A1200 JR九州 JR北海道 JR東日本 JR東海 JR西日本 JR貨物 Tシャツ X-Pro2 X100F XF10-24mmF4 XF10-24㎜F4 XF16㎜F2.8 XF35mmF2 XF35㎜F2 XF50㎜F2 XF50mmF2 РЖД あべのハルカス アイスホッケー アニワ アフトモトスタリーナ アレクサンドロフスク・サハリンスキー エゾシカ オーシャンプリンセス カフェ ガガーリン公園 クルーゼンシュテルン グラフィティー ケーブルカー ゴロヴニーン ゴールヌィー・ヴォーズドゥフ サバントゥイ スタロドゥプスコエ ダリネエー チェーホフ チャイナタウン デニム ネヴェリスコイ提督 ハンバーガー バス バスケットボール バー フォトブック ブハンカ プーシキン ペンギン32 ペンギン33 マスク ヨールカ ラッセル車 ルダノフスキー ルースキー島 レザー レトロミュージアム レーニン ロシア ロシア正教 ヴィソツキー 一畑電車 丸型ポスト 京成 京阪 公衆電話ボックス 動物園 北海道大学 南海 名鉄 和歌山電鐵 地下鉄 城下町 大阪近鉄バファローズ 宿場町 富士山 寺内町 帝冠様式 広島電鉄 御朱印帳 戦車 新世界 新幹線 時計台 桜島 模型 橋梁 氷彫刻 煙草 王子製紙の工場 珈琲豆 白い恋人 百貨店<サハリン> 神戸ベイクルーズ 神戸新交通 神社 空港 紙幣 胸像 艦船 蒸気機関車 西鉄 路面電車 近鉄 通天閣 鉄道 鉄道博物館 銅像 長崎電気軌道 阪堺 阪急 阪神 音楽

<サロベツ>:旭川駅…(2020.07.02)

2020/07/03 05:28
↓この眺めに、何となく「安堵感」のようなモノを覚えていることに気付く… 旭川に関しては「多少勝手知った(つもりになっている)他所」というように思っている。朝に稚内駅を出る特急列車に乗車して旭川駅に着くという例がやや多いのだが、そういう行動様式の故に「旭川駅のホームに列車が着いて停まっている様子」が眼に馴染み、何時の間にか「日常的」なモノを視る感覚を抱いていて、それを“安堵感”と思うのであろう… ↓このキハ261系ディーゼルカーもなかなかに好いと思っている。 ..

続きを読む

<サロベツ>:稚内駅…(2020.07.02)

2020/07/03 02:34
朝の列車で出掛ける用事…即ち、遅れないように稚内駅へ向かう… ↓そういう中、稚内駅に現れる列車を視ると、何やら妙に気分が弾む… ↑稚内駅のほんの少し南の踏切で警告音が鳴っているのが聞こえる場合も在るのだが、旭川へ向かう特急列車がゆっくりと稚内駅のホームに姿を表す… ↓やがて列車は静かに停車する… ↓さり気なく駅員さんが登場し、改札を始めるので、何となくホームに出てみる… ↓キハ261系ディーゼルカーの見慣れた内装を視ると、何となく安堵感が..

続きを読む

琴似駅…(2020.05.30)

2020/06/10 18:17
小樽へ向かおうと、札幌駅から西へ向かう列車に乗車する場合、札幌・小樽間の幾つもの駅は「通過するのみ」に終始してしまっている… 思い付いて琴似神社に立寄り、少々「意表を突かれた?」という感のメニューのランチを愉しんだ後、「琴似駅から列車に乗って小樽へ…」と思い付いた。 琴似神社に近い地下鉄の駅が在る辺りからJRの駅までは多少離れている。やや暑かった琴似の街中をゆっくり歩いて琴似駅を目指した… ↓初めて琴似駅を目指したが、結局「あそこが鉄道の高架…あの周辺が駅…..

続きを読む

旭川駅のホームにて…(2020.06.01)

2020/06/07 07:45
何となく「夜の特急」と呼んでいるが…日付が変わる少し前に稚内駅に着く列車は旭川駅を午後8時6分に発車する。その時刻の20分程前ともなると、列車はホームで待機し、早々と乗客を迎えている… ↓キハ261系ディーゼルカー…稚内への259㎞の道程を駆けようと待機中である<サロベツ>だ… ↑こちらは列車の後尾になる4号車の側だ… ↓後方から、3号車の指定席を目指した… ↓少し前方の席に陣取ることになっていたので、前方へ進み、車内を一寸眺めた… ↑未だ他..

続きを読む

旭川駅前…(2020.06.01)

2020/06/05 01:00
↓稚内へ引揚げるために列車に乗るが「さて…駅で待とう…」という状況で旭川駅へ向かう。眼に入ると、何となく安堵感を覚える光景だ… ↓高架が完成して高架上で列車が発着するようになった旭川駅である。2010年から少しずつ供用されて来た。高架になって10年にもなるので、既に見慣れた光景になった… ↓振り返ってみれば…個人的には「高架になって以降」の方が、旭川駅での列車乗降の機会が多くなったような気がしている… 意外に気に入っている光景で、何度も見ているが..

続きを読む

旭川駅構内…(2020.06.01)

2020/06/04 17:52
↓用意済みの切符で旭川駅の改札口を通る… ↑何度見ても、何処かの博物館か劇場というようなモノを想起する… ↓並んでいる各ホームを横断するように設えられた通路に入った後、高架上の各ホームへエスカレーターで上がる… ↓このエスカレーターの通路が美しいと思う… ↑家具製造業が立地というのも旭川の特徴である。「木工の街」ということになるが、それに因んで通路の壁面に木材が貼られている…、 こうして写真に収めてみると、改めて「旭川駅は美しい…」と思う。

続きを読む

もっと見る