ユジノサハリンスクの桜:ポポヴィチ通(2018.05.19)

2018/05/20 22:39
ユジノサハリンスクを発とうとした朝…住まいの近隣に在るポポヴィチ通に出て、朝食によく利用する店を目指した… ↓時季になると「あそこが…」と話題になる場所である… ↑集合住宅の傍に、然程背が高くない桜の木が在って、毎年花がなかなかに好い… 「5月18日」に至って、ユジノサハリンスクは漸く“エゾヤマザクラ”が開花という感じだ… 大坂城で来訪者の案内をしていたおばちゃん達と言葉を交わしたが…今季は梅、桜、藤、桃と大坂城公園の様々な花は何れも「早い?!」という..

続きを読む

咲き始めたユジノサハリンスクの桜(2018.05.18)

2018/05/18 22:13
↓近所で視掛けた! ↓余り背が高くない木で、花の様子が少し好かったので写真を撮ってみた… 朝、別な背が高い木で花が咲いていたことに気付いたのだが…夕方に別な木でも少しずつ咲き始めていたことに気付いたのだった… 実は、少しの間だがユジノサハリンスクを離れる予定が在ったのだが…離れる前に何とか花が咲いた状況を視ることが叶って好かった… 桜が咲くようになると、街には急速に「花々」が加わって行く感である…

続きを読む

<御池桜>:京都(2018.02.24)

2018/03/28 14:39
↓2月24日に立寄った京都で、非常に強く記憶に残ったモノがこれだ… ↑“モノクロ”での撮影は極少数に留まったのだったが…未だ暖房を利用している所が多かったような時季、路傍の1本の桜の木が花を咲かせていたのだ!この木に出くわして、思わず足を停めた… 「未だ寒い…」中で花を咲かせる可憐な桜…近隣の人々に愛されているようで、辺りの地名に因んで<御池桜>と名付けられたようだ…華々しく咲き誇る桜も好いが…「健気で可憐…」というこの木のような桜も愛おしいものだ… 京都で..

続きを読む

「卒業式シーズン」の桜…(2017.05.25)

2017/05/26 05:37
ユジノサハリンスクでは、桜の花の時季は「終わった」ような感じだが… ↓レーニン像が視える辺りの1本の木に花が!! 「最後のベル」と呼び習わされる学校の卒業式が行われているような時季…1本だけ残った花が咲いている木…なんとなく好い…

続きを読む

ガガーリン公園の桜並木(2017.05.23)

2017/05/25 05:26
ユジノサハリンスクでは、「公園」を意味する一般名詞である“парк”(パルク)で場所が特定出来てしまう<ガガーリン公園>だが、四季折々に市民に親しまれている様子だ… ↓園内の散策路脇に桜が植えられている…“桜並木”という訳だ… ↑こういうような場所…個人的には「静かな朝」が好みで、朝に様子を視に足を延ばしてみたのだった… ↓木の種類は、稚内辺りでも見受けられるエゾヤマザクラだと思う… ユジノサハリンスク市内で、このガガーリン公園辺りは「“最後”の方..

続きを読む

桜とチェーホフ像(2017.05.23)

2017/05/24 05:50
↓州立図書館脇のチェーホフ像…「旅する作家」という風情の像なので、何か気に入っている… ↑像の直ぐ横に桜が在る…何時の間にか咲き始めて、直ぐに葉が目立つようになって来ていた… チェーホフと言えば、代表作の一つに『櫻の園』が在る…チェーホフ像の脇に桜というのは、気が利いているかもしれない…

続きを読む

もっと見る