A1200 JR九州 JR北海道 JR東日本 JR東海 JR西日本 JR貨物 Tシャツ X-Pro2 X100F XF10-24mmF4 XF10-24㎜F4 XF16㎜F2.8 XF35mmF2 XF35㎜F2 XF50㎜F2 XF50mmF2 РЖД あべのハルカス アイスホッケー アニワ アフトモトスタリーナ アレクサンドロフスク・サハリンスキー エゾシカ オーシャンプリンセス カフェ ガガーリン公園 クルーゼンシュテルン グラフィティー ケーブルカー ゴロヴニーン ゴールヌィー・ヴォーズドゥフ サバントゥイ スタロドゥプスコエ ダリネエー チェーホフ チャイナタウン デニム ネヴェリスコイ提督 ハンバーガー バス バスケットボール バー フォトブック ブハンカ プーシキン ペンギン32 ペンギン33 マスク ヨールカ ラッセル車 ルダノフスキー ルースキー島 レザー レトロミュージアム レーニン ロシア ロシア正教 ヴィソツキー 一畑電車 丸型ポスト 京成 京阪 公衆電話ボックス 動物園 北海道大学 南海 名鉄 和歌山電鐵 地下鉄 城下町 大阪近鉄バファローズ 宿場町 富士山 寺内町 帝冠様式 広島電鉄 御朱印帳 戦車 新世界 新幹線 時計台 桜島 模型 橋梁 氷彫刻 煙草 王子製紙の工場 珈琲豆 白い恋人 百貨店<サハリン> 神戸ベイクルーズ 神戸新交通 神社 空港 紙幣 胸像 艦船 蒸気機関車 西鉄 路面電車 近鉄 通天閣 鉄道 鉄道博物館 銅像 長崎電気軌道 阪堺 阪急 阪神 音楽

<ルリカケス>…(2020.07.04)

2020/07/08 02:06
↓独特な手作り風なグラスに銘酒を注いで頂く感じが酷く好い… ↑銘酒の芳香がグラスから立ち上る感だ… ↓奄美群島の徳之島の会社で造られている酒だ… ↓奄美群島だけに見受けられるという華やかな野鳥に因んで<ルリカケス>と命名されている。 奄美群島にはサトウキビを使う酒造という伝統が在る。第2次大戦後、米軍に占領されたような時期は、サトウキビ関係のモノを他地域へ売り出し悪かったことが在って、サトウキビを酒造に利用する例が増えたようだ。が、日本へ復帰し..

続きを読む

<TEEDA(ティーダ)>=沖縄産さとうきび100% 沖縄産ラム(2020.06.06)

2020/07/01 05:00
↓存在感の在るグラスに香り高い銘酒を…実に好い!! ↓こういう具合にボトルに入った酒が箱に収まっている。 ↓箱の蓋部分に「JAPANESE RUM」…「日本のラム」と在る。 「日本のラム」?これはサトウキビを栽培している沖縄県に在る酒造会社の製品だ。 少し前にこの酒造会社によるホワイトラムを頂いた。それも非常に佳かった! ↓これはゴールドラムである。樽で熟成というモノだが、ボトルのキャップを開けてグラスに注いでみるだけで芳香がふわりと..

続きを読む

<HELIOS RUM>(ヘリオス ラム)…(2020.06.21)

2020/06/21 13:19
↓こういう具合に、ボトルからタンブラーに注ぐと…芳香が立ち込める…ラム酒である… 40度の蒸留酒である。焼酎や泡盛で見受けられるような度数で、特段に抵抗も無く、タンブラーに注いでストレートで頂いてみたが…佳い!! ↓こういうボトルに収められているラム酒だ… モノは沖縄県の酒造会社が製造している。沖縄県の産物の一つにサトウキビが在る。酒造会社の創業者は「酒はその土地で獲れる作物で」ということを謳い、沖縄県のサトウキビを使ったラム酒製造を始めたのだという..

続きを読む

<紅一粋>(べにいっすい)…(2020.06.20)

2020/06/20 18:44
↓休日には、随時こういうような感じで、好みの飲物を愉しむことが叶うというものである… 以前に“マルジュウ”という用語が在ると聞いた。“マルジュウ”には「丸十」という文字を使う。これは「丸に十文字」という大名の島津家の紋を指し示すが、島津家と言えば薩摩だ。そういう訳で“マルジュウ”とは「サツマイモ」を示すのだという。 「サツマイモ」というように、現在の鹿児島県の一部ということになる薩摩からあの芋が広まったような感だが、芋の伝播に諸説在る中の一つに、現在の沖縄県で..

続きを読む

<赤魔王>…(2020.06.15)

2020/06/16 18:31
↓夕刻にはこういう按配というのが好いように思う… ↓こういう具合に、立派な箱に容器を収めた状態で販売されているようだ… ↑<赤魔王>という代物だ… ↓こんな壺に“中身”が入っている… ↓宮崎県日南市からやって来た、芋の本格焼酎である…壺の栓を開けると芳香が立ち込め、タンブラーに注いでみると、何やら嬉しくなる… 今般、この<赤魔王>を頂き、愉しくタンブラーに注いでいた訳だが…以前にも頂いた経過が在ったことを思い出した… ↓立派な容..

続きを読む

<瑞泉 青龍 三年古酒>…(2020.06.09)

2020/06/14 06:39
↓こういう具合に愛用の錫のタンブラーに銘酒を注いで頂くというのが実に好い! ↓古くから泡盛造りに携わっていた職人の流れを汲む人達が明治期に起こした酒造場からの伝統を受継ぐという<瑞泉>の酒を取寄せてみたのだった… ↑スッキリとしたシンプルなラベルが好ましいと思った… <瑞泉>については、60年以上の時を経て発見された麹を使用したという酒や、53度の原酒というモノを愉しんでいたところだった。それらに比べると「よりスタンダードなモノ」という感じだ… 「..

続きを読む

もっと見る