A1200 JR九州 JR北海道 JR東日本 JR東海 JR西日本 JR貨物 Tシャツ X-Pro2 X100F XF10-24mmF4 XF10-24㎜F4 XF16㎜F2.8 XF35mmF2 XF35㎜F2 XF50㎜F2 XF50mmF2 РЖД あべのハルカス アイスホッケー アニワ アフトモトスタリーナ アレクサンドロフスク・サハリンスキー エゾシカ オーシャンプリンセス カフェ ガガーリン公園 クルーゼンシュテルン グラフィティー ケーブルカー ゴロヴニーン ゴールヌィー・ヴォーズドゥフ サバントゥイ スタロドゥプスコエ ダリネエー チェーホフ チャイナタウン デニム ネヴェリスコイ提督 ハンバーガー バス バスケットボール バー フォトブック ブハンカ プーシキン ペンギン32 ペンギン33 ヨールカ ラッセル車 ルダノフスキー ルースキー島 レトロミュージアム レーニン ロシア ロシア正教 ヴィソツキー 一畑電車 丸型ポスト 京成 京阪 公衆電話ボックス 動物園 北海道大学 南海 名鉄 和歌山電鐵 地下鉄 城下町 大阪近鉄バファローズ 宿場町 富士山 寺内町 帝冠様式 広島電鉄 御朱印帳 戦車 新世界 新幹線 時計台 桜島 模型 橋梁 氷彫刻 煙草 王子製紙の工場 白い恋人 百貨店<サハリン> 神戸ベイクルーズ 神戸新交通 神社 空港 紙幣 胸像 艦船 蒸気機関車 西鉄 路面電車 近鉄 通天閣 鉄道 鉄道博物館 銅像 長崎電気軌道 阪堺 阪急 阪神 音楽

姫路城:やや東寄りから望む…(2020.04.03)

2020/04/09 17:59
関西を離れる前…神戸空港へ向かう三宮を通り越し、姫路へ足を延ばした。桜が麗しい時季である。姫路城辺りを少々散策したかったのだ… ↓やや東寄り、大天守閣の側面というような辺りから見上げた感じが、何となく気に入った… ↓石垣が濠に映り込むような感で、そこに大天守閣の側面が見えているという様子も好かった… ↓晴れた明るい天に、些かの雲が散るというような感じも美しかった… 今般、漫然と姫路城辺りを歩き回った。御結婚の記念写真を撮っていた人達を何組も..

続きを読む

<大谷本廟>…(2020.03.30)

2020/04/08 06:28
<祇園枝垂桜>を振り出しに<産寧坂>に立寄り、辺りで南北に延びている<東大路通>を南下してみることにした。五条通に行き当たる筈で、右折すると西寄りに進むことになり、京阪の清水五条駅辺りに至る筈だと、辺りの案内図を視て考えたのだった。 ↓思ったとおりに五条通が眼に入ったが、他方で絢爛な桜に眼を奪われてしまった… ↓重厚な趣が在る場所だと思った… ここは<大谷本廟>という浄土真宗の寺である。浄土真宗を開いた親鸞聖人を祀る廟堂なのだそうだ。1603(慶長8..

続きを読む

<産寧坂>…(2020.03.30)

2020/04/08 06:18
「非常によく知られている」という場所で、直ぐ近くまで訪れた経過は在っても、「どういう訳か立ち寄っていない…」というような場所は見受けられるものである。 祇園の宿に在って、前日の“些かの消耗”から回復した感であった中、<祇園枝垂桜>を眺めに行くことを振り出しに、早朝から歩き廻った… ↓そして<八坂の塔>を見上げる辺りに至った… ↓吸い込まれるように、石畳の路へ踏み込んで行った… ↓<産寧坂>に至った…<三年坂>とも呼ばれている… この辺..

続きを読む

桜…:木屋町通:高瀬川に沿って…(2020.03.31)

2020/04/07 18:09
思い付いて老舗喫茶店を訪ねてみようとした朝…祇園の宿から四条通を少し西へ進み、地下に設えられた阪急の京都河原町駅の出口が在る辺りで木屋町通を北上し始めた… ↓木屋町通には桜が溢れていた… ↓二条から五条の南北に延びる一隅が木屋町と呼ばれているらしいが、その木屋町に南北に延びる通の脇は桜が並木のようになっている… ↓木屋町通は高瀬川と並行している。高瀬川の脇に桜が植えられ、木屋町通が「桜並木の道」というような様相を呈している… 高瀬川は何か「..

続きを読む

朝…:<東華菜館>(2020.03.31)

2020/04/07 04:02
京都・祇園の宿から離れようとしていた日…老舗喫茶店で朝食を摂ってみることを思い付いた朝だった… 京都は古くからの、様々な時代の文物が折り重なっているような街であるのだが、それは逆に言えば「各々の時代に“新しかった”モノ」が導入された、登場したという経過が繰り返されていた場所ということでもある。そういう中、「現在では当たり前なサービス」が「普及し始めたような頃」にそんなサービスが京都に登場している。そうしたモノの中には、現在も「登場した頃の好き伝統」というようなモノを受継..

続きを読む

夕刻…:<東華菜館>(2020.03.29)

2020/04/06 19:02
京都の祇園に宿を求め、夕刻までに無事に辿り着いた。そして辺りを少し歩き回った… ↓四条通と川が交わる辺りで、何となく見上げた… ↑趣が在る古風なビルの上空に月が輝き始めていた… ↓少し建物が広く画に入るようにもしてみた… この古風なビルは<東華菜館>という中華料理店だ… 建物は様々な業績が知られるウィリアム・メレル・ヴォーリズの設計で、1926(大正15)年に竣工したのであるという。大正時代には「ビアホール」が流行ったということで、この建物は..

続きを読む

もっと見る