A1200 JR九州 JR北海道 JR東日本 JR東海 JR西日本 JR貨物 Tシャツ X-Pro2 X100F XF10-24mmF4 XF10-24㎜F4 XF16㎜F2.8 XF35mmF2 XF35㎜F2 XF50㎜F2 XF50mmF2 РЖД あべのハルカス アイスホッケー アニワ アフトモトスタリーナ アレクサンドロフスク・サハリンスキー エゾシカ オーシャンプリンセス カフェ ガガーリン公園 クルーゼンシュテルン グラフィティー ケーブルカー ゴロヴニーン ゴールヌィー・ヴォーズドゥフ サバントゥイ スタロドゥプスコエ ダリネエー チェーホフ チャイナタウン デニム ネヴェリスコイ提督 ハンバーガー バス バスケットボール バー フォトブック ブハンカ プーシキン ペンギン32 ペンギン33 ヨールカ ラッセル車 ルダノフスキー ルースキー島 レトロミュージアム レーニン ロシア ロシア正教 ヴィソツキー 一畑電車 京阪 公衆電話ボックス 動物園 北海道大学 南海 名鉄 和歌山電鐵 地下鉄 城下町 大阪近鉄バファローズ 宿場町 富士山 寺内町 帝冠様式 広島電鉄 御朱印帳 戦車 新世界 新幹線 時計台 桜島 模型 橋梁 氷彫刻 煙草 王子製紙の工場 白い恋人 百貨店<サハリン> 神戸ベイクルーズ 神戸新交通 神社 空港 紙幣 胸像 艦船 蒸気機関車 西鉄 路面電車 近鉄 通天閣 鉄道 鉄道博物館 銅像 長崎電気軌道 阪堺 阪急 阪神 音楽

<明治蔵原酒>…(2020.01.27)

2020/01/29 04:24
↓筒状で紙製の容器…少し「昔懐かしい?」というような気がしないでもない… ↓容器の中身はこういうボトルだ。<明治蔵原酒>である! <明治蔵>というのは、<さつま白波>の<薩摩酒造>が創業地である枕崎で運営している施設である。一部に明治年間の建物まで在るという、<薩摩酒造>の歴史を刻み続けたような建物が在る場所で焼酎を作っている… 何時の間にかかなり年月を経てしまったが…この<明治蔵>に立ち寄ったことが在った。稚内から列車を乗り継いで、枕崎にまで至って..

続きを読む

消火栓…(2020.01.26)

2020/01/28 00:00
↓辺りに雪が見受けられる中、この種のモノは他の季節以上に目立つような気がする… ↑そういうことで、何となく眼が向いて、持っていたカメラで写真に収めた… この種のモノだが、「通常…」という感の積雪量の場合、非常時に使う場合のことを顧慮して、時々雪を除けて掘り出すような作業もしている。今季はそこまで大変なことにもなっていないと見受けられる…

続きを読む

<チキンレッグのスープカレーに生フランクをトッピング>…(2020.01.26)

2020/01/27 06:52
<マクドナルド>が在る辺り―潮見3丁目―から<稚内郵便局>の近く―中央2丁目―まで、小一時間もふらふらと歩けば着いてしまうのだが…稚内でそういうことをやると「変わり者?」と言われてしまう… 小一時間もふらふらと歩くというのは、「身体を少し動かすようにしよう…」というようなことでは悪くないとは思うのだが、今の時季には「万人向けではない所為」というような気はする…が…やってしまった… ↓辿り着いた中央地区でのランチ…こんなモノを頂いた… ↑札幌の店の流儀で供され..

続きを読む

<ドナルド>…(2020.01.26)

2020/01/27 06:50
↓氷点下の気温で、吹き抜ける風は弱目であっても十分に冷たいのだが、雪を被りながらもベンチで寛いでいるキャラクター…かの<マクドナルド>のキャラクターである<ドナルド>だ… ↑この「ベンチで寛ぐ<ドナルド>」は他地域でも視掛けた記憶が在るが、稚内でも視られる… ↓稚内では、こういう程度に「何歩か退いた」という感じで記念写真を撮る方が存外に多いのかもしれない… 日本全国に出店するチェーン店の場合、稚内市内に店を出すと、そこが「日本国内では最北の店」となってし..

続きを読む

<メガマフィン>…(2020.01.26)

2020/01/27 06:48
かの<マクドナルド>は、午前10時半までの朝の時間帯には“ブレックファストメニュー”と称して、「一寸違う?」という感じのモノを供している… ↓その“ブレックファストメニュー”の中、気に入っているのがこれ…<メガマフィン>というモノだ… ↑「ハンバーガーのバンズ」とは異なる「マフィン」と呼ばれる種類のパンに、ポークで造るというソーセージ、卵を焼いたモノ、焼いたベーコン、チーズを挟む… 以前は、この種のモノを何個も求めてしまったが…最近は「時には欲しい…」と思い..

続きを読む

<丹後オイルサーディン>…(2020.01.21)

2020/01/23 05:26
↓最近、時々愉しんでいるモノを引っ張り出した… ↑随分以前に同じモノを試した経過が在って、その時に好かったので、少し纏めて入手したのだ… ↓こういう具合に蓋を引っ張り、捲るようにして缶を開ける… ↓そのまま直ぐに食べられる小さな魚…所謂「オイルサーディン」である… 京都府の日本海側、旧国名で言う丹後に相当する地域の会社による製品である。何やら、明治時代にフランス人から聴いた製造法によって、随分苦労して製造した「日本初の缶詰」というのがオイルサー..

続きを読む

もっと見る