からの経過が、この建物の背景には在る訳だ…

「モスクワ府主教・成聖者インノケンティ」という人物(1797-1879)だが、今年が生誕220年ということになる…

イルクーツクの神学校に学び、卒業後に同地で司祭となったが、1823年にアリューシャン列島のウナラスカに赴任する。(現地に到着出来たのは、翌年のことだったという…)

アリューシャン列島では現地住民のアレウト語を学び、当時は文字が無かったというアレウト語をアルファベットで表記する方法を工夫し、後にアレウト語で福音書を出版することまで成した…

1834年にはアラスカのシトカへ移り、そこでも宣教活動を続けている。やがてサンクトペテルブルグでアレウト語の福音書を出版する仕事に奔走する期間を挟み、アラスカ主教に選任されてアラスカに戻ることになる。

1850年から1860年にはシベリアからアムール河流域に至るまで、更にカムチャッカに至るまで広範な地域で伝道活動を行っている。1867年には、永い熱心な伝道活動への評価により、ロシア正教会では最高の地位であるモスクワ府主教に選任された。

ロシアではロシア正教会の最高位であるモスクワ府主教の地位に就いたということで、それを冠されて紹介されることが多い人物だが、「アラスカのインノケンティ」としても知られている。

19世紀後半に少数民族も含めて極東の諸民族にロシア正教の信仰が拡がっていたというが、それらはこのインノケンティの伝道活動の成果という側面が在る。サハリンでは「この地域に正教を普及させた偉人」という受け止め方なのだと思える。

彼を記念し、<モスクワ府主教・成聖者インノケンティ記念寺院>と命名された場所は、ユジノサハリンスクのこの場所の他、クリル諸島のセベロクリリスクにも在るそうだ…

↓決して「大きく立派で見応えが在る」という感じではないのだが…本当に「地域に根差した、地元の皆さんが集まる教会」という雰囲気が色濃く滲む場所だ…
16-09-2017 (8)

「気になる」と思った場所には、思い切って寄ってみると、色々と学ぶことが出来るものだ…という気がした…

日没直後辺りのレーニン広場(2017.09.16)

↓ナイトブルーに染まり掛かっている空の裾だけが夕焼け色を残す感…何か舞台やスタジオの背景を思わせる空だ…照明や電飾看板の灯り、行き交う車輛の灯りが目立ち始めている…そこに佇む大きなレーニン…
16-09-2017 (17)
↑広場に向き合うユジノサハリンスク市行政府本庁舎の辺りに佇み、何となく見入ってしまった光景である…

煉瓦壁にペイント(2017.09.17)

4月に滞在した宿の近くにチェーン店のスーパーとカフェとが併設された建物が在る…

↓カフェ側の壁の感じ…
17-09-2017  (40)
↑適当に年季が入った煉瓦壁という雰囲気に設えられているのだが…<メーリニッツァ>というカフェのロゴマークが白いペイントで…

こういう「飾る」ということに関して、独特なセンスが感じられ、何となく面白い…

夜明前のパベーダ通(2017.09.17)

明るくなって行く空模様でも眺めようと、明るくなる前の時間帯、午前6時頃から戸外に出てみた…

↓パベーダ通の辺りに至った…
17-09-2017  (1)
↑この通はランプの数が多い型の街灯が並んでいて明るい感じなのだが、こうやって観ると「街灯の光が拡散する」という按配にも見える…

遠くに「建都135年 街の日」に合わせて登場したと見受けられる“135”というランプが視えている…

「夜と朝との境目」のような感で、「未だ夜の残滓が相当に色濃い」ような時間帯の雰囲気である。日曜日の早朝にも相当し、交通量も非常に少ない…

地下連絡通路(2017.09.16)

ユジノサハリンスクの鉄道駅に、“跨線橋”の代わりに地下を通って乗場に出る仕組みになっている箇所が在る。その乗場への出口の先が、駅の反対側、線路等の鉄道施設の在る側の裏に通じる連絡通路になっている…

↓乗場へ出る場所までは通ったことが在ったが、その先は行ったことが無かったのを思い出し、一寸行ってみた…
16-09-2017 (12)
↑存外にここを通る通行人は見受けられる…人影の見える辺りの乗場への出口の先は「未知の通路」だ…

↓どうということもない地下連絡通路だった…反対側に辿り着いた…
16-09-2017 (14)

出口は、駅の反対側、西寄りの辺りに延びるジェレズニェダロージナヤ通の63番から少し奥に入った辺りだった…ジェレズニェダロージナヤ通の側からは「知らなければ、多分見付けられない」ような雰囲気である…実際、何度も歩いている辺りながら、通路を実際に使ってみるまで出口だと判らずに居たのだ…

マダマダ、こういうような「知っているつもりで知らない」は多々在るもので、そういうものを発見しながら過ごすのが存外に面白い…

コルサコフ港鳥瞰(2017.09.16)

「コルサコフ港が鳥瞰出来る」という場所は2箇所知っている…

その2箇所の中の1つは、1925年の「摂政宮行啓の折に御立寄り」という歴史も在る場所で、往時は亜庭神社の後背に拡がっていた公園の一部でもあったらしい…

「上り方」を覚えたので特段に迷わず、「なかなかの好天!」と張り切って上がった…

↓こういう場所を見付けた…
Корсаков 16-09-2017 (9)
↑このコルサコフ港が鳥瞰出来る場所というのが、非常に急峻な崖の頂上部であることが判る…そして、崖の真下のような場所に道路が在って、港の域内の色々なモノが「ミニチュア?」のように地面に貼り付いている…そして今日の雲は「油絵の絵具で丁寧に描いた?」ような感じだ…

多少馴染んだ場所も、訪ねる都度に表情が変わるのが面白い…

M.S.コルサコフ胸像(2017.09.16)

休日の土曜日の日中…何となくコルサコフへ足を運んでしまった…

↓コルサコフの街の広場にこんな胸像が在る…(像に焦点が合って、背後の空がボケる感じは、「レンズの絞り開放でも速いシャッター」ということが出来る<X100F>の御蔭だ!!)
Корсаков 16-09-2017 (15)
↑ミハイル・セミョノヴィチ・コルサコフ(Корсаков, Михаил Семёнович)(1826 - 1871)という人物の胸像である…

コルサコフでは、1853年のムラヴィヨフスキー哨所の開設という故事を建都と位置付けている。ムラヴィヨフスキー哨所は、クリミア戦争等の事由で運営出来なくなり、1854年に一旦は休止してしまう。そして1869年に活動を再開することとなった。その際、当時の東シベリア総督であったミハイル・セミョノヴィチ・コルサコフに因んで“コルサコフスキー哨所”と改めて命名した。

この「コルサコフスキー」から「コルサコフ」という通称が起こり、辺りの地名として定着し、日露戦争後に日本領となるまでコルサコフとして知られていた…1946年以降のソ連化以降、日露戦争前のコルサコフが地域の地名として採用されている…

↓この胸像は、1993年に「建都140年」ということで登場したモノということである…
Корсаков 16-09-2017 (13)

ハッキリ言えば…このミハイル・セミョノヴィチ・コルサコフ総督自身は、地域との縁が然程深いのでもないのだと思えるが…「街の名の由来になっている」ということで、立派な胸像が1993年に設けられている…以来、この胸像はそれなりに大切にされていると見受けられる…

コルサコフに立寄ると、この胸像の前を通って「来ましたよ!」と報告してみたい気分になる…