A1200 JR九州 JR北海道 JR東日本 JR東海 JR西日本 JR貨物 Tシャツ X-Pro2 X100F XF10-24mmF4 XF10-24㎜F4 XF16㎜F2.8 XF35mmF2 XF35㎜F2 XF50㎜F2 XF50mmF2 РЖД あべのハルカス アイスホッケー アニワ アフトモトスタリーナ アレクサンドロフスク・サハリンスキー エゾシカ オーシャンプリンセス カフェ ガガーリン公園 クルーゼンシュテルン グラフィティー ケーブルカー ゴロヴニーン ゴールヌィー・ヴォーズドゥフ サバントゥイ スタロドゥプスコエ ダリネエー チェーホフ チャイナタウン デニム ネヴェリスコイ提督 ハンバーガー バス バスケットボール バー フォトブック ブハンカ プーシキン ペンギン32 ペンギン33 マスク ヨールカ ラッセル車 ルダノフスキー ルースキー島 レザー レトロミュージアム レーニン ロシア ロシア正教 ヴィソツキー 一畑電車 丸型ポスト 京成 京阪 公衆電話ボックス 動物園 北海道大学 南海 名鉄 和歌山電鐵 地下鉄 城下町 大阪近鉄バファローズ 宿場町 富士山 寺内町 帝冠様式 広島電鉄 御朱印帳 戦車 新世界 新幹線 時計台 桜島 模型 橋梁 氷彫刻 煙草 王子製紙の工場 珈琲豆 白い恋人 百貨店<サハリン> 神戸ベイクルーズ 神戸新交通 神社 空港 紙幣 胸像 艦船 蒸気機関車 西鉄 路面電車 近鉄 通天閣 鉄道 鉄道博物館 銅像 長崎電気軌道 阪堺 阪急 阪神 音楽

廃船と流氷…:スタロドゥプスコエ(2018.02.17)

2019/02/20 00:00
↓大き目な氷が海岸に押し上げられてしまっていて、その向こうに辺りを氷で囲まれた廃船が視えている… ↑背後の空が少し東寄りで、明るくなって行く時間帯の不思議な雰囲気を見せている… ↓廃船の直ぐ傍は、複雑に押し合って隆起した氷の“隙間”になっていて、やや氷が薄いようにも視えた… ↓雲が不思議な形状になっていて、幻想的な光景になっていると思いながら見入っていた… 氷がやや少なく、密度も薄いかもしれない状況…「氷上の釣り」にはやや物足りない感かもしれず..

続きを読む

スタロドゥプスコエの犬…(2019.02.17)

2019/02/17 21:24
↓海岸を歩き、こんな光景を眺めていた時…後方の低い位置に“気配”を感じた… ↓こんなのが…直ぐ後ろに現れた… ↑何となく…「所属不詳」という感じだ…何処かの“飼い犬”のように、ギャーギャーと吠え立てるという無粋な真似はしないタイプだった… ↓「おっちゃん…何も珍しい訳でもない、その辺の普通の犬やないですか…じっと見られると照れますわ…」と、何気なく横を向く… 海岸を歩き続けたが…この犬は何となく私の後ろに居続けた… ↓「何か、用か?」と犬..

続きを読む

海岸周辺で隆起する流氷…:スタロドゥプスコエ(2019.02.17)

2019/02/17 21:09
日曜日の朝…「流氷でも眺めよう…」と思い立って出掛けた… ユジノサハリンスクから北東へ…バスでドリンスクへ向かい…ドリンスクからスタロドゥプスコエへバスを乗り継いだ… ↓海岸部に立って「海」を眺める… ↑今季は昨季よりも氷の量も少なく、密度は薄いかもしれない…隆起した氷に「隙間」のような、氷が薄い箇所が見受けられる… 海岸近くに氷が押し寄せ、沖から後続の氷が押し寄せるので、先に押し寄せていた氷は圧されて隆起する…そういうようなことが複雑に何度か繰り返さ..

続きを読む

「流氷」の上を走るスノーモビール:スタロドゥプスコエ(2018.02.10)

2018/02/12 18:30
↓スノーモビールが橇を牽引し、その上に何人かが乗り込んでいる… ↑と思えば、脇の方で人々が三々五々に歩き回っている… これは…流氷の密度が高まり、圧し固まって形成された「海上の氷原」で繰り広げられていた様子である…こんな状態の「流氷」は、自身としては初めて視た…

続きを読む

「海上」を「歩行」する人々?!:スタロドゥプスコエの流氷(2018.02.10)

2018/02/11 20:59
「氷上の釣り」がサハリンでは「大変にポピュラー」で「老若男女が愉しむ」とは聞いていた…が、ドリンスクからスタロドゥプスコエへ向かうバスの混雑や、着いてみたスタロドゥプスコエでの駐車されている車の多さには圧倒された… ↓そういう状況下、見渡す限りに「氷原」のようになったオホーツク海を眺めた… ↑手前の畝のようになった箇所は、「氷が圧し上げられ」た痕跡なのだろう…その向こうは、何処までが浜で、何処からが海なのかが判らない…「水平線」として視える筈な辺りまで「氷原」だ…..

続きを読む

海!?:スタロドゥプスコエの流氷(2018.02.10)

2018/02/10 20:36
ユジノサハリンスクから北東のドリンスクへ向かい、ドリンスクからオホーツク海岸のスタロドゥプスコエへ…夥しい数の人達が、「氷に穴を開けて行う釣り」を愉しもうと集まっている様に少々驚いた… ↓異様な様子だ… ↑遠くから手前の朽ち果てた廃船が見えた時には、何なのかよく判らなかった…これが在る場所は…海であろう… 真っ白な大氷原に、朽ち果てた廃船が打ち捨てられている…というような様子だ…「水平線」に相当するような辺りまで、悉く氷に閉ざされている…

続きを読む

もっと見る