観劇のチケット(2017.11.05)

2017/11/07 10:50
↓『桜の園』の公演の情報を得て、<チェーホフセンター>の窓口でチケットを求めた。コンピュータと連動のプリンタで書式―<チェーホフセンター>の建物をイメージした美しいイラストが入っている。―に必要事項が刷り込まれたチケットが出て来る。 ↑「05.11.2017」とロシア流に「日/月/年」で日付が在り、「18:00」と開演時間…『桜の園』は<Вишнёвый сад>(ヴィシニョーヴィー サード)で、「パルテール」という区画の「9列目」で、席番号が「6番」である。チケットの..

続きを読む

A.P.チェーホフ胸像(2017.10.01)

2017/10/01 13:57
ユジノサハリンスクに<A.P.チェーホフ 『サハリン島』 文学記念館>が在り、チェーホフが『サハリン島』に綴ったような時代の色々なことを紹介していて興味深い場所になっている。比較的近所なので、よく通り掛かるのだが… ↓今日は通り掛かり、開館時間帯で近寄ることが出来たので、胸像を何となく眺めてしまった… 胸像が在る記念館で紹介されているアレクサンドロフスク・サハリンスキー辺りだが、丁度1週間前に訪ねていて、何となく「チェーホフ先生に報告…」という気分だったのだ…..

続きを読む

A.P.チェーホフ像:アレクサンドロフスク・サハリンスキー(2017.09.23)

2017/09/29 17:00
↓実際にチェーホフが立ち寄ったと伝えられる、現在は資料館になっている古い家の辺りに銅像が佇んでいる… ↑かなり細身で、非常に背が高い像だが…これはチェーホフの像だという… この辺りは、或る種の“ミュージアム・パーク”のように整備する構想なようで、像の周りは広場でも整えようかというような工事に手を掛けている様子だった… アレクサンドロフスク・サハリンスキー…便利で快適な場所でもなく、ユジノサハリンスクからも遠く気軽に行ける場所でもないが、とりあえず「気に入った..

続きを読む

19世紀末の村落?―アレクサンドロフスク・サハリンスキー(2017.09.23)

2017/09/29 16:59
↓アレクサンドロフスク・サハリンスキーのチェーホフ通の一画である…古い建物を大切に改修している、または古いように建てている建物が並ぶ型になっている… ↑手前の建物が、「流刑地時代の1886年にリンズベルグによって建てられた建物で、1890年の6月から9月に統治に滞在したチェーホフが何度となく立ち寄っている」という建物で、貴重なモノも収蔵する資料館だ… ここも3つの施設から成っている<歴史・文学博物館『A.P.チェーホフとサハリン』>の中の1つである施設だ… ..

続きを読む

A.P.チェーホフ像(2017.09.26)

2017/09/27 02:59
ユジノサハリンスク都心部の州立図書館前にチェーホフの像が在る。 像のチェーホフは「旅の途中に座って一息…」という風情で、何となく好い… 不意に…この像に「会いたい…」という気分になった… ↓好天の夕刻…像の脇の木は、何か「秋が急速に…」ということを感じさせる…雲も「秋らしい」かもしれない… チェーホフは、アレクサンドロフスク・サハリンスキーから海路でコルサコフに至り、現在のユジノサハリンスクに相当するような地域にも踏み入っている…私は列車とバスの陸..

続きを読む

もっと見る