A1200 JR九州 JR北海道 JR東日本 JR東海 JR西日本 JR貨物 Tシャツ X-Pro2 X100F XF10-24mmF4 XF10-24㎜F4 XF16㎜F2.8 XF35mmF2 XF35㎜F2 XF50㎜F2 XF50mmF2 РЖД あべのハルカス アイスホッケー アニワ アフトモトスタリーナ アレクサンドロフスク・サハリンスキー エゾシカ オーシャンプリンセス カフェ ガガーリン公園 クルーゼンシュテルン グラフィティー ケーブルカー ゴロヴニーン ゴールヌィー・ヴォーズドゥフ サバントゥイ スタロドゥプスコエ ダリネエー チェーホフ チャイナタウン デニム ネヴェリスコイ提督 ハンバーガー バス バスケットボール バー フォトブック ブハンカ プーシキン ペンギン32 ペンギン33 マスク ヨールカ ラッセル車 ルダノフスキー ルースキー島 レザー レトロミュージアム レーニン ロシア ロシア正教 ヴィソツキー 一畑電車 丸型ポスト 京成 京阪 公衆電話ボックス 動物園 北海道大学 南海 名鉄 和歌山電鐵 地下鉄 城下町 大阪近鉄バファローズ 宿場町 富士山 寺内町 帝冠様式 広島電鉄 御朱印帳 戦車 新世界 新幹線 時計台 桜島 模型 橋梁 氷彫刻 煙草 王子製紙の工場 珈琲豆 白い恋人 百貨店<サハリン> 神戸ベイクルーズ 神戸新交通 神社 空港 紙幣 胸像 艦船 蒸気機関車 西鉄 路面電車 近鉄 通天閣 鉄道 鉄道博物館 銅像 長崎電気軌道 阪堺 阪急 阪神 音楽

<D51 560>:室蘭…(2019.12.25)

2019/12/29 11:08
↓室蘭駅の近くで、こういうモノに出くわす… ↓他所で視掛けた“動態保存”の蒸気機関車のように、状態が好いように見えた… ↓所謂「デゴイチ」…「D51形蒸気機関車」である… ↑1940(昭和15)年に製造され、1974(昭和49)年まで使われていた機関車であるという…専ら北海道で動いていたモノである… ↓4軸の動輪を備えているので“D”なのである… ↑貨物列車の牽引というようなことを顧慮し、牽引力重視で設計されているのが“D”である… ..

続きを読む

蒸気機関車<4-78>:<サハリン鉄道史博物館>(2018.11.02)

2019/08/21 07:21
ユジノサハリンスクに、地元の鉄道の歴史を伝える資料館<サハリン鉄道史博物館>が在る。 ここの“野外展示”は、通の歩道から一部が視える。時々眺めたことが思い出されるのだが… ↓この蒸気機関車はフェンス越しによく視ていた…初めて“野外展示”の場所に入った際、ゆっくり眺めて写真に撮った… ↑先頭に「赤い星」が在って、如何にも「ソ連時代の古い車輛」という風情だ… ↓機関車の車体に、こんなプレートが貼られている… ↑1937年に製造された<4-78>と名付..

続きを読む

<C55 50>:小樽市総合博物館(2019.05.02)

2019/07/12 05:48
↓「日本の蒸気機関車」とでも聞くと思い浮かべる何種類かの車輌が在るが…こういう感じ!!その「らしい!」と思う蒸気機関車の一つだ… ↑本州各地、九州、そして北海道で広く活躍したという<C55>である。 <C55>は、更にポピュラーな<C57>の原型になった型、と言うよりも<C55>を改良するということになり、仕様変更で設計をしていて、仕様変更が多岐に及んだので「新たな形式番号?」となって<C57>ということになったということで、両者の見た感じは非常に似通っている訳だ..

続きを読む

<C12 6>:小樽市総合博物館(2019.05.02)

2019/07/10 18:14
↓小型の蒸気機関車だ… ↑<C12>という型だ…小樽で屋外に展示されていた… 日本国内の鉄道整備は、所謂“幹線”から着手されて、輸送規模が小さ目な路線は昭和期に順次登場している…そうした輸送規模が小さ目な路線に向けて「軽量な機関車」という求めが在って、それに応えるように<C12>は登場した。1932(昭和7)年から1940(昭和15)年の期間、そして間隔が開いて1947(昭和22)年に製造されていて、総数は282輌に上るのだという。鉄道省(=国鉄の前身)向けの他、..

続きを読む

<大勝号>=7150形蒸気機関車:小樽市総合博物館(2019.05.02)

2019/07/07 21:39
↓古い機関車庫そのものが“展示物”のようでもあるが…その機関車庫が展示スペースになっていて、中にこういうモノが在る… ↑明治時代に北海道内で運用された蒸気機関車である… ↓機関車の真正面… ↑「右から左へ横書き」という、やや読み悪い場合も在る書き方で旧字体も入っているのだが…「北海道炭鉱鉄道株式会社手宮工場製造 明治二十八年四月」と在る… 1895(明治28)年に、現在は博物館になっている手宮地区で製造されていたという機関車だ…当初は<30号>と呼ばれ..

続きを読む

<C62 17>:<リニア・鉄道館>(2019.06.08)

2019/06/09 05:44
「鉄道博物館」というモノ…以前から人気は在ったのだと思うが…2000年代にリニューアルや新設が目立った代物でもある… JR東海が、JR東日本やJR西日本、更にJR九州が関わる鉄道博物館の好評を意識したのか<リニア・鉄道館>を名古屋市内に開設している… ↓その<リニア・鉄道館>の、展示スペースに入って直ぐという辺り… ↑C62形蒸気機関車である…大きい…東海道線を行く特急<つばめ>を牽引していた機関車だ… このC62形…軌間1067㎜の“狭軌”を走行する..

続きを読む

もっと見る