A1200 JR九州 JR北海道 JR東日本 JR東海 JR西日本 JR貨物 Tシャツ X-Pro2 X100F XF10-24mmF4 XF10-24㎜F4 XF16㎜F2.8 XF35mmF2 XF35㎜F2 XF50㎜F2 XF50mmF2 РЖД あべのハルカス アイスホッケー アニワ アフトモトスタリーナ アレクサンドロフスク・サハリンスキー エゾシカ オーシャンプリンセス カフェ ガガーリン公園 クルーゼンシュテルン グラフィティー ケーブルカー ゴロヴニーン ゴールヌィー・ヴォーズドゥフ サバントゥイ スタロドゥプスコエ ダリネエー チェーホフ チャイナタウン デニム ネヴェリスコイ提督 ハンバーガー バス バスケットボール バー フォトブック ブハンカ プーシキン ペンギン32 ペンギン33 ヨールカ ラッセル車 ルダノフスキー ルースキー島 レトロミュージアム レーニン ロシア ロシア正教 ヴィソツキー 一畑電車 京阪 公衆電話ボックス 動物園 北海道大学 南海 名鉄 和歌山電鐵 地下鉄 城下町 大阪近鉄バファローズ 宿場町 富士山 寺内町 帝冠様式 広島電鉄 御朱印帳 戦車 新世界 新幹線 時計台 桜島 模型 橋梁 氷彫刻 煙草 王子製紙の工場 白い恋人 百貨店<サハリン> 神戸ベイクルーズ 神戸新交通 神社 空港 紙幣 胸像 艦船 蒸気機関車 西鉄 路面電車 近鉄 通天閣 鉄道 鉄道博物館 銅像 長崎電気軌道 阪堺 阪急 阪神 音楽

G.I.ネヴェリスコイ像(2019.10.24)

2019/11/06 20:10
↓多少冷えた空気の中、好天に恵まれていて、射し込む光の感じが好い… ↓久し振りに視た銅像…相変わらず凛々しい感じがした… そしてこの銅像の周辺…少し広くなっていて、近所の小さな子ども達が遊び回っていた…

続きを読む

G.I.ネヴェリスコイ像:コルサコフ(2019.02.16)

2019/02/19 01:00
↓「氷点下25℃を挟む」というような最低気温は免れたが、「氷点下15℃程度」だった最低気温の中、コルサコフを歩き廻った…風は微弱で凌ぎ易かったが… ↑多少眼に馴染んだ銅像だが…「何か違う?」と感じた… ↓台座の辺りの花壇が積雪で埋まっていて、銅像に近寄り易いので少し寄ってみた…「何か違う?」と思った訳が判った… ↑銅像の貌や頭に霜が付着している…空気中の水分が凍ったのか?何やら不思議だ…

続きを読む

G.I.ネヴェリスコイ像(2019.02.08)

2019/02/11 14:59
↓この像…「厳寒の中で佇む」という様相になっている… ↑近くを通り掛かると、何となく眺めてしまう、やや大きな存在感が在る像だ… 雪が多目であるか、湿ったモノが吹き付ける状況であると、像の表面が複雑に雪で覆われ「誰や??」ということにもなるのだが…今季はそんな場面に出くわした記憶がない…雪が少な目で、低温の故に付着し悪いサラサラの雪であることが多いからだ…

続きを読む

G.I.ネヴェリスコイ像(2018.11.21)

2018/11/30 01:44
↓コムニスチ―チェスキー通を歩いていて、思わず足を停めて眺めた… ↑雪の上に、ネヴェリスコイの長い影が… ↓何時も思うのだが、この像は何となく美しい… ↓天候と時間帯毎の光加減で、実に豊かな表情を見せる銅像だ…

続きを読む

G.I.ネヴェリスコイ胸像(2018.09.18)

2018/09/20 00:00
↓ネヴェリスコイ提督の胸像だ… ↓「頭の上」を「お気に入りの場所」にしている鳩も居るようだ… ↓何となく可笑しい眺めで、暫らく視ていた… ↓サハリンスカヤ通側に「G.I.ネヴェリスコイ広場」と立派な表示が設えられている…

続きを読む

G.I.ネヴェリスコイ像(2018.09.12)

2018/09/17 08:54
↓夕刻の街を歩き廻った中、何となく足を停めた… ↑この像…渋いと思う… ↓新しい“広角ズーム”の画角で視ると、また雰囲気が変わる… ↓これまでよりも踏み込んだ辺りで像を視上げてみた…

続きを読む

G.I.ネヴェリスコイ像:コルサコフ(2017.07.07)

2018/07/15 04:41
コルサコフでは…「1853年にネヴェリスコイが哨所を開いた」という故事を「建都」と位置付けている… ↓その「建都」に関わりが在るネヴェリスコイの像が、コルサコフにも在る… ↑サハリンに在っては、サハリンに関する知識を本格的にロシア全土に広める契機となったのがネヴェリスコイが率いた一隊の活動であったということが在って、殊更に敬慕されているように見受けられ、方々にネヴェリスコイのモニュメントが据えられている…これもその一例だ… 暫らく振りに「朝から晴れている休日..

続きを読む

G.I.ネヴェリスコイ像(2018.05.18)

2018/05/18 21:20
↓通り過ぎる時、「提督…おはようございます…」とでも声を掛けてみたくなる…凛々しい像である… ↑今朝は、朝の光が創る陰影が殊更に好かった…

続きを読む

G.I.ネヴェリスコイ胸像:<アルセーニエフ記念沿海地方総合博物館>(2018.04.15)

2018/05/03 18:19
↓こういうような風貌の、少し年配な男性…「何処かで出くわしそう…」な雰囲気が在るような気がする… ↑何か「強い意志」を秘めたような、力強さが滲み出る、活き活きした感じの彫刻だと思った… ↓サハリンでは「地域の事を広く知らしめる功績が在った」と殊更に有名であるような感のネヴェリスコイ提督の胸像であった… ↑何時頃の作品かはよく判らなかったが、とりあえず彼の氏名が「旧式表記」で入っていた… ネヴェリスコイは、ムラヴィヨフ総督の指示の下、サハリンやアムール川..

続きを読む

G.I.ネヴェリスコイ像(2018.04.12)

2018/04/12 14:02
↓暫らく振りで「風雪に耐える…」かのように、全身に雪を浴びているネヴェリスコイ提督を視た… ↑銅像が据えられている周辺も、何か「積雪期の初め頃」のような様相だ… 「35mm相当画角」の「単焦点レンズ」が着いた<X100F>を愛用しているが、「多少退いて、写る範囲を拡げる」というようなことをしながら「画を創る」かのように撮影するのが非常に愉しい。或いは、随分以前にカメラを入手して「写真を撮ることが愉しい!」と思い始めた頃の感覚が甦る…「単焦点レンズで写真を撮るような..

続きを読む

G.I.ネヴェリスコイ像(2018.03.31)

2018/04/01 09:42
↓相対的に温かく、空が明るい中、何となくこの像も見栄えが好かった… 多分…ネヴェリスコイ自身は現在のユジノサハリンスクに相当する辺りには入っていなかったように思うのだが…彼が率いた一隊の活動の以降にロシアでサハリンがより広く知られ、色々な経過が在り、今日に至っている…そのサハリンの「街の真中」のような場所で、ネヴェリスコイは何を想うのか… ↓何度視ても、何となく感じが好きな像である…

続きを読む