A1200 JR九州 JR北海道 JR東日本 JR東海 JR西日本 JR貨物 Tシャツ X-Pro2 X100F XF10-24mmF4 XF10-24㎜F4 XF16㎜F2.8 XF35mmF2 XF35㎜F2 XF50㎜F2 XF50mmF2 РЖД あべのハルカス アイスホッケー アニワ アフトモトスタリーナ アレクサンドロフスク・サハリンスキー エゾシカ オーシャンプリンセス カフェ ガガーリン公園 クルーゼンシュテルン グラフィティー ケーブルカー ゴロヴニーン ゴールヌィー・ヴォーズドゥフ サバントゥイ スタロドゥプスコエ ダリネエー チェーホフ チャイナタウン デニム ネヴェリスコイ提督 ハンバーガー バス バスケットボール バー フォトブック ブハンカ プーシキン ペンギン32 ペンギン33 ヨールカ ラッセル車 ルダノフスキー ルースキー島 レトロミュージアム レーニン ロシア ロシア正教 ヴィソツキー 一畑電車 丸型ポスト 京成 京阪 公衆電話ボックス 動物園 北海道大学 南海 名鉄 和歌山電鐵 地下鉄 城下町 大阪近鉄バファローズ 宿場町 富士山 寺内町 帝冠様式 広島電鉄 御朱印帳 戦車 新世界 新幹線 時計台 桜島 模型 橋梁 氷彫刻 煙草 王子製紙の工場 白い恋人 百貨店<サハリン> 神戸ベイクルーズ 神戸新交通 神社 空港 紙幣 胸像 艦船 蒸気機関車 西鉄 路面電車 近鉄 通天閣 鉄道 鉄道博物館 銅像 長崎電気軌道 阪堺 阪急 阪神 音楽

A.P.チェーホフ像(2019.10.24)

2019/10/31 18:13
↓何気なく出くわして、少し嬉しかった…気に入っている銅像である。脇を通り過ぎる時に「こんにちは!」とでも声を掛けてみたくなるような佇まいだ… ↑戸外に少し長く居ると手が冷たくなるような感じではあり、多少は寒いが、酷く寒いという程でもない状況で、陽射しは寧ろ心地好い感じだった中、美術館の脇、或いは図書館の前に腰を下ろした感じのチェーホフ像を眺めた…一寸気に入っている銅像だ… ↓チェーホフは「よく知られたロシアの作家」ということになる訳だが、他方で「実際にサハリンの地..

続きを読む

『サハリン島』の事績を伝えるモニュメント(2019.10.24)

2019/10/24 22:04
ユジノサハリンスクの空港に関して、新しいターミナルの建設に伴って<ユジノサハリンスク A.P.チェーホフ空港>と命名することになったと聞いていたが…既にそれを公式な呼称にしている様子で、新千歳空港からのフライトが着く際、機内放送で<ユジノサハリンスク A.P.チェーホフ空港>と言っていたのに気付いた… 劇作家として知られるチェーホフは、若い頃は寧ろ種々の小説を綴っていた。そんな彼が「30歳の新進作家」であった1890年、サハリンに足跡を残している。 ↓チェーホフは..

続きを読む

『犬を連れた奥さん』の像(2018.04.26)

2018/04/26 19:36
陽射しが心地好く、気温以上に温かい感じがする朝、劇場の<チェーホフセンター>の辺りを歩いた… <チェーホフセンター>の辺りは、周辺を歩く人達の“通り道”のようでもあるのだが、都市緑地として整備が行き届いており、「普通に通り過ぎる」というだけでも気持ちが好い場合が多い… ↓こんな女性の像が在る… ↑「鼻に触れると好いことが…」という話しになっていて、多くの人が触れているらしく、表面加工が剥げてしまっている… ↓女性の像は、こういう具合に佇んでいる…こうし..

続きを読む

A.P.チェーホフ像(2018.04.07)

2018/04/08 09:04
厚めな雲が多く、明るくなった時間帯に入っても薄暗く感じてしまうような日の朝… 美術館や図書館の在る辺りに足を向け、チェーホフ像を眺めてみた… ↓愛用の<X100F>では、随時“Velvia”(カラー)と“ACROS”(モノクロ)と“フィルムシミュレーション”を切り替えながら写真を撮るのだが…何か「モノクロ?カラー?」と迷うような画が出て来た… ↑「雲が厚く薄暗く感じる」という時に特有な感じかもしれない… ↓ここの像は、「旅先で腰を下ろして一息入れてい..

続きを読む

『サハリン島』(Остров Сахалин)の原書(2018.04.01)

2018/04/03 18:11
ユジノサハリンスクに在る<A.P.チェーホフ『サハリン島』文学館>に立寄ると…入口辺りの窓口で色々と本を売っていた…そして、その中の一冊に関して「これ!!」と思い、600ルーブルで衝動買いに至ってしまった… ↓求めた本を、道草したカフェで何となく眺めた… ↑2017年に刷られたチェーホフの『サハリン島』…ロシア語の本だ… ↓この本のためにチェーホフがサハリンを訪れた1890年頃をイメージしたような画が使われた装丁…なかなかに美しい… 率直に言って…..

続きを読む

A.P.チェーホフ胸像(2018.04.01)

2018/04/02 15:46
<A.P.チェーホフ『サハリン島』文学館>の前に、少し渋いチェーホフの胸像が在る… ↓こういう感じ… ↑やや「年代不詳…」な風貌だが…適度に抽象された像の割には、「こういう風貌の人に何処かで出くわしそう?」という感じで面白い… ↓少し引いた感じも好い… 胸像と、背景のボケて写っている白樺の組み合わせ…<X100F>らしい感じの画になった… ↓像はこういう按配に据えられている…

続きを読む

もっと見る