「落雪注意」―北海道神宮(2016.12.26)

2016/12/27 08:12
↓「屋根が潰れる??」と心配になる程度に雪が… ↑正面入口辺りに「落雪注意」と掲出されている。この日は気温が少し上がっていたので、不意に纏まった量の雪が落ちて来る場合も在りそうだ… 「50年振り!」と言われた大雪の後という状況である…

続きを読む

宗像大社の“御神木”=楢(2016.11.25)

2016/12/24 21:21
↓宗像大社の境内に“御神木”という標柱が在って、木が柵で囲われていて、木の幹には注連縄が施されているのを視掛けた… ↓その“御神木”という辺りに、複雑な形状に拡がって伸びた枝が在って、枝が支柱で支えられている様子が視える… ↑“御神木”は楢の木で、高く真っ直ぐ伸びているのではなく、複雑な形状に画だが拡がって育っているのだ… この“御神木”の楢は、樹齢が550年程と推定されているという…永い年月に亘って、参拝に訪れる多くの人達を見守り続けている訳である…こ..

続きを読む

早朝の太宰府天満宮(2016.11.26)

2016/12/10 03:00
“有名観光地”という範疇に入る場所…或いはそういう範疇を外れる場所でも同じことかもしれないが、「早朝に散策をする」というのは、なかなかに好いように思う。 今般、博多駅に辿り着き、予定に従って関西方面へ引揚げる段取りとして「翌日の夕方にフェリーで移動」ということになった時、博多駅から然程の距離でも―20分前後で到達出来る…最初から快速なら15分だ…―ないJR二日市駅近くに宿を取ることになった時、「そう言えば太宰府天満宮…」と思い出した訳だ… ↓「始発の電車」という程..

続きを読む

春日大社の手水場(2016.11.30)

2016/12/08 06:54
奈良公園の鹿は春日大社との関連で永く大切にされているものであるというが… ↓春日大社の境内に入って行く辺りに大きな鹿の像が在る… ↑手水場だ…手や口を洗うための水が、鹿が咥えている枝のようなモノから出ている… 春日大社のこの辺りには何度か寄ったような記憶が在るが…不覚にもこれまで気付かず、今般初めて気付いたのだった…

続きを読む

石上神宮の鶏達…(2016.11.30)

2016/12/04 19:02
奈良県天理市に在る石上神宮(いそのかみじんぐう)…「最古の神社」の一つと考えられる存在であり、大和朝廷で軍事関係部門を司って活躍したという物部氏が“氏神”にしていたと伝わる… 近鉄やJRの天理駅から、石上神宮までは歩けば片道30分弱だ。バス路線も在るが、「1日に数本」なので、然程実用的でもない…そこで「片道30分程度なら許容範囲」と徒歩で訪ねてみることにした。道程の半分程度は、屋根が架かって、車輛の進入が制限されている商店街の中なので、意外に歩き易い。 石上神宮に..

続きを読む

もっと見る