旭川:<高砂明治酒蔵>(2017.01.08)

2017/02/20 17:42
↓複数の酒造会社が立地する旭川に在って、旭川駅辺りから徒歩で訪ねることも容易な場所に、高砂酒造の<高砂明治酒蔵>が在る… ↑積雪期には、辺りに雪も相当に積もって、独特な雰囲気を醸し出す… ↓「旭川の地酒」と在るのが視えるが、こういう景観を視ると、正しく「雪深い旭川から銘酒が送り出される」というような感じがする… <高砂酒造>は、現在の会社の前身となる酒造場が1899(明治32)年に起こっている。堅調に醸造を重ね、創業から10年を経た頃、「本格的な酒蔵」を..

続きを読む

<白鷹禄水苑>の中(2016.11.29)

2017/01/25 04:30
西宮は“灘”の一画を占めている地域で、江戸時代以降は殊に酒造が盛んな地域となっている。そういう伝統を受継ぐ酒造会社が幾つも立地し、興味深い展示を行っていたり、銘酒やグッズを販売しているような場所も散見する… ↓そんな場所の一つ、<白鷹>が運営する<禄水苑>に立寄った… ↑売店の奥に、趣が在る提灯が掲げられていた… ↓幕末期に本家から分かれて創業したという<白鷹>の歩みが紹介された展示の中、江戸時代の後期、西宮から江戸に向かって酒を運ぶことに或る程度特化した“..

続きを読む

<保命酒>(ほうめいしゅ)の看板(2016.11.22)

2017/01/03 02:00
福山からバスで移動…片道30分弱な辺りに鞆の浦が在る… 鞆の浦は瀬戸内海で展開された海上輸送の中、干満差が大き目な海域で“潮待ち”を行い、帆走するのに都合が好い風を待つ“風待ち”を行い、更に物資の補給等も行う場となっていた。現代風に言えば“重要港湾”というようなことになるであろうか… 江戸時代には福山の城主が知行地の一部として管轄していたようだが、この地に少し個性的な銘酒が受け継がれている… ↓これは永くこの鞆の浦で受け継がれていた銘酒を扱う店の、伝統を受継..

続きを読む

岩国:<五橋>(ごきょう)―清酒 紙カップ(2016.11.23)

2016/12/15 22:40
↓岩国のコンビニで求めて、宿で頂いたカップの酒… ↑芳醇な感じと、スッキリした呑み易さが両立した、実に美味い酒であった…これを頂いて、岩国辺りに関して「日本酒の好い伝統を有している地域」であると、換言するなら「酒に煩い人が多い地域」であると思った… カップに、岩国で眺めた麗しい錦帯橋のイラストが在って、それを視掛けて何やら非常に嬉しくなったということで求めてみた酒だったが…カップのイラストが好かっただけではない!!中身も好かったのだ!! 岩国に滞在した夜が明..

続きを読む

竹原:竹鶴夫妻の像(2016.11.23)

2016/12/13 02:00
広島県竹原市には“町並み保存地区”が在り、地区内を散策するのはなかなかに愉しい… ↓竹原の“町並み保存地区”に、こんな銅像が在った。殆ど人物の実寸大と思える像だった… ↑これはこの竹原出身の竹鶴政孝翁とリタ夫人の像である… 竹鶴翁は、北海道の余市に在る<ニッカウヰスキー>を起こしたことで知られているが、この竹原で醸造業を営んでいた一家の生まれである。 大阪の学校で醸造に関することを学び、大阪の会社で働いていた時、当時は余り詳しく知られていなかった「本格..

続きを読む

京都・梅小路公園:<市電カフェ>(2016.11.28)

2016/12/10 11:10
京都駅からやや西寄りに進んだ辺りに梅小路公園が在る。<京都水族館>や<京都鉄道博物館>という人気施設と連接している「街の公園」で、散策路や庭園風な広場が整備されている。 ↓その梅小路公園の一隅に、何やら路面電車が並んでいる場所が在る… ↑正面に見えている2輛の奥にも電車が在る… 京都では「全国初」という型で路面電車が登場し、京都市営交通による“市電”が永く街を縦横に走り回っていたが、「時代の波」の故に退場してしまって久しい…その市電が公園内に並べられている…..

続きを読む

もっと見る