A1200 JR九州 JR北海道 JR東日本 JR東海 JR西日本 JR貨物 Tシャツ X-Pro2 X100F XF10-24mmF4 XF10-24㎜F4 XF16㎜F2.8 XF35mmF2 XF35㎜F2 XF50㎜F2 XF50mmF2 РЖД あべのハルカス アイスホッケー アニワ アフトモトスタリーナ アレクサンドロフスク・サハリンスキー エゾシカ オーシャンプリンセス カフェ ガガーリン公園 クルーゼンシュテルン グラフィティー ケーブルカー ゴロヴニーン ゴールヌィー・ヴォーズドゥフ サバントゥイ スタロドゥプスコエ ダリネエー チェーホフ チャイナタウン デニム ネヴェリスコイ提督 ハンバーガー バス バスケットボール バー フォトブック ブハンカ プーシキン ペンギン32 ペンギン33 ヨールカ ラッセル車 ルダノフスキー ルースキー島 レトロミュージアム レーニン ロシア ロシア正教 ヴィソツキー 一畑電車 京阪 公衆電話ボックス 動物園 北海道大学 南海 名鉄 和歌山電鐵 地下鉄 城下町 大阪近鉄バファローズ 宿場町 富士山 寺内町 帝冠様式 広島電鉄 御朱印帳 戦車 新世界 新幹線 時計台 桜島 模型 橋梁 氷彫刻 煙草 王子製紙の工場 白い恋人 百貨店<サハリン> 神戸ベイクルーズ 神戸新交通 神社 空港 紙幣 胸像 艦船 蒸気機関車 西鉄 路面電車 近鉄 通天閣 鉄道 鉄道博物館 銅像 長崎電気軌道 阪堺 阪急 阪神 音楽

クルーゼンシュテルンの胸像(2019.10.24)

2019/11/11 00:00
↓この胸像をこうして眺めるのも、少し久し振りだった… ↓サハリンスカヤ通に沿って、幾つも緑地が整備されている。その一つに、このクルーゼンシュテルンの胸像が据えられている… クルーゼンシュテルンは、1803年から1806年の期間で、ロシアとしては初めて記録に残る世界周航を達成している。そして、その際に通過した日本海に関して"MER DU JAPON" と記録し、諸国に“日本海”の名を紹介した人物と考えられる… 彼はロシアが日本へ派遣した使節であったレザ..

続きを読む

N.V.ルダノフスキーの胸像が在る広場…(2019.10.24)

2019/10/30 19:46
↓“豊原時代”には「街の東西の境界」だったレーニン通と「街の南北の境界」だったサハリンスカヤ通とは何れも賑やかだが…両者が交差する、ユジノサハリンスク市内でも賑やかな辺りの、老舗映画館脇が都市緑地となっている。 ↓なかなかに雰囲気が好い緑地だ… ↓緑地に胸像が据えられている… ↑とりあえず、この胸像に因んで<ルダノフスキー広場>で通る場所になっているようだ… ↓何度も視ているが、渋い感じの風貌の胸像だ… ↑「ロシア海軍の功労者」とされるネ..

続きを読む

<クラーク博士胸像>:北海道大学 構内(2019.09.28)

2019/09/30 02:00
「クラーク博士」…ウィリアム・スミス・クラーク(1826-1886)は1876(明治9)年に開校した<札幌農学校>(北海道大学の前身)にやって来た科学者で教育者であった人物だ。所謂「御雇外人」ということになるが…米国流の技術や知識の普及に繋がる各種の授業や、“教頭”としての学校運営に尽力した人物で、集まって学んでいた若者達にも慕われていたらしい… ↓北海道大学の構内に、このクラーク博士の胸像が在る… ↑訪ねた時は光線が好い感じだった… クラーク博士に関しては..

続きを読む

<間宮林蔵顕彰碑>(2019.06.15)

2019/06/19 07:01
↓「写真を参照して造った人物の彫像?」というように感じる程度に“リアル”な雰囲気だと思う… ↑19世紀初め…或いは19世紀の前半…写真が広く普及しているのでもないから、そんな時代に活躍した人物の写真は伝わってはいないと思うのだが… ↓非常に写実的な感の胸像は、かの間宮林蔵を表現したモノである…存外に小さい…サハリンの街で見掛けるような胸像はもっと大きく、そのイメージでこれに接するとやや驚く… ↑嘗ては<宗谷場所>と呼ばれた村だった辺りが<宗谷公園>となってい..

続きを読む

N.V.ルダノフスキー胸像(2019.01.01)

2019/01/12 08:32
↓映画館<コムソモーリェツ>の東隣りに在る緑地に据えられた胸像である… ↓なかなかに貫録が在る風貌だと、胸像を視る都度に思う… ↓「ロシア海軍の功労者」とされるネヴェリスコイの下で、サハリン南部の現地調査を手掛け、詳細な記録を残したのがこのルダノフスキーである… ↑もう少しばかり知名度が高まっても好いと何時も思い、時々こうやってブログで紹介している… そんな意図も在るが、単純に「画になる胸像…」というようにも思う…

続きを読む

V.M.ゴロヴニーンの胸像(2019.01.01)

2019/01/11 14:33
↓久し振りに胸像を眺めた… ↑サハリンスカヤ通とレーニン通とが交差する辺りの映画館で入場券を求めたが、上映まで時間が在って、近隣を少々散策したのだ… ↓何時もながら、凛々しい仕上がりの胸像だ… 「日ロ交渉史」というようなモノに大きな足跡を記す形となったゴロヴニーンの胸像を、穏やかな1月1日の空の下で眺めたが…今年の両国関係や地域間関係はどのような按配になるのか…漫然と想っていた… ところで…持っている中では最も新しい「52㎜相当画角」という35㎜レ..

続きを読む

もっと見る